レスポールをセリカに乗せて。
かっこだけのレスポール使いで、ダルマセリカオーナーの情報発信&ショッピングモール。楽しいネットショッピングで話題の商品をお手元に!
ワンテール
2007-07

恐怖の心霊写真集

セブンアンドワイ



この間ググっていたらガキだったワシを恐怖のどん底叩き落とした本が文庫本になっていることを知った。

あちこち本屋を探し回ったのだか゛見つからず仕方ないのでネットでたのむことにした。

しかし便利な時代になったものである、手数料いらずで最寄りセブンイレブンで商品の受け取りが出来るのだから。

3日ほどして本が届いた、「さぁ、あの頃ころのようにワシを恐怖にいざない眠れない朝を迎えさせてくれ」ワクワクして本を開いた。

うん…ううん!?おかしいザワッとしない変だ、怖くないのだ。

と言うよりガキのころあれだけ霊の姿がはっきり見えていたのに半分ぐらい『よう解らん写真』になっているのじゃ。

霊感が無くなったのだろいか(もっとも生まれてこのかた幽霊など見たことがないが…)、はたまたあの頃の少年の心を無くしてしまったのか。

なんだか開けてはいけないパンドラの箱を開けたようで妙に寂しくなった。

みんなもこういう経験はお持ちなのだろうか?ハァ〜(´ヘ`;)

セブンアンドワイ



2007年07月27日 12時25分31秒  /  コメント( 10 )  /  トラックバック( 0 )

恐怖のトラウマ

GEOの通販サイト「ゲオEショップ」【PC向けサイト】


以前もこのブログに書いたが、ワシはガキの頃相当なオカルトマニアであった。

学校には、その手の本を必ず鞄の中に忍ばせて友達と読みまわしたものである。

そういった本には今でも脳裏に鮮烈に残っているキャラクターや怪談がのっていた。

したの写真の蛇女もそんなキャラクターの一人である。












こっこわ〜

まだこの映画は見たことが無いので内容は知らないがオークションでも探してみてみようか、30年以上の月日をはさんだ再会はワシにどんな恐怖を与えてくれるかワクワクである。

セブンアンドワイ



2007年07月07日 10時38分41秒  /  コメント( 10 )  /  トラックバック( 0 )

前へ |