このブログは、脳みそがよく固まる変な人の日記です。
dotline

オホーツクの海


流氷だ〜〜!!

初めて見る人もいるし、遠くてよく分からないって人もいると思うんですけど、間違いなく流氷です!!

今日は遠くからの写真だけど、今度は近くの写真撮って載せますので。

申し訳ございません!(byドラマホテル)
 

Posted at 2007年02月28日 11時47分03秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

ア〜〜〜〜〜ッ!!


うわ〜〜〜っ!綺麗な山だな〜。と思って写真撮ってみました!・・・・が!

この景色の50メートル先でトラック2台が、雪山に突っ込んでました!!

じゃ〜、それも写真撮れよって話なんですけど、木材とかも散乱してて、こっちが事故りそうだったんで、撮れませんでした。

申し訳ございません!!(byドラマホテル)
 

Posted at 2007年02月28日 07時11分25秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

お久しぶりです。

皆さん、お久しぶりです。あけましておめでとうございます!

最近、あまりネタがなく、書く事も困っているんです。

誰か私に助けの手を・・・。

ということで、皆さんに何か議題を出して欲しいのです。

それについての、面白い話、ポエムを入れていきますので、

どうぞ、お頼み申し上げまつりませまそミソ!
 

Posted at 2007年01月13日 15時59分35秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

俺のフトコロ

これは昨日の話なんですが、

私は、いつも会社までバスで通勤して、バスで帰っています。

昨日も帰りにバスに乗って帰っていました。

そこで事件は起きたのです・・・

私は、バスの前のほうで手すりに捕まりながら立って乗っていました。

4つ目の停車場に着いたときに、

丁度、私の立っている横の席に綺麗形ではなく、可愛らしい妹みたいな高校1年生位の女の子が座って乗っていたのですが、

その子が、運転手さんの所に行き、「このバスカード使えますか?」と聞きました。

それは、違うバス会社の定期券で、運転手さんは「これは使えないですね。」と言いました。

女の子は、切なそうに席に戻り困っていましたが、

その隣で座っていたお婆ちゃんが、それに気づき、女の子に「お金はあるのかい?」と聞き、

女の子は「ないんです。」と、切なそうでした。

私は、優しそうなお婆ちゃんだったので、バス代位は出してあげるんたなと思っていたのですが

お婆ちゃんは、追求するだけでいっこうにお金を出してくれそうな気配はありません。

そこで問題です!

気づいてるのは、私とお婆ちゃん。私は、女の子に300円位を渡して、「これで降りなさい。」とCOOLに決めたでしょうか?

正解は・・・

そういう気持ちは、すごくあったのですが、私の財布の中には、そんな余裕はなく、

何と18円しか入ってなかったのです。

ただ、私は、200円のバス券は何枚も持っていました。

女の子にバス券を渡そうとしたのですが、私の頭の中で、ちょっとした計算が行われていました。

{私はいつも200円で降りているけれど、この子は私より先に乗っていたので220円だ!
{ここで200円を渡して、もしも、この子が一銭も持っていなければ、残りの20円も出してあげないと、もし請求されて、俺もないなんて事になったら、COOLどころか逆にかっこ悪い。}
{どうしよう・・}


と、思ってる間に、私が降りる停車場についてしまい、結局、助けられずに降りました。

その後、その子がどうなったかは分かりませんが、

私のフトコロは寂しい事だけが、分かりました。
 

Posted at 2006年11月21日 23時45分30秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

体験談4

ご無沙汰していました。

皆さん、鼻を長〜くして待ってましたか?

???

すいません。素で間違えました。首でした。

では、体験談4をお話します。

体験談4

このお話は、私が高校生の夏休みの話です。

私は部活をやっていて、そのメンバー6人位と夏休みに海に行こうと計画をしていました。

しかし、私たちが住んでいるところは内陸で、海まで行くとなると、車でも1時間半位はかかります。

それを何と、チャリ(自転車)で行こうとしていました。

そして当日、私たちは6時間もかかって、海に着きました。

海では、5泊6日だったと思うんですけど、結構長く滞在し、帰りもまたチャリで帰りました。

おしまい!!

ではなくて。

事件は、その帰り道で起きたのです!

帰り道、地元の町まで、あと1時間位のところに有名な心霊スポットがあるのですが、

そこには大体、夕方の6時位について、まだ明るかったので安心して探索していました。

その時、メンバーの1人が、海に行ってる時にもらった熊の人形(大きさは、縦1メートル、横80センチ、重さ1〜2キロ位)を持っていたのですが、

メンバーの1人が「何か、この人形重たいんだけど。」と、言っていました。

そこで持ってみると、何と人形は、生後半年位の赤ちゃん(約6キロ位)の重さになっていたのです。

私は、ビックリしましたが、そのまま友達に返しました。

その後、何事もなく心霊スポットから出てきましたが、時間はもう夜の8時位になり、辺りは真っ暗になっていました。

町までは、国道の横のサイクリングロードを走っていたのですが、

自転車をこぐのが速い人と遅い人のグループに分かれ、私は遅いグループにいました。

その差は大体、500メートル位。

速いグループは2人、遅いグループは4人に分かれていて、途中で私は、速いグループの方へ行きました。

そしたら、1人が「俺、後ろの人達待ってるわ!!」と言って、速い方のグループは私と、もう一人の友達の2人になりました。

何やかんや、話をしていた、その時です!!

友達が自転車のハンドルに腕を乗せて、前かがみになりながら走っていました。

私は、何気なく友達の方を見た時、

そこには、見てはいけない者を見てしまいました。

それは、前かがみになっている友達の背中にわきの下から顎の下までが40センチ位のお婆ちゃんが正座して肩に捕まっていました!!

私は、おそろしすぎて、すぐに目をそらしました。

丁度その時、後ろのメンバーの1人が来たので、私は後ろのグループに戻り、

後ろのメンバーに、そのことを伝えると、「知らせたほうがいいんじゃない?」というので、

追いかけていきました。

追いついた頃には、もう町についていました。

そして、本人に報告すると、

何と、怖がって「誰か、今日俺を泊めて。」

家に帰らず、友達の家にもう1泊したそうです。

おしまい。
 

Posted at 2006年11月17日 23時19分06秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

NIKE 313213-032

NIKE 313213-032

この商品は、UNDEFETEDの傑作です!

NIKE 313213-032は、NIKE好きの人でも知らない人もいると思います。
私は、NIKEの中でも一番といっていいほど、NIKE 313213-032が好きです。

何が好きかは、単純にデザインです。
NIKE 313213-032のデザインは、今までに無いデザインをしてると思うんです!
渋いようで、何か普通ではない。

かっちょいい〜〜〜!!

ここに売ってた!!
 

Posted at 2006年10月19日 21時22分57秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

座右の銘

私の座右の銘といよりは、好きな名言は

「人生は、かけ算だ。

 相手が100でも

 自分が0(ゼロ)なら

 意味が無い。」

みんなの座右の銘(好きな名言)を教えてください。
 

Posted at 2006年09月28日 08時42分14秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

言葉と行動

皆さんは人と話すとき、言葉(一言)をしっかりと使っていますか?

言葉(一言)は簡単で難しいものです。

幸せになる「言葉(一言)」

喧嘩になる「言葉(一言)」

笑わせる「言葉(一言)」

その他にも、いろいろな「言葉(一言)」があります。

その言葉(一言)で人の気持ちを変える事が出来る。

只、言葉(一言)を上手に使える人もいれば、下手な人もいる。

言葉(一言)を上手に使える人・・・

言葉(一言)で、もっと人を幸せにしてあげて欲しい。

言葉(一言)を上手に使えない人・・・

上手になるのも一つだけど、あなたには、言葉(一言)を上手に使える人よりも、人を幸せにしてあげる方法がある。

それは、行動。

聾唖者は、手話をする。

言葉(一言)を上手に使えない人は、行動であらわす。

話せない訳じゃない、行動と一緒にあらわしたら、相手はどう思うだろう?

私は言葉(一言)を上手に使える人よりも、そんな人の方がもっと相手を幸せにしてあげられると思うよ!
 

Posted at 2006年09月27日 20時33分09秒  /  コメント( 100 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

死後の世界

私は、小さい頃から気になってる事が一つあります。

誰も答えられないと思うんですけど・・・

死後の世界

人は、生きている時は目を使って脳で映像が映っていると思うんですけど、

死ぬと目で見ること自体が無くなる、

そうすると、脳も死んでるので映像を映す事も出来ない。

死後の世界に行ったとしても、今の体は生きてる時に、相手に存在が分かるための物にしかすぎないと思うので、脳も目もその他のものも死後の世界には行かない。

じゃー、死後の世界でどういう風に自分を存在させ、相手の存在を見て知るのだろう。

もしかすると、今、自分の存在を生きているから脳で感じているけど、

死ぬと自分の存在すら感じ取れなくなるのかな〜。

分かる方は、何でもいいのでコメントください。
 

Posted at 2006年09月25日 20時38分23秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

体験談3

お待たせしました。

これから体験談3をお話します。

体験談3

これは、またもや私の実家でおきました。

前の日に父方のばあちゃんが家に泊まりに来ていました。

朝、ばあちゃんに挨拶をして私は学校に行きました。

バイトも終わり、夜11時頃・・・

私は家に帰ってきました。親もみんな寝ていて家の中は真っ暗でした。

私はそのまま、2階の自分の部屋に行き、疲れていたので寝る準備をしてベットの上に横になりました。

???

ばあちゃん帰ったのかな〜?まっ、いいか。}

その時、前日ばあちゃんが寝ていた2階の戸が開く音がしました。

{今日もばあちゃん泊まってるんだ。}

そして、私の部屋の隣のトイレに入って行きました。

「カランカランカランカランカランカラン」トイレットペーパーを巻く音が聞こえます。

・・・ただ、流す音が聞こえません。

まっ、いいか。と、寝ようと思った時、私は凍るような恐怖を感じました。

それは、トイレットペーパーの音でした。

私の実家のトイレはペーパーのカバーは鉄ではないので、

「カランカラン」ではなく「コトコトコトコト」と、いう音がするのです。

私は、そのまま眠れずに、午後3時にやっと眠れました。

朝になり、親に「おばあちゃんは?」と聞いたところ、「昨日帰ったよ。」と言われました。

じゃー、なぜトイレの事もそうだけど、誰もいない2階の戸が開いた音がしたのだろう。

いまだに不明です。

私の体験談には、なぜか恐ろしい結末がないんです。

私も不明です。
 

Posted at 2006年09月18日 19時39分25秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

今日の変!

今日、運動会に行った時の話です。

変な

年齢20代中位で、グランドをウロチョロしていました。

そこまでは、よくある光景ですが、その人の変な所は、

しっかりポジションを決めて、右ストレートパンチ!!

そしてまた歩き出すと、次は、

左腕を上げて乳首をいじる!!

私は、ずっと見ていました。

だいたい10回位繰り返していたんですが、

その時、必殺技が出ました。

それは、回し蹴り!!

また、何か変があれば、投稿します。
 

Posted at 2006年09月18日 19時39分14秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

初体験・・・。

私は、この年齢(24)なのに、今までこんな事を体験した事は、ありませんでした。

正直、気持ち良かったです(〜。〜)

昼間から、いっちゃいました(〜。〜)
今まで、似てる事は、した事あるんですけど、その時は、毎回4・5分くらいで出ちゃうんです

しかし、今回は20分位して、ちょっと出て(〜。〜)ちょっと休憩もあったんで

3回位は出ました。

結局は、1時間位はやっていたと思います。

最後は、外に出たんですが、今までの溜まっていたものが止まりませんでした。

でも、気持ち良かったです(〜。〜)
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
な事を考えた人は、自分のムスコ(下)に謝って下さい!!

これは、岩盤浴の話です〜〜〜!!
 

Posted at 2006年09月18日 19時38分57秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

体験談2

お待たせしました。

体験談2を公開いたしました。

ご覧ください。

体験談2

あれは私が、確か〜中学生の頃だと思います。

場所は、私の実家です。

私は、いつもの様に平凡な日々をおくっていました。

その日の夜、私は11時くらいに睡眠に入りました。
    ・
    ・
    ・
午前1時頃、私は、のどが渇き、目が覚めました。

私の部屋は、2階にあり、水を飲みに行くには当然1階の台所まで行かなければなりません。

寝ぼけたまま、私は部屋の電気をつけ、1階に行こうと部屋を出ました。

いつもであれば、階段の電気をつけ1階に下りるのですが、その日だけは電気をつけずに向かいました。

階段を下りようと、階段の手前まできた時・・・階段の横の窓からの明かりが差し込んでいました。

          天   井
    ____________________
         ____                  |
         |   | <―窓              |
         |   |                  |
         ――――                  |
                                 |
 私                               |
                                 |
   _                             |
    |__                          |
        |__                     |
             |__                 |
     階 段       |__             |
                    |__         |
                         |__     |

ソ・ノ・ト・キ・・・

私は、階段の天井に見てはいけない者を見てしまいました。

その瞬間、私は、腰が抜けて座り込んでしまいました。

私が見たものは、女性でした。

それは、ただの女性ではなく、髪の毛が1メートル位の長さで、階段の天井に背中がへばりついていて、たれた髪の間から、こちらを見ていました。

まるで、皆さんご存知・・・貞子みたいでした。
          天   井
    ____________________
         ____ <―その者          |
         |   | <―窓              |
         |   |                  |
         ――――                  |
                                 |
 私                               |
                                 |
   _                             |
    |__                          |
        |__                     |
             |__                 |
     階 段       |__             |
                    |__         |
                         |__     |

私は、その人というか、その者と目を合わせながら、自分の部屋の扉を開けました。

部屋のがさしたとたん、その者は消えました。

なぜ、そこに現れたのかは分かりませんが、恐ろしかったです。

以上。

体験談3も、後日公開します。
 

Posted at 2006年09月18日 19時38分41秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

〜予告〜

体験談2

来週の月曜日までには、公開されるでしょう。

その前に出るかも・・・。
 

Posted at 2006年09月18日 19時38分27秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

問題です〓


これは、何でしょ〜〜〓
 

Posted at 2006年09月18日 19時38分15秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

ケータイ。

今日、携帯電話を替えました!!

お金の問題で、今時の902isでは、ないんですけど・・・。

902iにしました!!

使い方は完璧!前もNだったから。

これから、皆さんの携帯電話の機種を募集します!!

暇な人脳みそが変な人、コメントをください!!
 

Posted at 2006年09月18日 19時37分43秒  /  コメント( 101 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

感謝の気持ち。

感謝の気持ちを持って、生きてますか?

感謝した時、言葉に出して、相手に伝えてますか?

相手は、それを聞いて、どう思ってるか、考えたことはありますか?

「ありがとう。」は、テレパシーです。
 

Posted at 2006年09月18日 19時37分23秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 90 )

dotline

〜おばけ〜

皆さんは、の存在を信じますか?

私は、小さい頃にいろいろ体験しました。

体験談1

あれは、私が小学生の時の事です。

私は、サッカー少年団に入っていて、少年団のキャンプがありました。

場所は、北海道の道南、○雲町のサラン○公園。

練習が終わって、午後4時頃・・・私と友達2人で遊んでいました。

突然、一人の友達が変な鐘を見付けました。

そのは、大きさが顔位で、高さ2〜3メートル位のところに吊り下げられていました。

好奇心旺盛の私達は、当然鳴らしました。

カ〜〜〜〜ン!カ〜〜〜〜ン!!

確か、高い音だったと思います。
    ・
    ・
    ・
食事時、午後6時頃・・・その日の晩御飯はカレーでした。

食事が終わり、コーチが

「あそこにある鐘を、午後5時前に鳴らしたやついるか?」

と、みんなに聞きました。

私と友達2人は、元気よく返事をしました。

他には誰もいなく、私達3人の声は響きました。

コーチは、顔色を変えて、私達を呼び出しました。

「お前達は、すごく申し訳ない事をした。」

私達は、さっぱり分からなくて聞くと、

「ここの公園は、戦争で亡くなった人達の記念公園みたいなところで、ここには、石碑があって、石碑は寝床では目覚まし時計みたいな物なんだ。」

「お前達は、目覚まし時計を誰かに1時間前にセットされたら、どう思う?嫌だろ?!それと同じ事なんだよ!このままだと、何が起こるか分からないから、後で謝りに行くぞ。」

と、言われました。

私は、今までおばけとかを信用してなかったので、ぜんぜん怖くなかったのですが。
    ・
    ・
    ・
午後8時・・・集合。

まずコーチに、これだけは守るように言われました。

、ふざけない事。

、帰りは、走らない事。

、帰りに、後ろを振り向かない事。

そして、4人で石碑の方に歩いていきました。

みんながいる場所から石碑まで、大体100〜150メートル位あると思います。

だんだん、テントからの明かりも無くなってきて、真っ暗になった所で、コーチが止まるように支持をしました。

石碑までの距離は、50メートルも無かったと思います。

コーチが「あそこに見えるか?」と、聞きました。

私は見えました。

はっきりとではないのですが、石碑の前に、立ってる人が一人、
そしてその前に、しゃがんでるのか、座ってるのか分からないんですけど、50人位。

私達は、手を合わせて謝りました。

帰り、テントの方に歩いて行く途中で・・・

すいません。怖くて誰も走ったり、振り返ったりはしませんでした。

ただ、テントに戻って、友達に私が見た事を言う前に聞くと、一人は見えてなくて、もう一人はまるっきり同じ事を言っていました。

以上・・・まだ、終わりません。

これだけではなく、その日の夜中。

運悪く、私はオシッコがしたくて起きてしまいました。

コーチから聞いてたのは、「ここはキツネが多くて、何人かの人が手を食いちぎられている」と、聞いていました。

コーチも、「夜中に起きたら、俺も起こせ。」と、言っていたので、コーチを起こし、テントの裏に行って、オシッコをしていました。

すると、距離にして10メートル位の所に、なんとキツネが・・・。

よく見ると、しっぽが10本くらいあって、ビックリ!!

私は、急いでコーチのところに戻りました。

またまた、その後は何もなかったんですけど・・・。

これで、以上です。

体験談2は、期待してください!!
 

Posted at 2006年08月31日 23時23分23秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

さて、問題です!

いきなり変なブログですいません・・・。
脳みそが変な人のブログなんで、勘弁してください。

僕の事務所の人数は何人でしょ〜〜〜〜〜?!

答えは...............つづく。
 

Posted at 2006年08月07日 22時10分00秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline

初ブログ!!!!!!

はじめまして、北海道旭川に住んでる24歳の男です。
 

Posted at 2006年08月03日 20時58分44秒  /  コメント( 99 )  /  トラックバック( 99 )

dotline