整体治療院(痛みの解放)・骨・靱帯・筋肉の調整・心と体のバランス調整・ ストレッチ・マッサージ・オイルマッサージ(身体、こころ、魂、スポーツ、食事について)
先日参加した東京国体。
シニアの部で参加したので、チーム内では私が一番の若手(^^;
私の両親と同年代の方や、それに近い方々とご一緒した。
皆さん年齢より若く、その年齢にもかかわらずユニフォームを着てシューズを履いてコートに立つ。
もう、それだけで尊敬の意を表しますm(−−)m

宿で食事のとき、長テーブルに皆で揃って食事をしましたが、女性の方で足を崩したり伸ばして食べていらっしゃる方が数名いらした。
「膝が痛くて正座できないのよ」
っと、おっしゃっていた。
それでも、週に何回もバレーの練習をされている。本当に尊敬せずにはいられない!!


試合会場で、控室のサブコートが満員で、隣の武道場が空いていたのでそちらに陣取り、荷物を置いたり休んだりしていた。
畳なので靴を脱がねばならず少々面倒でしたが、寝転んだり出来てゆっくり休めて良かったですね。
そこで、正座して荷物のそばでゴソゴソしていたら、
「洋子ちゃんは正座出来ていいわね。私はもう膝が曲げられなくてね・・・何度もオペしたのよ」
っと。
何気なく正座したが、羨ましがられてしまった。

私も学生時代は膝が痛くて痛くて仕方なかった。
今でも学生時代の知り合いに会うと「膝大丈夫??」
なんて言われることもある。
ところが、高校を卒業してからはちっとも痛くなくなった!!
多分、成長期だったのと、筋トレして筋力が付いたからだと思っている。

ただ、膝のレントゲンを撮ったとき、普通の人は綺麗な三日月の半月板が、私は波打ってギザギザして、かなりすり減っている。
今のところ膝痛は無いが、これで今以上もっと筋力が落ちたら、膝痛が出てくるかもしれない。

「あ〜、筋力とは本当に有難いものなんだ!!」
っと、わかっていたつもりでも、また再確認!!

筋力をつけるには、コツコツトレーニングをして積み重ねて行かねばならない・・・そして栄養。
今までは健康にため、っと野菜とお米の和食にこだわって食事をしていたが、100歳・90才のお婆さんが100mの記録をだし、水泳をされていて、食事を見ると朝から肉肉肉・・・
「肉を食べにゃ〜力が出ん」
っと言っているのを見て食生活を見直し、鶏肉・魚・野菜を毎日取るようにした。
日本人はたんぱく質の摂取が少なく、筋力が付きにくい様だ。
「貯筋」するために、せっせとたんぱく質を取ろうと思う。

そして、そんな膝の痛い方のストレスを少しでも減らすお手伝いを出来るよう、更に技術を身につけたい。
Posted at 2013年10月12日 18時01分00秒  
コメント一覧
 
トラックバック一覧




トラックバックURL : http://cplus.e-commune.jp/5000181/trackback/0035669
コメントの投稿

== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==