田舎ヒーラーの癒し通信
宮城県に住み気功整体の治療師としての仕事と自然農法による農業者でもある2つの顔を持つ田舎ヒ−ラーの癒しメッセージを届けます
白鳥孝則(田舎ヒーラー)
2007-07

良く噛む

お金の掛からない自然健康法の4回目です。

良く噛む これも昔から言われている事です

今風の食事は柔らかい。其の上忙しいから食事に時間を掛けていられない

「早飯も得意の一つ」と言われるくらいですから。胃に流し込むだけ

仕事と健康のどっちが大切なんでしょうか?

仕事も大切ですが食事には充分時間を掛けて美味しさを味わいながら良く噛んで食べましょう

何故 良く噛む必要があるのか?それは消化吸収を良くする為です。

噛むという事は唾液が出るのです。

唾液は自分の体の中にある最高の薬なのです。副作用ゼロの薬です。

唾液1ccの中に10億の酵素が含まれているそうです

転んで擦り剥いた時などは舐めて(唾液をつけて)治したものです。

猫や犬などの動物達も盛んに舐めて自分の体を手入れしています。これが自然なのです。

こんな素晴らしい唾液を使うことが良く噛むことです。

1回噛むと胃腸薬のキャベジン1錠分だそうです。50回噛むと50錠分となります。

良く噛んで食物と唾液が混合されることによって胃腸に負担をかけずに消化吸収がされてエネルギ

ーに変換されるのです。胃腸薬にお金を掛けるのでなく自分の無料の薬を使いましょうよ

では何回噛めば良いのでしょうか?

玄米食指導者などは一口口に入れたら100回噛みなさいと指導されています。

100回というのは一般の人にとっては現実的ではありませんね

食事の美味しさを楽しむ余裕も有りません。食事は「うん美味い美味い」と楽しむものです。

そこで最初の一口を50回噛みましょう。その後は其の流れでゆっくりと30〜50回噛めます

これなら誰でも実行可能ですよね

日本料理には箸置きがあります。これは箸を置いてゆっくり噛みなさいという先人の教えです。

この良く噛むことによる効能がもう一つ有ります

それはダイエット効果です。太っている人の食事の特徴は口の中に一杯入れて数回噛んだだけで

飲み込んでいるのです。これだと胃袋に一杯入るのです。大食いになってしまうのです

良く噛む事によりお腹が早い段階で一杯になってしまうのです。

腹八分目が簡単に出来ちゃうです。

「腹八分目に医者いらず。腹十二分に医者足りず」昔の格言に嘘は無しです。

良く噛んで自分の無料の薬(唾液)を出して健康を維持向上させましょう



2007年07月25日 07時38分13秒  /  コメント( 10 )  /  トラックバック( 10 )

稲の生育順調です


7月6日撮影

きわめて順調です。

補植後は1度も田圃に入っていません。勿論、今年も手取り除草無しです

楽チン農業です。

世間では除草剤使っても手取り除草している人が居ます。申し訳ないね〜


上の写真の左側は隣家の化学肥料と農薬使用の一般栽培

右側は我が家の無肥料、無農薬栽培

それほど遜色無いですよね 素晴らしい 進化しているようです 今後が楽しみです



2007年07月06日 22時11分16秒  /  コメント( 9 )  /  トラックバック( 4 )

前へ |