田舎ヒーラーの癒し通信
宮城県に住み気功整体の治療師としての仕事と自然農法による農業者でもある2つの顔を持つ田舎ヒ−ラーの癒しメッセージを届けます
白鳥孝則(田舎ヒーラー)
2008-12

男女関係がうまくいく秘訣

なぜつまらないことで夫婦喧嘩になるのか


 女性と男性の根本的な本質的な違いがある
 それを理解していないと無用の対立が起きます

 では、男はどんな動物か


 はっきり言って
  男は鈍感で単純です

  というのは、同時に2つのことができないのです

  たとえば、男が真剣に新聞を読んでいるときに
  女房が話しかけても、男はうわの空です

  「ねえ、あなた聞いてるの!」なんて怒っても
  男には迷惑なのです

  男は新聞を読み終わって、はじめて話を真剣に
  聞くことができます


  ですから、
  「それが終わったら声をかけて。ちょと話を聞いて
   欲しいの」と声をかけるのが一番です


  女性は自分が同時に2つのことを処理できるので
  男もそうだと思いがちですが、男はその才能が
  ある人は少ないといえます


  男は目標(ゴール)と行動に一番関心があります
  会話はそのための意思伝達手段にすぎません

  
  男は女房や仲間に「バカ」と言われても
  そんなに傷つきません

  でも結果や行為を
  口うるさく批判されると一番頭に来るのです


  たとえば
  「隣のご主人に比べてあなたの収入は少ない」

  「なぜもっと早く帰れないの」

   などと行為や結果を批判すると、男は腹が立って
   すねてしまい

  「この女房のためにもっと稼ごう」
  「女房のために早く帰ろう」という気をかえって
   なくしてしまうのです


  ではどうすれば?
  
   逆にすればいいのです
   男は単純です

   行為や結果を女房に褒められると
   やる気がでるのです

  「あなたのおかげで生活が安心できて感謝しているわ」
   などと、とにかくほめる、おだてる

   男は女にほめられてやる気がでる動物です

   あまりよい言葉ではありあませんが
   以前「あげまん」「さげまん」という言葉がすこし
   はやりました


   「あげまん」の女性はなぜ旦那の地位を上げるのか?

   それは、旦那を上手に「ほめて、おだてる」ことが
   できるからです


   逆に「さげまん」と呼ばれる女性は
   男の行為・結果を口汚く批判する女性です
   男はやる気をなくすのです


  <今日のポイント>

  1 男は単純

    同時に二つのことはできない

  2 会話は意思伝達手段が中心

  3 女房が「ほめておだてる」と
    男はつらくても頑張れる


   あなたの夫に対する態度はいかがでしょう?



2008年12月04日 17時24分28秒  /  コメント( 9 )  /  トラックバック( 10 )

ありがとうございます

自分自身のマイナス思考が

神様の愛を否定しているのです

どんな些細なマイナス思考であっても

それが積み重なれば神さまの愛を否定する心に陥るのです

プラスだけを数え上げてゆく楽天主義こそが

神さまの愛を受け入れてゆく生き方なのです。


         ありがとうございますカレンダーより



2008年12月04日 17時21分39秒  /  コメント( 10 )  /  トラックバック( 0 )

アメリカンインディア...

子供たちはこうして生き方を学びます

批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします。

敵意にみちた中で育った子は誰とでも戦います

ひやかしを受けて育った子は「はにかみ屋」になります

ねたみを受けて育った子は、何時も悪い事をしている
 ような気持ちになります

励ましを受けて育った子は自信を持ちます

ほめられる中で育った子は
 いつも感謝することを知ります

公明正大な中で育った子は正義心を持ちます

おもいやりのある中で育った子は信仰心を持ちます

人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします

仲間の愛の中で育った子は世界に愛をみつけます


       作 ドロシー・ロー・ノルト 訳・吉永宏



2008年12月04日 17時18分51秒  /  コメント( 10 )  /  トラックバック( 10 )

前へ |