田舎ヒーラーの癒し通信
宮城県に住み気功整体の治療師としての仕事と自然農法による農業者でもある2つの顔を持つ田舎ヒ−ラーの癒しメッセージを届けます
白鳥孝則(田舎ヒーラー)
2012-06

川崎病が驚愕の治癒

愛知県  M Kさん   2012年6月16日


早速の遠隔治療、ありがとうございます。
食欲も減退し、衰弱してきていた、我が子が、みるみるうちに、
目に光りが戻り、ハリのある声を発し、食欲が出てきました。
そして、笑いました。嬉しくて、妻と僕は涙が出ました。

カードから、白鳥さんと同じエネルギーを感じているのか、
相当うれしいようで、カードを両手にもったまま、寝ました。

本当に夢のようです。熱はすっかりさがり、もう足先や、首など
かゆがることもありません。頭痛も消えました。
本当にありがとうございます。


川崎病は、医者にかかれば、血液製剤とアスピリンを大量に
投与されることが分かってから、自然治癒を選ぼうと決め、
日々経過を見ていました。
やはり体力の消耗がはげしく、氣力も減退してきていました。

今日、妻が白鳥さんが遠隔治療を行っていることを
ふと思い出しました。これは、きっとご縁なんだろうと、
思いました。

これで、すべて大丈夫ということではないと認識しています。
ポット、CD、カード、遠隔治療、そして親の愛、全ての
エネルギーを我が子に注ぎたいと思います。

本当にありがとうございます。

◎院長のコメント
患者さんは6歳の女の子です。勿論一度も会ったこと有りません
初めての1回の遠隔で川崎病の症状が全て解消されたそうです。
奇跡の中の奇跡ですね。 効く人には効くんですね
その後、夫妻は揃ってヒーラー養成教室を受講しに来られました。



2012年06月19日 23時44分50秒

前へ |