中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久

浅野中学合格体験記・・・お母様篇

大手塾が遠かったこと、3月末の生まれで体力もなかったことから、
最初は家塾を選択しました。
社会はメモチェの繰り返しと過去問で、まずまずでしたが、
国語・算数はとくに親だけでは対応困難でした。
正直、中学受験の国語は、私のうけた高校受験より難しい印象でした。
プロの先生にお願いするようになって、子供が大嫌いだった物語文の問題を
積極的にしたいと言うようになりました。
(物語文が好きすぎて、
説明文をやりたがらなくなってしまったのは困りましたが。)
夏休みに毎日銀本に取り組んだ日が懐かしく思いだされます。
最終的には、国語が足をひっぱらない程度にまでなったことで、
チャレンジ校も受験でき、親子とも中学受験をやって良かったと
思えました。
これからは親の手を離れますが、先生に教わった繰り返しの方法で、
中学・高校も頑張ってほしいです。
岡崎先生ありがとうございました。

 

Posted at 2019年02月14日 03時24分49秒

浅野中学合格体験記・・・生徒篇

僕は国語を苦手に思っていました。
とくに物語文は、登場人物がいっぱいでてきて
文章も長いので、何がなんだかわからないときもありました。
岡崎先生の授業では、先生が色々質問してくれるので、それを答えているうちに、
内容がわかってくるようになりました。
銀本も1日1題までは解けない日もあったけど、
やっているうちに、だんだん物語文が好きになってきました。
本番の受験では、漢字は間違えたところがあったけど、説明文と物語文は
集中して解くことができました。
それから、浅野の社会の記述は、先生にコツを教わったので、
資料を読んで、しっかり書けたと思います。
受験が終わってからも、勉強は毎日しないとおちつかなくなりました。
中学校に行ったら英語が心配だけど、また毎日頑張ります。

 

Posted at 2019年02月14日 03時23分22秒

浅野中学合格

塾の初めての生徒が、
今年、浅野中学に合格しました。

ブログを始めて最初の生徒が東大に合格したので
やはり、そういう、ビギナーズラック的なものはあるのかもしれません。
もちろん日々の学習の成果の延長上であることは言うまでもないのですが・・・

優秀な生徒でしたが
模擬試験で、ずっと良い成績ばかりだったわけではありません。

合否判定もAやBは、なかなか出ませんでした。
入試の直前に、過去問をやって
この時点で何とか間に合った感じです。
算数はかなりレベルが上がっていました。
反射神経がちがう・・・
記述などは最後に集中して指導しました。

優秀なお子さんでも
長い受験勉強の中では
いろいろなことがあります。
他の人からは見えないだけだと思います。
成績が芳しくないと、
お母様も僕も落ち込みます。

でも頑張るしかないのです。
自分のやり方を信じて・・・

御三家の一角、浅野中学に合格して
僕もサポートした甲斐があったと思っています。

誤解なさらないでいただきたいのは
僕はいつもどの生徒に対しても
同じスタンスで教えています。

その子の、ベストの力を
引き出そうと思っています。
いろんな子がいます。
その子に合わせて何がいいのか
いつも考えています。

おめでとう^^
中学になっても頑張ってね。
また、英語や国語数学、社会
困ったことがあったら
いつでも来てください。
歓迎します。
本当におめでとう。

僕と君が塾で
コーラなんか飲みながら
くだらない話をしたことは
僕と君しか知らない。

 

Posted at 2019年02月14日 03時22分15秒

生徒からの年賀状・・31年前からの便り・・・

岡崎先生、お元気でお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?
昨年6月、31年ぶりに高校の文化祭に行って来ました。
つい最近知ったことですが、制服が変わってびっくりしました。
岡崎先生、〇年〇組のとき、国語古典B(古典)を教えていただいて
、とても勉強が楽しくて、すぐに授業時間が経ったのを覚えています。
生物や化学は苦手だったので、時間が経つのが遅く感じていました。
子供たちに勉強を教えておられると伺っておりましたが、
毎日お忙しいでしょうか?
子供って本当にかわいいですね。
私はいまは、全く子供たちとはかかわるお仕事でなく、
公益授業の従事し、お客様に喜んで
頂けるよう頑張っています。

・・・

31年前に高校生ですから生徒も
もう、50歳くらいですね・・・
この学年は、確か、さる年です^^
確かに古典Bの授業でした^^
そして〇年〇組でした^^
それは僕も覚えているので、
記憶って不思議なものですね。
さっき会った人の名前も出てこなかったりするのに・・・
制服もかなり、ダサメでしたが
かわったんんですね・・・・

いまならもっと、楽しく上手に
授業ができたのにと、
ぼくは残念で、彼らに
とても申しわけなく思っています。
人間の性格や中身は変わってないと思いますが
やっぱり、いろいろ経験しないと
無駄なことが、けずれたり
大事なことがはっきりしたりしないので・・・
ただ、ここは公立高校でしたから
あのまま、いても、
成長できたのかどうか・・・
仕方がないことですが
大学でたての先生は
苦労もしてないし、
生徒のウソも見抜けません。
バレエスタジオで、
何年にもわたって、お金を中学生に抜かれたり
父が死んだり、
母の介護でひどい目に合ったりしないと、
しないと
成長はないのです。

 

Posted at 2019年01月09日 00時55分31秒

人気記事再録・・・あと一週間になりました・・・

アクセスが多い記事を再録しますね。
2015年の記事ですが、どうやって、
皆様がたどり着くのかは?です。
自分で書いたことも忘れていますから・・・
結構過激な内容です、自分で読み直しても・・


今年は、2月1日が、日曜日なので、
明日から考えると、後、1週間ほどになりました。
よく、お母さんで日めくりカレンダーや、自家製の
日めくりカレンダー
「あと受験まで…日」
というカレンダーも、
あと少しになりました。
お父様の中には、
習字で、志望校を書いて

・・・・中学合格、
・・・・・大学合格


とか壁に貼られているご家庭もあります。
受験はほぼ、お母さまの守備範囲ですので、
お父様はあまり口を出されることはありませんし、
お子さんの受験について家庭教師の僕と、受験について話す機会もないのですが、
あまり口数の多くない、おとなし目の、いいお父様が、
お習字で見せてくださる親心には、
引き締まる思いと、責任の重さを感じたことがあります。
生徒は、志望校の・・・・中学に合格したので、
ほっとしましたが、だからと言って、お父様からお礼を言われたわけでもなく、
なんか拍子抜けした記憶があります。
毎年のことですが、お金をもらって言ってる以上
責任もあり、
かなりなプレッシャーです。


さて、本題です。
後、1週間どう過ごされますか?
多分順調に行っていれば、
過去問はやりつくしたはずです。
もう一度やるのもいいでしょう。
特に算数は
1日やらないと、勘が鈍るので
時間の訓練で、過去問をやったほうがいいと思います。
もちろん遅れている方は、基礎を繰り返したほうがいいと思います。
受験の初めから
作戦は基礎の習得でした。
受験前になって、実戦形式になっていますが、
よってかかるところ、
基盤は、じっさいは、
繰り返してきたテキストだったはずです。
年末から、過去問に集中している間に、
段々テキストからは遠ざかっているはずです。
受験の鉄則は
同じものを繰り返せ。
繰り返せないものはやるな・・・です。
過去問といえども、
テキストとして扱うなら、国語以外は3回やるべきですが、
そんな時間はないので、
1日のノルマは、算数過去問1年分として、
残りの時間は、これまでやってきた、愛着のある古巣
これまで使ってきたテキストに戻るべきです。
そして実践の過去問をやった後で
テキストに戻れば、
例えば、
メモチェの社会の輝きが増すと思います。
ああ、ここに書いてあることが出てるんだな…受験に。
そして、受験本番の3日前くらいから、
また志望校の過去問を実際の時間で
もう一度やるといいと思います。
もちろん、前日のみでも結構です。
インフルエンザがはやっていますから、手洗いや、うがいも忘れずに。
ただ、よほどのことがない限り、
集中していれば
病気のほうが逃げていきます。
また、
かりに熱が出たとしても、
深刻に考えないで
多少の微熱くらいなら、
問題は解けます。
かえって集中できるかもしれません。
また本番当日も、興奮して夜眠れなくても、
寝不足位では、
頭の働きは悪くなりませんから、
大丈夫です。
そして焦っているお母さんには一言。
なんだか、志望校に全く届かない場合、
じたばた
今から受験校を、泥縄で探し始めますが、
出来れば、お子さんの精神状態も、
乱れますので、
あまり急激に受験校を変えるのはよくないと思います。
もし、なんだか、わからなくなってきたら、
受験の目的をもう一度、原点に戻って
考え直してください。
おこさんの幸せのためでは、ありませんか?
なんだか、巻き込まれてはじめってしまったけれど、
確かに、今、首都圏で中学受験しないのは、勇気がいります。
やらないと、自分のお子さんだけ、取り残されているような気になりますから。
ご心配なさらないでも、
受験しないと口外されてるご家庭も、
ふたを開けてみると、
結構受験されていることが多いといいます。
また、ママ友だったはずのお子さんも、
どこの学校に行ったのか、
だれも知らないなどという話もよく聞きます。
また、あまり片一方がいい学校にいって、
もう一方が、ぱっとしないところに行くと、
今までの親友が、突然、そっぽを向くこともあります。
いろいろありますが、
結局は人は人
と割り切られるのがいいと思います。
おこさんの幸せが一番です。
他人がどこの学校を受けようと、関係ないわけです。
いろいろと悩まれた結果が、
現状なわけですから、
今までの方針を貫かれたほうがいいと思います。
かりに失敗したとしても、
受験しないよりは、
情報や経験は蓄積されますから
のちに役に立ちます。
本当です。
そうやって、
中学高校でリベンジした生徒をいっぱい知っています。
なんといったって、
最終学歴ですから、
中学受験で失敗したとしたって、
悲観することはありません。
1年もたてば、受験に失敗して
真っ暗だったお子さんも
全国大会に出場するような、クラブが
すべり止めに入学した中学にあって、
幸せにクラブに励んでいる子もいました。
今まで頑張ってきたんだから決して
無駄ではありません。
子供だから、
宿題を写したり、嘘ついたり、
点数ごまかしたりします。
僕もやっていました。
肝心なことは、
それを自分で認識していること。
嘘ついたって、自分だけはごまかせませんから。
そしていつか、
正々堂々と勝負すればいいですし、
もし今回の受験で
いつわらず正々堂々と戦ったのであれば、
それは、人生にとって
大きな財産になります。
お子さんにお金や財産を残したって、
ぐうたらするだけです。
教育・・・・それは、ある、期日までに、
いつわらず戦うこと、
一生懸命に努力することを、
教えることです。
これだけ、ちゃんとできれば人生で怖いものなんかありません。
就職試験で
「僕はいざとなったら、ちゃんとできる人です」
と、ちゃんと言えるかどうかです。
3流の学校に行って、
ろくにクラブ活動もせず、
ぶらぶら学生活を送ってきた人間が、
そんなことをいったって、だれも信用なんかしません。
自分は、報われないかもしれないが、
自分なりに、必死に考えてやってきた。
こんな学校だけど、
僕には精一杯だった
といった方が格好いいに決まっています。
4年生から5年生からもしくは急に6年生の夏休みから
受験が始まりました。
模試でへこんだこと、
サピについていけなかったこと、
日能研でクラスが下がったこと、
ワセアカになじめなかったこと、でも、ワセアカの一人だけ先生は認めてくれたこと、
何人も家庭教師が変わっていったこと、
模試の成績を見て、
自分より、お母さんのほうが落ち込んでいたこと、
志望校を相談しに行ったら、塾の先生にばかにされたこと、
問題集アマゾンで買ったら、答えがなかったこと、
いっぱいいった、説明会、
いろんなことがありました。
きっと終わってしまえばいい思い出です。
でも、自分だけはごまかせません。
後、1週間。
月並みですが
健闘を祈ります。

・・・・

我ながらいいこと言ってるな^^
やっぱり、みんなちゃんと読んでくれてるんだな^^

 

Posted at 2019年01月08日 13時39分00秒