中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久

定期考査必勝法・・・中学生バージョン

もうすぐ、中間テストとなりました。

基本的には、覚えること覚えて、ワークやるというパターンには変わりありません。

理科と社会は、後回しになりますが、具体的に考えましょう。
1)学校の、配布した、プリントは、まず覚えましょう。
2)学校が配布した、ワークは、覚えましょう。当然最低は3回やってください。
3)教科書に準拠した問題集を買ってやりましょう。

4)さらに、受験研究社の、標準問題集か、ハイクラステストで仕上げをしましょう。以前は、「ニュースタデイ」という、すばらしい問題集がありましたが、なくなってしまいました。
現在では、教育開発出版の、「キイワーク」が、ベストだと思いますが、
書店には売っていません。
ただ、結局は、やるかやらないかなので、問題集の成否は、さほど変わらないと思います。
学校のワークは、ホトンド、提出が義務ずけられていて、提出しないと、
平常点が下がりますが、一応は、答え合わせをして、提出しましょう。
学校のワークは、いいものが多いです。
繰り返しになりますが、基礎的な知識は大事なので、ワークやプリントは、3回以上復習して、確実にゲットしてください。

英語も同じですが、単語熟語は、完全にして、さらに暗誦しましょう。
怖いものなしです。

数学は、教科書準拠でなくてもオッケイです。
兄弟がいれば、上のこの使用したもので充分です。数学だけは、問題集教科書に差はありません。
先生としては、おおむね東京書籍の教科書がつかいやすかったです。

あと、福武書店の、しんけんゼミも、昔と比べて、きちんと、教科書ごとに、テキストを変えてくれています。
使いようによっては、役に立つテキストですが、やたらと、多くて、中学生には、管理は難しいと思います。
家庭教師がいて、適宜使えば、鬼に金棒@^@^だと思います。

Posted at 2013年10月12日 16時44分56秒 []