中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久

お試し受験は必要ですか?

直前となりました。
ママ友の間では、
いろいろな情報がひそかにかわされている模様です。

あるお母さんから
「お試し受験は2回受けるのが常識ですか?」

というご質問がありました。

どうもママ友からそう聞いたみたいです。

そして、受けるとこは、……中学。

以前は、土佐塾とか、女子なら、九段下とかが、普通でしたが、
最近は、そんなとこも、お試し受験の候補に入ってるのかと思いました。

なんたって、子どものことなので、
初めての体験で、緊張するかもしれないし、
緊張するタイプは受けておいた方がいいような気もしますが、

塾に通っていれば、
日能研では、毎週カリテやってますし、
ほかの塾でもそうでしょう。

9月くらいから、首都圏模試ほか、
いろんな合否判定の模試も受けてますし、

大概の場合は、もう、十分のような気もします。

担当した生徒で
とりあえず、九段に受かって
自分に自信がついたという場合もありますが、
それは、個々人によって違うと思います。

実際の入試と模試は違うから、その緊張感
を味わっておくのが大事だ、
というのもうなづけます。

まあ、一回は受けてもよいのでは
というのが、僕の意見です。

しっかりしたお子さんなら、
何度も模試を受けているのであれば、
必要ないという気もします。

どっちかというと、
志望校の過去問を、
時間を図ってご自宅なり、
マンションの自習ルームなりで
受けるほうが実用的だと思います。

もちろん試験の受け方
というか、
合格するためのマニュアルは別にあります。

100点を狙うのではなくて、
みんなが取れる問題を落とさない
というのが鉄則です。

時間が比較的余りそうな社会を除き、
時間との勝負です。
特に算数はそうです。

1番からやればいいというものではありません。

親切な学校は1番から徐々に難しくしますが、
意地悪な学校は、
最後にやさしい問題を持ってきたりします。
というより、
ぱっと見、難しそうなんだけど、
小問題は、1番だけは以上にやさしいとか。

そういう技術は、
実力とは別にありますが、
模試を何度か経験し、
過去問をやっておけば、
その辺もわかってきます。
逆に言うと、

取れない問題は捨てろ!

という真実もあります。

取れる・取れないの仕分が必要なわけです。

50分の時間で
全教科満点なわけありません。

そんなにできるなら、
おためし受験も必要ありませんし、

過去問で、満点なら、
もう少し上位の学校を目指すべきでしょう。

上には上がいます。

学校ではもちろん
塾でも天才と言われ、
模試で全国で一桁の生徒だって

開成や、筑駒、オウインにいけば
周りは皆そういう生徒ばかりです。

経験が十分あれば、
もう、お試し受験なんか必要ないわけです。

模試で上位ならもう過去問だけで十分です。

もし、成績が、普通であっても、
しっかりしたお子さんなら、
家で過去問を、時間計ったほうがいいと思います。

お試し受験の学校の問題は、志望校と違いますし。

また、
だめもとで
1月中に、
埼玉の明の星なんか受けることもありますが、
あまりむつかし過ぎると、自信を失って、逆効果の時もあります。

正確な回答としてはお子さんの個性しだいということになります。

実際は、入試の受験の受験料も理解に苦しむほど高いという現実もあります。

お試しで2つ受けたら、うん万円です^^

だから、
できれば、家で、過去問やったほうがリーズナブルです^^


挙句の果ては、お試し受験の、過去問も買いますか?

と言われて、
相当の財産家以外は必要ないと思います。


というより、
結局は実力しかありません。


いろいろ振り回されると、
肝心の部分がおろそかになります。

学力さえしっかりしてれば、
どうにでもなります。

そして一番大事なことは、
一番信用できる情報は

過去問の合格最低点です。

 
きちんと積み上げてきたのであれば、
11月くらいから
過去問に取り掛かりましょう。

志望校の過去3年やって、
すべて合格最低点をクリアしていおれば
90%以上合格です。

過去5年ならば、
100%合格です。

受験当日病気にならない限り合格です。

よく頑張ってきました。

今までの、リズムを崩さず、そのまま受験まで行ってください。

お試し受験も必要ないでしょう。



というより、本人が、自信に満ち満ちているはずです。

ただ、ご心配なさらないでください。

そんな恵まれたお子さんはごくわずかです。

多分5%くらいですか。

6年生の9月まで、塾を信じてやってきたけれど、
偏差値もあがんないし、
クラスは1番下。

4年生かやってるのに、何も残ってない。

メモチェをあわててやり始めた。

個別にもいれた。
家庭教師も付けた、

などというご家庭がほとんどです。

そしてそういうご家庭は不安だから、
いい加減な情報に左右されます。

受験で一番大事なことは
基礎で
それは、信頼できる、
教材を、繰り返すことでしか、獲得できません。

模試にせよ、お試し受験にせよ、
それは実力を、養って
はじめて、効果があることです。

でもご心配なさらないでください。

たいていのご家庭がそんな、
余裕のある状態ではありません。

あと受験まで4か月足らずですが、

例えば、メモチェの社会が完璧に言える生徒は数少ないと思います。

また、四谷大塚の5年生の算数の、
基本問題がすべてすらすら解ける生徒もそんなにはいないんです。

以上ができれば、偏差値62の学校は楽に合格します。
過去問やればわかることです。

でも、範囲的に穴があったりすると、
なかなか、そうはいきません。

受験はストレスです。
だれだって、
遊びたい
ゲームしたい
サッカーしたい
花火みたい
妖怪ウオッチで踊りたい。

お母さまは、お子さんのために、
心を鬼にして
勉強させているわけです。

こんなことが本当に、意味があるのかしら、
自分の子供にとって
大切な子ども時代を奪っているのではないかしら

という疑問も時々生じてきます。
特に、
お子さんともめた後です。

この部分に関しては、家庭教師はタッチできません。

今は、
そうですね、
中学受験やって、
中高一貫入れば、
結局高校受験はしなくて済む、
もしくは、大学の付属に入れば、
もう二度と受験はしなくて済む、

というメリットがあるとは思っています。


中学受験というハードルを、乗り越えて、
いずれにせよ、
失敗しても成功しても、
一生懸命頑張ったといえればいいのではないかと思っています。


今の首都圏で
特に東京で
中学受験を、避けては通れないと思います。

多かれ少なかれ、
クラスの半分以上
おそらくは80%は、とりあえずは受験すると思います。

その中で、うちだけはやらないなんて
突っ張れるお母さんなんていないと思います。

そして、
そばで見ていて、
まあ、親子でもめないご家庭は皆無です。


なんだか、もめて、不安になって
ママ友と語って、
不安を共有するのもいいと思いますが、

残念ながら、ごくわずかしか、いらっしゃいませんが、
順調なお子さんの親御さんは、泰然とされてていると思います。

模試でひどい結果が出てパニクルお母さんに僕は言います。

「落ち着いてください。できることしかできません。」

実際は、実力を、基礎力を養うしかありません。
試験場で頼りになるのは、

何度も繰り返して、身についた知識だけです。

「ああ、あれ知ってたのに、試験では、出てこなかった」

というのは、まだ、繰り返し方が足りないんです。

後、4か月足らずです。

やることが決まっているのであれば、

ママ友の、
怪しい情報に惑わされることなく、

正々堂々と、

実力、基礎力を養ってください。

お母さんの腹が据わると、

お子さんも落ち着くかもです^^

そして、
みなさん、ほぼ、はじめての経験・挑戦です。

失敗して当たり前、
くらいの、心意気で頑張ってください。

迷ったら、経験豊かなプロ家庭教師にご相談を・・・・・^^
親身になりますよ^^

中学受験は、最終ゴールではありません。

幾らでも打ち返しがききます。

ただ、リベンジを果たした子は、
ほぼ、
失敗したにせよ、
中学受験はちゃんと頑張った子供たちです。

健闘を祈ります。


Posted at 2014年12月02日 10時04分37秒 []