中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2009-05

たったの2時間で、あの...

何年か前、あるとき見ていた生徒が、「古文の文法を教えてください」というので、教えました。勘のいい生徒で、たったの、2時間で、ある程度は、理解し、納得してくれた模様です。
大抵の生徒は、嫌がって、やらないのに、理知的なので、あるいは、やってる問題集の空白が嫌なのか、説明を待っていたみたいです。
僕も、「細かい文法には、とらわれないで、ストーリー追いなさい」と指示していましたが、何事も、生徒第一中心なので、教えました。
教えると、自分の中で、さらにはっきり、文法が見えてくるのが不思議です。

活用形とは・・・後ろに体言が付けば、連体形、用言が付けば連用形(ちょっと、国語の先生には、乱暴な言い方ですが、初心者向けにまとめました。後にちゃんとその生徒が慣れてきた段階で正確な説明はしています。)
体言は、大体名詞だと考えて、後ろに名詞が付いてくれば、連体形だと考えて。
これでホトンドの、活用形が、網羅されるから不思議です。
終止形は、文の最後だから、最後になったら、終止形。
已然形、と未然形は、後ろに「ば」が付いてるから。


あと「かかり結び」のときは、変化すると行ったら、生徒はギブアップで、例外は、言わないようにしました。

形容動詞ってナンですかって言うので、「なり」「たり」がくっつくやつ。

生徒は、文法の参考書ももってなかったので、古語辞書の後ろについてるもので、代用しました。これも、シンプルでよかったかも。

次に形容詞の「ク活用、シク活用、カリ活用」を教えて、これもオッケイです。

最後に動詞の、カ行下二段とか教えました。語幹と、語尾も教えてこれもオッケイ、優秀な生徒です。
上一段は、特殊でアンマリない、下一段は、「蹴る」だけ、あとはホトンド、四段と、下二段ですという説明に、「区別がわかんない」というので、「あとはな
れ」と煙に巻きました。そんなに急にはわからんよ。僕だって、辞書引かないと、知らない活用もあります。

「助動詞ってナンですか」という、怖いもの知らずな質問も来て、「う〜ん、動詞にちょっとした意味つける感じ、過去形とかさ」と、大まかに言っておきました。この生徒は、高校時代に、古文は捨てていましたが、一応、ちゃんとした受験校だったので、覚えていた部分もあったみたいです。

トニカク、2時間ほどで、係り結び以外は、すべて教えたような、実り多いレッスンでした。本人も納得していたみたいです。後は、問題やりながら、なれてくれれば、古文は、怖いものなしです。古文の文法、教えて、こんなにうまくいったことはありません。優秀な生徒でした。うらやましい限りです。



2009年05月30日 04時47分27秒

何年か前の日本史の授...

何年か前のあるとき、ある女子生徒と、日本史の勉強を一緒にしました。「どうも、日本史が取り組みズライ」というので、景気ずけ?に、一緒にやりました。
教材は、「日本史センター試験への道」(山川出版)
いい教材ですが、重箱の隅をつついてくるので、大変です。
久々に勉強したので疲れました。この前年の生徒は、「世界史」だったので、日本史本格的にやるのは、久々で大変です。
時代は、奈良時代です。「墾田永年私財法」とか^¥^

山川の教科書も、版を重ねて、レイアウトも変わっているので、「この用語どこだっけかなあ」とか、以前の版では、太字でなかったところが太字になっているところもあって、時代は、変わって行くのだなあと思いました。

勿論、なめるように教科書を調べました。以前にも書きましたが、問題を解くことが、目的ではなく、用語が、教科書のどこに乗っているのか、確認して、知らない用語をなくしていくのが、目的です。
この女子生徒は、全く日本史初めてなのですが、なかなか勘がよく、理論的に考えてくれて、助かります。

受験生当時は、ただ、覚えていましたが、年齢を重ねて、「墾田永年私財法」が、いかに大事かわかってきます。

国にとって、最も大事なことは、税金を集めることで、はらいたくない人とのせめぎ合いになります。

律令制度でやってきましたが、田んぼが足りません、役人も貴族っぽいのも、どんどん増えて、国家財政は火の車です。なんだか、坊主も、勢いがありますし、坊主も、金食い虫です。大仏も作ってしまうし。新しい土地を開墾して、田んぼ増やしたいですが、耕させて一代で、没収して別の人に口分田として与えてしまえば、誰でもあほらしくて、開墾なんかしません。
「三世一身の法」を出して、三代にわたって私有を認めるということにして、やっても、それでも、土地は増えません。

とうとう、ずっと所有させて、それでも、税が入ればいいと思ったのが、「墾田永年私財法」です。
国家は、いつも税の徴収に頭を絞っています。
そして、税金すなわち、国家の礎です。
ダカラ、税金系は良く、日本史に出ます。世界史にも出ます。アラブにも中国にも。

マア、たまには、「弓削の道鏡」が、「女帝に気に入られて出世した話」
とか、面白おかしく話しました。

日本史は、教科書と、資料集があれば、そして、この二つを問題集を解きながら 完璧にすれば、かなり、点がかなりとれるようになります。
昔は、大学受験の日本史は、主に、「空欄を埋める」問題が主流でしたが、
マーク試験・・・共通一次、センター・・・が登場してから、状況がいっぺんしました。
特に早稲田や上智の問題は難しいですが、対策は、問題集を解きながら、教科書と、資料集の情報は、完全に把握する、という方針で、充分合格します。
健闘を祈ります。



2009年05月30日 02時56分49秒

中学受験算数の要諦・...

中学受験、算数が苦手だからといって、上位校は無理だと、諦めてはいませんか?
苦手でも、やり方によっては、何とか、付いていく方法があります。以下に記します。勿論、一所懸命にやらねばなりませんが、たまには、得意な人に勝つこともあります。

個々のテクニックについては、また、個別に書きたいと思いますが、肝心なことのひとつを、お伝えしたいと思います。
それは、問題の見極めです。
問題を見て、すぐに、解法が見つかるものはいいですし、ある程度、パターン化されていて、その延長線上にあるものであれば、生徒のレベルもあるでしょうが、解法をきちんと、教えればいいと思います。
難しい問題・・・難問・・には、3種類あって、解法が難しい場合と、計算が複雑な場合と、数え上げたりする手間が面倒な場合と、あります。

算数が苦手な生徒は、逃避するために、面倒な計算に突っ込んでいって、自分を見失って、時間だけ浪費する生徒もたくさんいます。
模試で、目一杯かくには書いたが、点数は、全く悪いというパターンです。
現実から目をそらすために、計算に突っ込んでいきます。

こんなことやってても、埒が明かないので、いずれ現実に戻されます。
国語で言うと、意味もなく、本文に、線を引く行為と似ています。ひどいときは、全文に、せんがひいてあります^¥^

さて、問題は、ぱっと見、わからない問題です。
中には、答え読んでも、わからないときも、年に2,3題あります。
あまりにも難しくて、説明してもわからなそうな場合は、「パス」にします。
これはユウキがいりますが、意外と、効率的です。
わからない問題を、先生だけがわかっていて、いくら説明しても、時間の無駄なことが多いです。

受験のコツは、「皆が解けるものを取る」ということです。
「皆取ったらどうなの」なんて心配する必要はありません。
皆、怠け者ですし、全教科、満遍なく、取る人なんて知れています。  
わからないものに、頭悩ますよりは、 わかることを確実にするほうが、現実的です。
ただ、その見極めが難しいので、家庭教師に任せばいいと思います。
いない場合は、解答読んで、わからなければ、パスればいいと思います。
どっちかというと、例題みたいなものの、反復に、時間を割いたほうが、成績に結びつきます。

また、解答見て、切れのいい解答だったときも要注意です。そんな、華麗な、解法、試験場で思いつくはずがありません。同じ問題が出たときだけしか使えません。
また、難問奇問を出す、中学は、内部に行っても、難問奇問で、あまりお薦めしません。基本的で、オーソドックスな問題を出す、学校のほうが、いい学校だと思います。オウユウとか^¥^東大や京大もそうです。
難問見て、げんなりするより、基礎的な問題でいきましょう。
不得意科目は、それでいきましょう。
得意科目は、難問に挑戦していいと思います。
皆最後切羽詰ったら、基本に返ります。直前は特にそうです。時間の有効な使い方を考えても、ゲットするのか、一次は、捨てておくのかは、重大な、選択です。難関校目指すとしても、同じことです。
算数は、わからなければ、何週間も考えるべきだ、という人もいますが、それは、特異な人の、発想です。苦手な人は、苦手流で、基礎を固めましょう。意外と、いつの間にか、得意な人を、点数で追い越しているものです。^¥^
才能より、積み重ねが勝つ場合もあります。



2009年05月29日 03時32分16秒

図形の考え方・・・ト...

単なる図形の面積は、やさしいですが、等積変換も、ややこしくなってくると、
泣きそうになってきます。小学生も大変です。ご同情申し上げます。
?結局、大きな扇形から小さな扇形を引けばいいというパターン
/涎礎罎法∋間とともに、点が動いて、図形が含まれるパターン
∋由儼舛涼罎箜阿髻円が動いていくパターン
8い簍咾、杭につながれていて、回っていくパターン
ぅ肇Ε札変換して、台形になるので、面積が出て、平行四辺形の、高さから、出していくパターンなどがあります。
セ鯵儼舛亮りを、円が動いていくパターン

 ΑΑΨ彁擦、普通にやると、面倒なので、円周率や、角度は、結合の法則を使って、くくりだすと、計算は、簡単になりますが、これは、抽象的なので、自然数しかない子供に納得させるのは、大変です。意外と、計算力も重要です^¥^
△海譴蓮中学受験や、高校数学に多いパターンなので、お父さんお母さんも指導できると思います。地道にやるだけです。これも、絵がかけると、説明しやすいです。

これは、図が描ければ、半分以上解けてますが、きちんと書かないと、円の、半径の長さが、決定できません。
い茲見かけます、絵を描いてあげてください。
ゥ肇Ε札変換も、大事な、中学受験の概念です。補助線が引けるようになれば、かなり、学力も付いています。
三角形の周りを動いていますが、実際は、まとめると、2個や3個の円周になります。あれもこれも、やってると、しんどいので、ここら当たりは、割り切って、2個か3個の円で、流しましょう!
以上図形について解説しました、具体的な計算のコツというか、計算間違いがなくて、正確に、3.14を、扱う方法もありますが、それは、そばで教えないと、無理かもしれません。実際、算数数学のうち計算能力は、かなりの、ウエートを占めています。公文のように、ただ、早いというのは、役に立つときもありますが、逆に、計算にどっぷりつかって、思考力が、おろそかになる子もいます。トニカク、計算は、筆算も含め、きちんと、ノートに書くことです。
ノートに殴り書きしているうちは、成績は、伸びません。特に、出来る子に多いので注意しましょう。
大学受験と比べても、中学受験の算数は、情報量が、莫大です。
中学受験した人は、大抵中学の数学は得科目になっています。
中学の数学のほうが、理路整然としていて。やってて楽しいと思います。



2009年05月28日 02時37分52秒

僕の生徒としての家庭...

僕自身も、生徒として、家庭教師は、2人ほど経験しました。
小学生のときと、高校生のときです。
小学生のときは、お金持ちの友達と、公立小学校の、先生の家庭教師を受けました。一体月謝がいくらだったのか?多分現役の先生なので、高かったと思います。親には、感謝です。いつも、友人の家でやり、友人のお母さんが、ご飯を振舞っていました。オムレツが多かったです^¥^
友人は、私立中学受験にシンケンでしたが、僕は?でした。
当時は、中学受験なんてまれでしたし。
いやいや行ってました。宿題出されても、答え丸写しで、先生も知っていたと思います。いい加減な先生でした。
自分が、家庭教師やっていると、彼の不誠実さがわかります。
ただ、参考書やらセルだけ・・・。時間の無駄です。
僕は、ほどなくやめました。

高校生のとき、確か二年生です、ある日曜の朝、居間に降りるていったら、いきなり、家庭教師がいました。相談もなしです。
男子は、いつも思いますが素直です。好き嫌いをあまり言いません。
それにしても、今思えば、強引な親です。何でも、事後承諾で、困ったものです。反抗期に入ってからは、ホトンド、受け入れませんでした。
親子なんかソンなもんだと思います、いずれ、巣立つわけですし。
家庭教師なんか、橋渡し役です。
大学生のその家庭教師もいい加減でした、彼がしっかりしていたら、僕は、2浪人もしなくてすんだと思います。
人のせいにするわけではありませんが、一言で言うと、ドウでもよかった、という、学生のバイトでした。実際自分が、学生で、家庭教師やってるときは、無責任な部分もありましたので、あまり、責められもしませんが、彼は、時給のいい家庭教師を見つけて去っていきました。
考えてみれば、かなり、彼からの影響も大きなところもありました。
そう考えると、家庭教師の役割も大きいかもしれませんね。



2009年05月28日 02時08分12秒

プロ家庭教師としての...

昨年のことですが、プロ家庭教師として、朝日新聞の取材を受けて、新聞に、コメントが載りました。家庭教師という、職業?学生のバイトも含めると、何万人という人が、経験をしていると思いますが、新聞に載るのは、随分幸運なことだと、感謝しています。
ブログが出来て、1ヶ月位したコロ、新聞社から、メールが入りました。
「すごい家庭教師がいるというウワサなので取材をしたい」
僕は、昔営業の経験もあるので、知っています。
「善は急げ」
これは、人生の、大事なことです。ぐずぐずしていると、幸運は逃げてしまいます。逆に言うと、駄目なことは、意外に前に進まないものです、特に、仕事と恋愛では・・。
翌日には、近所のバーミヤンで、新聞記者に会っていました。
多分、SEOが効いて、多摩地区のトップだったせいだと思いますが、たまたま新聞社がこの時期に、中学受験の特集をやったのですが、僥倖といえるでしょう。今考えてもものすごいラッキーです。
新聞記者の質問は、かなり端的でした、聞きたいことがすむと、帰りたそうでした。自分の取材に関係のある話題以外は、全く乗って来ません。プロといえばプロです。ただ、こちらも、家庭教師については、経験をつんだプロです。修羅場は、くぐってきました、好むと、好まざるにかかわらず・・・。
有名人の、ご子息を、家庭教師したときも、全く緊張しませんでした、プロなので。そして、有名人といえど、子供に対しては、ただの、親であって、他の、お父さんお母さんと、変わったところはありません。
取材が終わって、多少取費なんか出るかと思ったら、でません。
一応社会人の時間を、取っているわけだから、ちょっと?でした。
マスコミは、やはり、強気なのだと思います。現に、僕も掲載に感謝して、自慢ですしね^¥^
取材後、一ヶ月しても全く音沙汰がなく、ある日突然、「コメントをくれ」といわれて、すぐに3パターン出しました。記者の模範解答もありましたが、僕の生コメントは、好評?とかで、採用されました。
これも、連絡後、3日もせずに掲載されました。早い!
嵐のような取材でした。
ニュースは生ものなので、時間が勝負なのでしょう。
とてもいい思い出です。ブログにお金賭けて作った甲斐がありました。
意外にあまり、仕事につながりませんでしたが^¥^



2009年05月27日 02時40分11秒

漢文超勉強法

マーチでさえ、かなり、漢文を課す大学は少なくなりました。
中国語という外国語を、日本語のまま、理解していくという、特異な文化だと思いますが、もったいないことだと思います。当用漢字制度や、けったいな、かなずかいとともに、国語改悪運動だと思いますが、どうしようもありません。自国の文化を貧しくしてどうしようというのだろうと思います。何でもかんでも、楽ならいいというものでもないと思います。隣の国の中国、損得だけでいっても、あんな巨大なマーケットがあって、こちらが、杜甫や、李白や、白楽天の、詩を知っているといえば、ムコウも尊敬してくれると思いますが。
アメリカに留学したとき、香港の女性と友達になりましたが、勿論日常会話は、英語でしたが、難しい、話になると、漢字で、意思疎通が出来ました。
長恨歌のなかに、宇宙が終末を迎えても、アナタとワタシは、一緒だというくだりがありますが、時間を越えたすばらしい、詩だと思います。
 さて、漢文勉強法です。大抵は、句法から入りますが、古文と同様、質より量だと思います。中国の古典には、面白い話が一杯あります。つれずれ草みたいに、ためになる話も一杯あります。「人間万事塞翁が馬」とか、「禍福はあざなえる縄の如し」などは、人生の深遠なテーマだと思います。春秋戦国時代、中国の、偉大な武将達が、いかに、生きて死んでいったか。興味は尽きません。諸葛孔明のような、脇役もてんこ盛り。その辺のゲームより、よっぽど面白いと思います。
こういう、血わき肉踊る物語を、ストーリ追っていけば、いつしか、漢文はできるようになります。「物語性の強い文章をたくさん読む」これしかないと思います。ただ、白文でも困るので、薄めの問題集を買って一杯やることです。コツは、多少わからなくても、どんどん読み進めることです。
大抵の学校は、返り点や、レ点をやって、白文に、返り点つけさせて、漢文を、キライになる修行をさせます。誰だって、嫌になります。その次にダメ押しに句法をやらせて、皆、「漢文は、モウ結構」となります。
僕も大嫌いでした。面倒くさい。
でもなんだか、いやいやセンターの問題集やってるうちに、「史記」とかストーリを取るのが、好きになってきました。反語とか、大事な句法も、問題の中で出てくれば、いつしかわかるようになります。大事な句法は何度も出てきますから。
勿論ある程度できてきて、マスターになりたい方は、さらにZ会をやって、さらに、全訳すべきだと思いますが、そこまでやらなければならないのは、東大一橋の文系だけだと思います。
漢文も一応やっておけば、漢文と現代文の、融合問題も、苦手意識なく出来ます。漢文は、早ければ、3週間で、完成します。逃げてないで、真正面から、向き合ってください。



2009年05月26日 01時21分20秒

獣医学部、獣医大学へ...

今から、何年か前に初めて、獣医学部志望の生徒を担当しました。
彼女は、高校1年生でした。かの女が理系という触れ込みで、いきましたが、文系の科目はからっきしで、とりわけ英語はひどい有様でした。それはまだいいのですが、得意なはずの数学も?なかんじで、困ったことになったと思いました。そのうちできるようになるだろうと、ゆっくり、勉強に入っていきました。彼女は、大学のある、内部の高校なので、内部進学の道も捨てきれず、中間期末もそれなりにとってくれということでしたので、大変でした。
 ただお母様は、すばらしい方で、毎回見たこともないような、お菓子がおやつに出ました。最後まで、文句のひとつも出ませんでした。
2年生の、科目選択で、相談をうけ、ゼッタイに物理はやめたほうがいいと、口をすっぱくして言いましたが、物理を取ってしまいました。定期考査のたびに難儀して、「ダカラいったじゃないか」といいましたが、「もっと、きつく止めてほしかった」と言われました。よくある話です。
 英語は単語を覚えさせましたが、なかなか覚えず往生しました。熟語も覚えずこれまた困りました。真面目にやっているのですが、どうも、文系の科目はダメみたいです。かといって、数学もぱっとせず、浪人してしまいました。
獣医であれば、仕方のないことだったかもしれません。
一番驚いたのは、高校3年生の模擬試験で、何回やっても、いい結果が出ないので、一緒にやってみましたが、びっくりしたのが、時間配分を知りませんでした。模試のたびに、たっぷり時間をとって、問題に取り組み、いつも時間だ足りなくて、易しい問題も、やらずに終わっていました。彼女は、小学生から、内部進学で、受験を知らなかったということでしたが、驚きました。
時間配分を知ってからは、模試の成績は、上がっていきました。
浪人してからも、担当しましたが、化学だけは、私塾に行きたいというので、行ってもらいました。なんだかんだで、理系の科目は、取り組んでも苦にならないようです。1浪目の秋ごろ、やっと、英語が上向きになってきました。
やっと単語熟語が入ってきました。2年以上かかりました。
数学は、一進一退でしたが、英語と、化学が安定したので、何とか、合格ぎりぎりまで来ていました。
獣医の世界も特殊で、獣医大は少なくて、東京だと、日本獣医と、麻布獣医くらいしかありません。そして確か、東北に、日大獣医学部があって、残りは、北海道に集中しています。
過去問でも、日本獣医も、可能になっていましたが、結果は、途中でリタイアしてしまいました。多分北海道の獣医はどっかとおると思いましたが、滑り止めの、明治大学の理工学部に合格してしまい、気力がなくなりました。
お父様も、一人娘を北海道にやるわけにもいかず、親戚中で、六大学に合格したのは、彼女だけという状況もありました。
明治大学であれば、かていきょうしとしては、まあまあかとも思いましたが、
彼女の志を考えると、うーんという結果です。
その後、獣医学部に合格した生徒もいましたが、僕としては、忸怩たる思いです。
ただ、獣医の大学の問題をやりましたが、別に普通の、理系の大学の勉強をしていれば、普通に通ると思います。英語も、多少医学系の話題が多いかなという印象です。



2009年05月25日 02時59分46秒

ある日の生徒・・・先...

ある日の生徒は、看護学校志望の生徒であった。准看護学校の、問題集をもってきたので見たが、いかにも安い作りだ。適当に、看護学校から、問題を取り寄せて、適当に作っているようだが、¥2600もする。情報が少ないと、こうやって、生徒が悲しい思いをする。印刷も、字がぶれていて、ひどい問題集であった。ジュンカンは、中学卒業程度という、学力で、看護学校によっては、エラクやさしい問題だったりする。県によって、受験教科も異なっていて、看護学校の情報も少なくて、難儀である。
彼は、2週間前とは見違えるように出来るようになっている。真面目なタイプなので、こつこつ勉強していたのであろうと思う。
ジュンカンは、関数の問題が多いので、一次関数をやる。
改めて、わかりやすく、グラフの書き方を教えることを考えた。
算数や数学の苦手な人は、大抵、分数や、小数が苦手だ。
割り切れればいいが、自然数で割り切れないと、混乱してしまう。
お決まりの、距離と時間と、速度も苦手だ。
自然数で割り切れるといいが、割り切れないと、どっちでどっちを割るかわからなくなってしまう。
速度、距離、時間が、未知数Xになってしまうと、さらに、困る。
一応、割り切れる数を設定して、それでわかってもらう。
彼は、わからなくても、「わかった」というが、顔見れば、本当にわかっているかどうかわかるので、時々、復習しながらやる。

またある日の別の生徒は、中堅男子校の男子中学二年生。中間試験で、化学の、共有結合や化学結合がわからないということ。先生の板書見せてもらったが、これじゃあわからない。
先生の勝手な教え方で、皆生徒は混乱するだろうと思った。教科書は、スウケンで、案の定、また、混乱させる作り。
モットわかりやすくかけないのかと思う。
仕方がないので、僕が、わかりやすく教える。
何となくわかってきたので、スウケンの問題集をやる。教科書はひどいが、問題集はしっかりしている、妙な出版社だ。系統立てて、問題集でさらうと、生徒も、段々わかってくる。
段々彼の顔つきも、明るくなってきたので、数学の図形をやり、その後、英語の現在完了をやる。図形は、なれなので、繰り返しやるように指示す
る。彼は、中学受験しているので、ある部分は、「比」とかわかっているので、図形の面積とかは、比較的すぐにわかってくれる。中学受験も無駄ではない。不思議なことだが、中学受験を経験した人は、算数が苦手でも、中学になると、数学は、得意になる。中学の数学は、シンプルなので、楽しいのだと思う。中学受験の、算数は、奇奇怪怪で、パターンが多すぎて大変です。
その後現在完了をやる。これまた先生がいい加減で、さっぱり生徒がわかってない。確かに、完了経験継続の説明は難しいが、何とかならないのかと思う。
僕自身も、化学の授業も、現在完了の授業もさっぱりわからなくて、なきそうだったのを思い出した。中学受験の塾の説明も、よくわからんし、先生達は、モット、生徒の立場にたって、教えてあげてほしいと思う。
教えるというのは、結構難しいのかもしれない。
教えるのと、学ぶのは、別だという、ことわざが英語にあるが、本当にそうだと思う。
逆に生徒の謎の発想を、解明するのも、時には楽しいこともある。



2009年05月24日 04時22分34秒

引きこもり対処方?

学力的に、大変になっている生徒もたくさんいましたが、引きこもりになっている生徒も何人かいました。僕は、専門家ではないので、僕なりの対処法を考えて見ます。
専門家ではないので、こっちがおかしくなったこともありました。これは、素人では無理なので、専門家に任せるべきだと思います。原因は、やはり、親子関係にあるのではないかと思います。後で考えてみると、親もかなり、?なことが多かったような気がします。こういう場合は、専門書によると、親の精神のゆがみが子供に出てきていて、親が、はっきり問題を認識すると、子供も落ち着いてくるそうですが、これは、専門家に任せます。

そこまで行かなくても、何らかの理由で、引きこもりになってしまった子がいます。結構学力の高い子に多いと思います。
僕は、「近所のわけのわからないおっさん」、という立場で接します。
フリーで、やってきたので、かなり、ひどい目にもあっていますし^¥^、何となく、世間の常識も、?と思っています。
 きっと、昔は、祭りとかで、普段何しているかわからない、おっさんが、青年達と交わって、いろいろな価値観を、伝授していたのだと思います。
おっちゃんは、人生経験も豊富で、大抵の青年の、パターンを知っているので、「あのタイプ」と思って、接していたのだと思います。
 僕は、家庭教師ですので、まず、生徒に明るい未来を見てもらいます。
よほどのことがない限り、引きこもりになる生徒は、逆に言えば、繊細で優秀なわけですから、真面目にやれば、早稲田か慶応、マーチくらいに入れてあげる自信はあります。
それは、僕が横に座れば、僕のことは、経験から来る、自信があるので、ある程度、信用してくれると思います。年もかなり離れていますし。
この段階で、相性が会わなければ、引きこもりする子達は、繊細ですから、
嫌なものはいやといってくれると思います。
 次は、焦らずに接していくことです。
一緒にいると、相手の趣味や、大事にしているものもわかってきます。
こびる必要はありませんが、正直に、自分の、意見を伝えていけば、生徒
は、きちんと、自分に向き合ってくれていると思ってくれると思います。

最近は、先生と生徒は、対等だと思うようになりました。
一緒に長い時間いるわけですから、お互いに膨大な影響を与えていきます。いずれ、受験が終われば、「さようなら」ですが、意識の上でも、無意識下でも、ものすごい影響を与え合っています。そもそも、自宅に来る友人なんて、数は知れていると思います。

そして出来れば、共同作業をしようと思います。休み時間に、サッカーしたり、キャッチボールしたり。終わった後で将棋さしたり^¥^
僕は、そういうことは、仕事でやっているわけではありません。自分も、楽しいからやっているわけです。それで、相手も楽しんでくれれば、言うことはありません。
そうこうしてるうちに、段々と、引きこもりも解けていって、学校に行ってくれるようになります。
引きこもりになるような子は、繊細なので、ある部分僕よりも大人です。悩みも深いですし。どっちかというと、僕のほうが、精神的に幼いのかもしれませ
ん。
ただ、初めにも申し上げましたとおり、かなり、精神的に、専門家の助けが必要な生徒もいるので、そういう場合は、僕は、ついつい深入りしてしまいますが、それは、見極めていかなければいけないと今は思っています。

あまり、固定的な価値観でいると、子供は、息苦しくなってしまうこともあります。日本の、受験はかなりのストレスだと思います。
結構たくさんの生徒が、音を上げたのを見ていますが、少なくとも、生徒に「アンマリ勉強が好きだという生徒は見たことない」とか言うと、それだけでも、生徒の気持ちはほぐれものです。実際僕の生徒で、勉強が好きだった生徒は一人もいません。



2009年05月24日 01時58分20秒

よくわからなかった先...

いろいろな先生に出会ってきましたが、未だに意図がわからない言葉もあります。
ヾ岨は、部首で引け
高校の、田中先生のお言葉です。何で総画数や、音でひいてはいけないのかわかりません。いずれ、理由は教えてくださるということでしたが、それっきりになってしまいました。関係ありませんが、マーチでも、国語から、漢文が除外されているところが多いです。ただでさえ、科目が少なくて、楽なのに、ドウなんだろうとも思いますし、減らせば、受験生が受けてくれるということなのでしょうか?もしくは、ゆとり教育?日本文化に深く根ざした、漢文、捨てるには、あまりにもったいないと思いますが。春秋戦国時代、血わき肉踊るストーリ、その辺の、コミックや、ゲームよりよほどdetailもしっかりしてて、おもしろいと思うのですが・・。「春秋に義戦なし」なんて、ちょっとやそっとではいえないと思いますが。
∨萋声を出せば、声が変わる
朗読のセミナーにいって、新吉という先生にそういわれて、毎日声を出しました。半年一年たてば、目に見えて変わるといわれ、高速道路の下に行って1年声を出しましたが、結局効果はわからずじまいです。新吉先生には、モウ1回聞きたいと思っています。そういえば、当時付き合っていた彼女と、湘南の海に行って、江ノ島のホテルにとまり、鎌倉の花火大会のあと「ちょっと海行って声だして来る」といったら、「アホか」といわれました。それでも構わずいきました。
彼女が、僕との別れを決意したのは、その日かもわかりません。
作業すれば、馬術がうまくなる。
作業すれば、筋肉が付いて、乗馬もうまくなると、監督は言いたかったのでしょうが、一番作業にひたむきだった、部員は一枚も賞状なく終わってしまいました。勤勉は大切な価値観でこれがなければ何もおこりませんが、何に対して勤勉であるべきかということだと思います。
以上先生というもの、生徒に莫大な影響力があります。
鵜呑みにする生徒もいるわけですから。
僕も家庭教師として、出来るだけ、誤解のないように、正しい指示を出したいとは思います。



2009年05月23日 02時31分34秒

天声人語は読むべきか?

受験も真っ只中になってくると、特に小学生の中学受験は、お母さん方も必死で、トイレから、壁から、日本史の年号などで埋め尽くされたりします。
小学生に、自我はありません?から親の言いなりで、大変だなあと僕は横目で見ています。せめて、大変だけれど、何とか、精神的に落ち着かせてあげようと、生徒の心理的な、負担をとってあげようとします。
 大抵は、朝は漢字と計算で、明け暮れ、塾に行き、土日も特別コースが待ってます。
 そのうち、社会は時事問題だと脅され、新聞や塾の時事の問題集を買ってやります。
そして天下の「天声人語」です。
朝日新聞の朝刊のコラムで、なんだか、やたら引用の多い文章^¥^です。
塾や学校の先生は、毎日切り抜いて、感想を書けば、作文の足しになるし、国語の勉強にもなると、薦めてきますが、ドウでしょうか?
個人的には、天声人語は好きですし、毎日新聞のコラムも好きです。
段々と大人になってくれば、新聞社も、あまり、社会正義を声高に言えるほどの、組織では、ないとわかってきますが、一応、社会の常識や、世の中の流れが、わかってくるという点では、いいと思います。小論文の教材として
は、起承転結がしっかりしているのでいいと思います。
ただ、家庭教師としては、余裕がなければ、あえてやる必要はないと思いま
す。時間が余っていて、天声人語が好きならやればいいけれど、大抵は、時間的に、ぱっつんぱっつんなので、やらないほうがいいと思います。
時間がなければ、漢字も、実際の文章や、模試、過去問で、ゲットすればいいと思います。
国語力も、漫然と、天声人語読むより、問題を解いて、真剣になったほうが、能率的だと思います。
ドッかで書きましたが、追い詰められてやったほうが効果は上がります。
どちらかというと、トータルで、お子さんが、できるだけ、余裕を持って、スケジューリングしてあげたほうが、学習効果は上がると思います。ぱっつんぱっつんよりは、幾分、余裕を持たせてあげましょう。
本当は、お子さんが興味を持っている本をたくさん読ませてあげるのが、一番いい国語の勉強法です。天声人語が得になるから、と、目先の利益を求めるよりも、お子さんが本好きなら、それを読ませてあげたほうが、結果としては、実になって帰ってくると思います。夢中が一番!です^¥^
漫画は、あまりお薦めしませんが、読まないよりは、ましだとは思っています。



2009年05月23日 02時05分24秒

ある浪人生の一日

8時起床食事
9時〜10時スウケン出版の化学4ページ
10時〜11時スウケン出版の生物4ページ
11時〜12時試験に出る英単語、6章のうち1章、試験に出る英熟語100個大道学園のmust of phrasesを40文暗記、和文英訳の修見開き4ページ 暗記、河合塾のセンター用の問題集を使って速読
12時昼食
13時〜14時日本史山川出版のセンター用4ページ
14時〜15時世界史山川出版のセンター用4ページ
15時〜16時ジョギング
16時〜Z会があるときはZ会

ないときは、Z会の数学5問復習、以下の問題集の復習
英文法標準問題精講(旺文社)、英文解釈のトレーニング、総合問題のトレーニング(Z会)
大体一ヶ月に1回復習する感じで、問題集はこなした。夜12時就寝

あと、ラジオ英会話(NHK)を毎日聞いた。
模試・・一ヶ月に1回受けた、その日は模試のあと、以前の模試の復習に当てた。
以上のスケジュールで、偏差値各教科70くらいで、総合で、偏差値75位であった。
国立の場合、教科数が多いので、ホトンド、余裕はない。
ホトンド毎日機会のように、スケジュールを繰り返す。
いつ春が来るのかなあと思いつつ。
滑り止めの私立受かったあとは、英数国だけでいいので、かなり、気分的に楽にな
った。失礼ながら、私立文系は楽だろうなあと思った。それなりに大変かなあ?



2009年05月23日 01時34分07秒

浪人への応援歌・・・...

僕は受験が終わってから、大学の馬術部に入りました。
大学を出て、社会人となり、これまでいろんな趣味に、うつつ?をぬかしてきました。
まず、英会話、5年ほどやって、集大成に、アメリカの、ロスアンジェルスの、コミュニテイカレッジに、自費で留学しました。英会話は準一級で、トーフルTOEFLは589です。1990当時は、トーイックTOEICなんて、マイナーでした。帰国して、ラケットボールにはまり、7年ほどやりました、スポーツジムのイントラくらいの腕かなあ、モウちょっとしたかも^¥^ラリー中に歯を折って、引退。その後バレエにはまり、10年くらい、やっています。現在は、スカッシュを始めたところです。
英会話、ラケットボール、バレエ、それなりには、上達しましたが、やはり、馬術や受験のようには、誇れるものではありません。なぜだと思われますか?

受験は、逃げようがありませんでしたし、中学くらいから、ずっと、追い詰めら
れてやってきました。浪人しても、翌年には、必ず勝負の日が来ます。
最初の1浪目の共通一次に失敗して、足きり確実で、布団のなかで、うちひしがれて立てなかったことを覚えています。ちょうどはやっていたのが、「遠くで汽笛をききながら」本当に打ちひしがれて、臥せっていました。布団から出られませんでした。親にも申し訳ないし・・・。
それでも自分で立ち上がってまた、たたかわねばなりませんでした。
馬術は、大学の運動部で、これも逃げようがありません。試合は、出されますし、負ければ、いい馬から下ろされたり、クラブ内の地位が下がって、嫌な思いをしたり。負け方もあって、「ベル前失権」とか、障害をイッコも飛べないで終わった、3デイズイベントもありました。
受験にしろ、馬術にしろ、屈辱は自分で受けるわけです。逃げようがありません。お蔭で、負けたときのすごし方は学びました。黙って耐える。
それに引き換え、英会話も義務ではないし、ラケットボールもジムでお客さんでやってるし、負けても誰もとがめません。
バレエも、ザンレールできなくても、ピルエット一回も回れなくても、誰もがっかりしません。
人間追い詰められなければ、上達しません。尊敬する山本夏彦氏が行っています。「世は、締め切り」
ココまでに、やろうと思わないと、何も完成しません。いつまでも、できません。
全然関係ないですけど、子供のころから、「行政改革」とか言ってますが、ゼッタイ無駄なんかなくなりません。
来年の1月までに、と思っていなければ、何も起こりませんし、やるとすれば、「死ぬ気」でやるしかことは、成就しません。本当です。死ぬ気でやれば、死ぬほどの屈辱にまみれ、夜もねられなくなり、寝てもさめてもそのことしか考えなくなります。
そして、いつか、成功するにしても、失敗するにしても、誇れるものが自分の中に出来ます。それしかありません。こんなもんでいいだろう、なんていっていて、ものが、成就したことなどありません。ソンナ顔してない人でも、家で、蔭でみんな努力してます。
死ぬ気でやりましょう。死ぬ気で出来ないなら、それは、アナタにとって、大事なものではないですから、時間の無駄です。
人生に成功して、趣味で、オペラ見るのは、いいですが、これを読んでいるひとは、違うと思います。
人間は、僕も含め皆弱いものです。逃げたいとドッかで思っています。
試合のとき、自分がちっぽけに思えるときもあります。そういう時は、きっと、負けますが、負けるのも、成長の糧です。
模試・・・できるようになったら、受けようなんて思ってたら、死ぬまで、成績は上がりません。受けて、悪い成績を見て、自己確認すべきです。ダイエットの第一歩は、体重計に、のることです。僕も怖くて、ココ十年体重計に乗っていません^¥^
話はそれましたが、僕自身も頑張りたいと思います。以上です。



2009年05月21日 02時20分32秒

受験勉強と人生・・・...

生きていると、楽しいこともありますが、辛いこと悲しいことも一杯あります。
別に宗教の勧誘ではありませんが、暗い話はパスの方は、パスって下さい。^¥^
受験しているときは、なんて灰色の人生だと思っていましたが、人生には、どうしようもないことも一杯あります。
先日、お世話になっている先輩とお会いしたとき、先輩の、奥様は、ご病気で、リンパ腫で、放射線治療中で、髪は抜け落ちてしまったそうです。奥様も存じ上げているので、びっくりしました。
知り合いの社長は、直腸がんで、入院しました。一週間で、退院するはずが、手術が失敗して、2ヶ月も入院しました。一時は、何も食べられず、げっそりと、小さくなっていました。
母は最近、子宮筋腫を患い,2月に精密検査をして、すぐに手術かと思ったら、入院患者が多いので、ベッドがあかず、6月に相談だそうです。
受験・・・少なくとも、言ったとおりにしてくれれば、こんなに結果がでやすい物はありません。点数なので、家柄も血筋も「えこひいき」もありません。
勉強さえすれば、必ず結果は出ます。
社会に出れば、必ずしも、フェアーでないことも一杯あります。一所懸命頑張っても、認められないことは一杯あります。受験は、例えば、桐蔭学園に、中学か、高校には入れるくらいの生徒さんなら、僕なら、必ず、早稲田や慶応に入れてあげられます。モットやる気があれば、東大や、一橋にも入れてあげられます。
いろいろ大変なことが多いですが、一流といわれる大学を卒業しておけば、
かなり、人生では有利にことが運びます。
ダカラ、一年くらいは、勉強することは決して無駄にはならないと思います。

日本はというよりは、世界は、学歴社会です。動物と違って、人間が、地球を支配しているのは、頭脳理性のせいで、そのせいで、大変なこともありますが、理性が支配している以上、学歴は、ある程度のパスポートです。勿論、勉強は出来ても、仕事が出来ない人もいるのでしょうが、少なくとも、今、やりたいことが見つからなければ、とりあえず、勉強して、大学に行って見ましょう。そして行くのであれば、いい大学のほうが優秀な人がいる確率が高いのは決まっています。そうでない大学にも、優秀な人もいるのでしょうが、いい学校のほうが、優秀な人は多いと思います。
いつまでも、若いときのように、気力体力がつずくことはありません。
子供達には、「勉強は自分のためにする」などという、あいまいなことは言わないで、「いい学校行った方が、時給がたかくなる」というと、意外と、子供も、納得してくれるものです。
いい学校に入ったあとは、皆さんの自由です。クラブをするのもよし、ボランテアに励むのもよし、バイトで世間にふれるのもよし、合コンに行くのもよし、
何でもやってください。
あ、勉強したい人は、勉強をつずけてください^¥^
僕も浪人時代受験は、かなり大変と思っていましたが、今は、こんなにフェアで、取り組みやすいものはないと思っています。



2009年05月20日 03時07分05秒

教育はお父さんの仕事...

これは間違いなく母親の仕事です。
家庭教師を長年やっていますが、ほとんどの場合、母親と、家庭教師が相談して、勉強に当たります。家庭教師が登場するのは、子供の勉強がうまくいってないことが、ほとんどです。父親が、かかわってきた場合、大抵は、へんてこりんなことになります。これは、経験上ですが、お父さんは、あまり、直接かかわらないほうがいいと思います。。父親は、黙って、後ろで見ていたほうが、効率は上がります。理由は、よくわかりません。後ろで、うんうん行って、どっしり構えていてください。
多分、子供の「世話」は、母親の仕事なんだと思います。
父親は、論理でやってきますが、子供は、日々生もので変化していくので、そんなに、うまくはいきません。
こうするべきだ、ああするべきだといっても、現状が変化していくわけですから、そんなに、うまくはいきません。子供の世話は、母親の仕事です。
ただ母親も、大抵は、細かくダメダシなんかをしてこられますが、
そして、この傾向は、子供の年齢が低いほど顕著ですが、大抵は、うまくいきません。子供が小さいと、まだ、母親の口が出せる学習範囲ですが、親子では、感情が先立って、うまくいかないことが多いものです。
家庭教師として一番困ることは、家庭教師の指示と、親の指示が、異なっていて、子供が混乱することです。
相手がベテランの家庭教師であれば、少なくとも3ヶ月、出来れば、6ヶ月、任せてみませんか?それでだめなら、首にすればいいと思います。
家庭教師は、子供のリズムを作るためにいると思います。
家庭教師は、近所の、おっさんか、お兄さんです。(もしくは、おばちゃんかおねえさん)家庭教師は、潤滑油か、酵素みたいなモンです。
親と立場も違いますし、責任も違います。
ただ、成績が上がって、本人、親の次に嬉しい人は、家庭教師です。
なんたって個人で責任をおってますから。
責任感がないかどうかは、人間なので、顔を見ればわかります。
「僕に任せてください」といって、例えば、おかあさんによく頼みますが、たいていは、お母さんは黙っていられません。
価値観が違うんだからしょうがないとも思いますが、それも含めて、お母さんの動きも含めて考えるのが、プロだと思います。
そして最後に判断を下すのは、生徒本人です。
「君のためだから」先生が本気でいっているかどうかは、生徒本人が、わかっていると思います。
相性がよくても、実績があがらないこともありますが、相性は関係ありません。成績が、上がるかどうかが、家庭教師の判断材料です。長年家庭教師をやっていますが、相性がいまいちでも、お互い大人で、その部分では、折り合えるという生徒達も何人かいます。大抵は、仲良くなりますが、ビジネス?というか、合格という目標で協力できる、「大人」の生徒さんもいます。
年齢はあまり関係ありません。小学生でも、「大人」はいます。
家庭教師と、うまくやっていく方法は、本人を挟んで、いい三角関係を作ることだと思います。お父さんは、できれば、後ろで、どっしり、監督として、構えているのが一番いいと思います。
それが、生徒が一番リラックスできる環境だと、経験上思っています。



2009年05月19日 02時58分06秒

受験勉強とクラシック...

受験勉強とバレエ・・・あまり関係ないと思う方が多いでしょうが、少し述べてみたいと思います。興味のない方は、パスって下さって結構です。また、バレエは素人なので、バレエ的には間違っているところはご容赦下さい。内容は、「教える」ということについてのコメントです。


いい年こいてバレエを始めたのは10年前です。僕も、家庭教師を「なりわい」にしているので、バレエの先生達には興味がありました。
どんな風に教えてくれるのだろう?
結論から言うと、あまりわかりやすく教えてくださる先生がいませんでした。すみません。
バレエは、職人の世界で、「盗め」ということなのかも知れまあせんが、どこか、やっぱり、数学とか物理の先生のような、傲慢さ横柄さがあります。
結局「どうして出来ないの?」ということみたいです。
家庭教師としては、特に僕は、かなりな時給をとっているので、要求も過大です。成績が上がらなければ、いつ首になってもしかたがありません。
最近は、世知辛くなり、露骨に勤務評定されたり、コストパフォーマンスを求められるようになりました。その代わり成績が上がったら、ご褒美ボーナスがあるのかというと、そうでもありません^¥^
そういう、厳しい査定におかれているものとしては、バレエの先生は、かなり、楽な商売に見えます。ひどい先生なんか、半年、バーも変わらなければ、ワルツも変わりません。プロなら、3分も考えれば、出来ることをやりません。良くこれで、商売が成り立つと思いました。
そういえば、教えていた生徒が、老舗の名門
私立高校でしたが、かなり甘い進路指導で、真ん中以下の生徒は、どうしていいかわからずに、立ち往生していました。
名門のA高校の進路指導はひどくて僕に進路指導やらせてくれたら、東大も国立も倍くらいはいれるのに」と思っていました。(そんなに甘くないか?)
僕もアンデオールの正しい考え方をきちんと教わった記憶もないし、どこの筋肉をドウ意識すればいいのかさっぱりわかりません。未だによくわかりません。
お腹お腹というが、どこなんだろう?お腹をドウ使うんだろう?
バレエで最も難しいのは、ピルエットだと思いますが、安定して5回以上回っている人は、日本の舞台でほとんど見たことありません。男でも本当にコントロールしてるのは、アンヘルコレーラ、ホセカレーリョ、熊川哲也、古くは、バリシニコフ、ユーリソロビヨフくらいではないでしょうか?
それにつけても、女子の新体操の選手は、余裕で、5回転位するので、それも、足上げたまま、流石ロシアはすごいと思います。
だいぶ脱線しましたが、教師として考えさせられることが多かったように思います。原則を知っている人が少なくて、さらにそれを、教えられる人はもっと少なくて、自分でも「ああでもないこうでもない」と、試行錯誤の連続です。
つま先の伸ばし方でさえ、やっと最近わかってきましたが(つもり)、きちんと教えてくれた先生は、ホトンドいませんでした。
つれずれ草に、「先人はあらまほしく」という一説がありますが、本当にそう思います。
お勉強の場で自分の生徒には、そういう思いはさせたくないと固く誓っています。

以上バレエは素人なので素人考えが、間違っていたらご容赦下さい。



2009年05月18日 04時23分16秒

英単語の覚え方、単語...

単語集は、どれも中身は大して変わりません。
ホトンドが「試験に出る英単語」の亜流です。
ただ、覚えろといっても、なかなか大変なので、出来るだけ、ストレスの少ない覚え方をご紹介します。
単語集は、1200〜2000くらいで、多いからといって、いいというものではありません。多いと、なかなか覚えられなくて、苦戦するものです。
昔、浜島書店の5000語とか10000語とかありましたが、ソリャあ、無理です。昔、英語の辞書を片っ端から覚えた医学部志望の猛者がいましたが、確かSで、挫折したということです。2万とか、現在彼は、某国立大学で、外科医として活躍中?ということです。
まあ、1200語で考えて見ましょう。
まず、全体を、12くらいに分けましょう。つまり、100語がワンセットです。
そして、100語だと、見開き、5ページくらいです。
一ページが10語だと考えましょう。
まず、この10語を覚えます。肝心なことは、日本語の訳だけ覚えるということです。訳語も、一個だけに絞ります。訳は、一番覚えやすい日本語訳を覚えます。そして、10個が出来るようになったら、次の10語、に移ります。この方法で、100個やります。10語で10セットです。100語終わったら、100個まとめてやって見ましょう。大抵は、はじめは、6割くらいですが、気にしないで、
出来なかった語は、チェックしておきます。
一日100個で、12日で1回回ります。そして、12日終わったら、また、最初に戻ります。1ヶ月で、3回回ります。人によりますが、いつの間にか出来るようになってきます。この際、なんでも、駄洒落でもいいから、連想ずけて覚えます。自分しかわからないネタ?でも結構です。
現在は、日常に英語が蔓延しているので、環境としては覚えやすいです。
たとえば、internet explorer等は、昔はありませんでしたが、explorer 「探検している」、はとても覚えやすいです。 
特殊な暗記力をお持ちの方は別として、この方法が一番能率的だと思います。大事なことは、あまり、こだわらないこと、いつか覚えます。同じ場所で、とどまっていると、嫌になってしまいます。
単語さえ覚えれば、読解力があれば、偏差値が58近くいきますし、ここに、受験勉強のエキスが詰まっていると思います。いつも言いますが、単語を覚えると、受験は、半分成功したようなものです。ボンボヤージュ^¥^



2009年05月17日 04時50分30秒

うらおもて人生録・・...

僕の、大好きな作家に、色川武大さんが、います。
昔毎日新聞に、色川さんの「うらおもて人生録」という連載がありました。劣等性への応援歌というようなものでした。当時は、高校生だった僕も、文章の意味はなんとなくわかりましたが、かなり、?な内容でした。
(全く関係ありませんが、新型インフルエンザ、神戸の高校生が感染とか行って、人事のように考えていたら、高校は、僕の母校で、びっくりしました。)

アレから、30年して、いろいろ経験して、ようやくその深い意味がわかってきました。文庫版で出ていますし。ちょうど、今美輪明宏さんがおっしゃっていることと同じです。

「何でも、プラスマイナスがある」ということです。美輪明宏さんが言う「正負の法則です。
ナンだって、勝ち負けはあるけれども、全勝は無理だ。いかに負けを引き込んでいくかが大変だ。ということです。
なんだかわかりにくい話で恐縮です。ここは、「オチこぼれ」にはなしを絞りましょう。
オチこぼれには、3種類あります。
,覆泙韻發
知能指数が低い人、発達障害など
やり方がわからない人、または、自分でオチこぼれだと決め付けている人
△砲弔い討蓮△燭屬鵑匹Δ靴茲Δ發△蠅泙擦鵝K佑皺真佑、担当しました。
そういう場合は、勉強だけが人生ではありません。別の道を考えたほうがいいと思います。日本の場合、かなり、単線っぽくで、「誰でも、東大に行くべき」のような風潮がありますが、これは、勝者の論理で、これもおかしいと思います。いろいろな人生があっていいと思います。僕も必死に勉強しましたが、必死にやってこの程度なら、学歴社会で、勝者は無理だと思いました。

,砲弔い討癲△海譴發匹Δ靴茲Δ發△蠅泙擦鵝西洋のことわざに、「馬を水のみ場までは連れて行けるが、水を飲ますことは出来ない」というのがありますが、怠け者に勉強させるのは無理です。「プロなんだから、やれ」とか言われても、怠け者だけはどうしようもありません。

やり方がわからない人自分で落ちこぼれだと決め付けている人
ココは、優秀な教師の出番です。ある程度の知能があって、怠け者でなければ、何とかなります。多少、デキが悪くても、努力でカバーできます。
今まで何人も再生?してきました。半年一年たつうちに、見違えるようにできるようになります。ただ、塾や学校の訳のわからない授業で、嫌になってしまって、一所懸命やっているのに、成績が伸びない人、この人たちのために家庭教師はいると思います。勿論、レベルに合わせて、目標を設定することも必要ですが。



2009年05月17日 03時01分05秒

医学部受験異聞

医学部合格法
そんなものがあるわけありません。医学部は、国立公立を除くと、授業料が年間1000万もかかるために、6年間で、6000万円もかかります。したがって、普通のご家庭では、まかないきれません。後の年収を考えると、6000万円かかっても、何年かで、元は取れるので、ご家庭が、医者のご家庭とかは、6000万円でも、惜しいとは思いませんが、普通の家庭で、医者になろうとすれば、国公立しかありません。自治医大は私立なのですが、授業料も安いし、奨学金も充実していて、防衛医大は、確か給料もらえるはずですが、両校とも、確か卒業後、ノルマがあるみたいです。
国公立は、どこも、東大理系並みの難関になっていますが、普通の授業料で、医者になれるわけですから、当然かもしれません。
医学部は、一種独特のマーケットになっていて、部外者からは?な世界ですが、僕も何人か、医学部受験に付き合いました。
なんだか、変わった世界で、野田クルゼとか言う医学部専門の予備校もあり、河合や代ゼミにも、医学部コースがあります。医学部専門の家庭教師もいたりします。僕の行ったうちも、家庭教師が、僕以外に7人もいたとか、2浪3浪当たり前、5浪7浪もざら、ということです。
入試問題を見ましたが、小論文以外そんなに、普通の、理系と変わっていないので、普通に、やればいいと思いますが、受験産業は、それでは、商売にならないので、あおっているように思います。志望者が、医者のご子息がおおくて、医者がお金持ちであるので、かなりな、投資をされるということで、マーケットが加熱しているという風に思います。
私立だと、英数理科小論文で、国立は、全く他の理系と、変わらない準備だと思いますので、普通の準備をされていいと思いますが、まあ、「なぜ医師になりたいか」、以下小論文だけは、きちんとやったほうがいいのかもわかりません。



2009年05月15日 02時14分33秒

英語感嘆文の考え方・...

文法で、いやおうなくやらされる、感嘆文、僕は、嫌で嫌で、しょうがありませんでした。中学英語でつまずいて、それっきり、パターン化して、whatとhowの違いもわかりませんでした。
こう考えるとドウでしょうか?
あの子はとても可愛い。

She is very pretty^\^
この、veryを強調のhowにかえると
She is how prettyとなります。
ところが、howは目立ちたがりで、前に行きたがり
How pretty she is!となります。


名詞でやると、
She is a pretty girl.
となりますが,名詞を強調して、
She is such a pretty girl.
となりますが、さらに強調して、
She is what a pretty girlとなりますが、
whatも目立ちたがり屋でMあややクラスですか?あややファンすみません.
What a pretty girl she is!
What a pretty girl Ayaya is!
となります。
いかがでしょうか?蛇足つきでした^¥^2009.5.12記す。



2009年05月13日 02時01分25秒

英語・・・疑問文疑問...

「アナタは、何がほしいですか?」これを英語でなんと言いますか?
What do you want?
ですよね。学校では、こう習ったはずです。でも僕はこう教えます。このほうが、論理的なので、
You want a book.あなたは、本がほしい。
この a bookの部分を、whatに変えます。
You want  what.
ところが、英語では、疑問詞whatは、前に出るので、
What you want.となりますが、疑問文にはdoがつくので、
What do you want?となります。

また、「あなたは、本が何冊ほしいですか?」を解説すると、
まず、あなたは、3冊本がほしいといってみます。
You want three books.ですね。
ココに、何冊の部分にhow manyをいれてみると
You want how many books.となりますが、
英語では、疑問詞how manyは、前に出るので、
How many books you want?
となりますが疑問文には、do がつくので、 
How many books do you want? となります。
僕は英語が苦手で、疑問詞は、さっぱりわからなかったので、理屈で考えました。
参考にしていただければ、幸いです。



2009年05月13日 01時41分58秒

受験で一番大切なこと

受験で一番大切なことは、ナンだと思いますか?
いい塾を探すこと?いい参考書と出会うこと?いい先生に出会うこと。いいライバルと競争すること。
・・・いろいろありますが、一番大切なことは、リズムに乗ることです。
いくら、急激に偏差値が伸びても、パンパンにやっていては、いつか、息切れして、倒れてしまいます。何となく、しっくり行っていなければ、生活全体を見直してみましょう。おなじリズムで3ヶ月やって、ダメなら、それはまちがっているかもしれません。これでいいはずだとか考えても、6ヶ月やってもだめなら、見直しましょう。
別に、人それぞれなので、朝型でも、夜型でも構いません。夜の睡眠が少なくて、昼寝して、調子が出るなら、それでも結構です。
まず、生活のリズムを決めましょう。出来れば、毎日同じほうがいいです。塾にいってる人は、塾のある日と、ない日の、スケジュールを別々に、作りましょう。塾だけでうまくいっていればいいですが、うまくいっていない場合は、落ち着いて、自分を見つめなおす時間・・・自分で考える時間、自分で、理解する時間を持ちましょう。
テキストに追われ、塾に追われ、朝は漢字と計算、夜は、遅くまで、予習復習では、燃え尽きてしまいます。
そして生活とともに、何に重点を置くか決めましょう。いろいろとやり方はありますが、一番いいのは、これだけは、削れないというものを考えたほうがいいと思います。それ一本に絞れば、複雑に考えずにすみます。いろいろ、バリエーションを考えるのは、これだけは、なくせないというものをしっかり確立してからでいいと思います。
家庭教師の役目は、いろいろありますが、生徒にリズムを作ってもらうことだと考えています。
一人でそれが出来る人はいいですが、なかなか大変なことです。
筋肉トレーニングと一緒で、いつのまにかマンネリになっていて、成果が上がらないということもありますし。
あのマイケルジョーダンでさえ、いろんなコーチについていました。ヌレーエフという、有名なバレエダンサーも、コーチにあれこれ言われているのを、ビデオで見たことがあります。「左のバランスが悪い」とか。関係ないかもしれませんが、マラソンのキューちゃんも、小出監督からはなれてから、調子が悪いような気がしました。素人考えですが。小出監督だけが、何人も、オリンピック選手を育てるのは、それなりに訳があると思いました。素人考えですが。
自分を見つめること。自分を認識することが、最も難しいことなのかもしれません



2009年05月12日 02時22分25秒

苦手な人のための数学...

まず教科書をやりましょう。教科書は、東京書籍が、ベイシックでいいです。スウケンは、難しいので、避けましょう。受験校に限って、スウケンの教科書を使いますが、?です。スウケンは、問題集は本当にすばらしいのに、何で、こんなに教科書がしょぼいのかわかりません。英語で、受験校は、プログレスとか使いますが、あれも謎です^¥^基礎が大事だと思いますが。かなり、わかってきた人には、例えば、英語の先生なら、プログレスもいいと思いますけど、普通の高校生には、負担が大きいと思います。
教科書を充分やって、基礎が身についたら、問題集に進みます。
教科書の例題とかは、とてもコンパクトで、数学のエキスがぎっしりです。
やたらと、分厚い参考書は、やる気がなくなってしまいますし、ポイントがぼけます。苦手な人は避けるべきでしょう。
問題集は、逆にスウケンがすばらしいです。あと最近、正高社のものがすばらしいです。正高社のものは、解答が、親切で、助かります。スウケンは、「解答略」が多いので^¥^困ります。数学の問題集の選び方は、解答がしっかりしていることです。正高社は、青山学院高等部で使っていて、そこの生徒の家庭教師しているときに出会いました。もともと、看護医療系の、数学の、問題集だったのですが、数学の苦手な、看護学校の生徒の入試を扱っているうちに、すばらしい問題集になったもようです。^¥^
数学得意な人には、やや物足りないかもしれません。
さて、問題集一冊決めたら、やっぱり、3回そして6回やりましょう、だんだん出来るようになります。
そしてこのあとは、Z会に入りましょう。そして頭を絞ってください。
僕は苦手なので、毎回の問題をストックしといて、何度もやりました。大事なことは、その問題は、何を使っているのか「認識」することです。大抵は、実数解の条件とか使うのですが、難しく思える問題も、3つくらいの、パターンの集積です。ドンナ問題も、そうなっています、そうではないひらめきの問題は誰も出来ないので、捨てましょう。解答見れば、納得しますが、とても試験場で思いつくとは思えません。
逆に、微分とか、フェボナッチ数列のように決まったパターンしかないものは、楽です。一番難しいのは、整数かなあ。確率は、地道に数えるので好きでした。数学者の岡潔が行っていますが、数学は、本当は、農業に近いそうです。公式で、華麗に解くのが数学と思っている人も多いと思いますが、どうなんでしょうねえ。健闘を祈ります。得意な人は、趣味で、大学への数学とかやってください。この項は、苦手な人のためのものでした^¥^



2009年05月11日 04時32分49秒

基礎からの生物超勉強法

僕は生物も独学です。あ、遺伝だけは、高校の近藤先生に教えてもらいました。僕の高校には、生物の先生は、お二人いらしゃって、近藤先生のほかに、「岡村はた」という名物先生がいました。博士論文書いて、新聞に載るような先生ですが、偉すぎて、凡人の僕には、さっぱりわかりませんでした。夏休みの宿題が、近所のつつじの花を100個写生すると言うもので、未だになぞです。何の意味があったのか。受験でひーひー言っているのに、こんなことして何になるのか?伝統校には、こういう先生が一杯いるので、考え物です。
近藤先生は、充分に、自分の立場を良くわきまえておられて、今考えてみれば、同僚が、世間的に注目されているのは、決して愉快ではなかったでしょうが、その反発で、遺伝は、ビッチリ、教えてくださいました。数学の森田先生、もペダンチックな教え方で、授業中は、華麗な説明にうっとりするのですが、家に帰ってみると、さっぱりわからなくてなきそうでした。役人っぽくで、真面目を絵に描いたような布川先生の授業のほうが役に立ちました。今でも、数学の基本は、教科書だと思っています。布川先生はおっしゃいました。「きちんと教科書やりなさい。やるかやらないかが勝負だ。」けだし、至言です。
さて、生物です。これもスウケン出版の問題集をお薦めします。
「スタンダード」が良かったのに、今は、ないので、「生物重要問題集??」で代用します。毎日、4ページくらいやってください。一ヶ月で、1回回ってきます。回ってこなければ、6ページ。つまり、総ページ数ワル30日が、一日のノルマです。
これも、3回やればわかってきて、6回やれば、偏差値60は超えると思います。遺伝だけは、頭使うので、苦戦するかもしれませんが、あとは、暗記です。今でも、医学の話を聞くときは、この生物の勉強が役に立っています。
でも、流石に、ウニの卵割とかは、いつまでたっても、面倒ですね。あと、遺伝の、染色体の何パーセントかだけ、ねじれるってやつも、厄介ですね。
スウケンの問題集は、解答が親切なので、安心してください。
関係ありませんが、大学時代馬術部で、神戸大学なので、かつての、「チャート式化学」の小林正光先生が、神戸大学の先生で、馬術部に、植物の肥料を取りに来られていて、感無量でした。別に、チャート式におせわになったことはないのですが^¥^肥料って、ボロのことです、ハイ、馬術部用語で、バフンです^¥^以上です。



2009年05月11日 01時29分03秒

塾のクラスが上がった...

塾のクラスが上に上がったからといって、いいことばかりではありません。時には、ペースを乱して、逆効果ということもあります。そんなときは、しっかりした家庭教師がサポートしてあげなければ、生徒は、自信を失って、クラスも落ちて、さらにクラスが上がる前よりも成績が落ちたりすることもあります。
これは、かなり、繊細で微妙な問題です。自分の子供さんが、そういうことになった場合、落ち着いて、以下の文章を読んで落ち着いて、対処してください。
一昨年の、今頃のことでした。日能研でW2に、W1から、上がった男子5年生から泣き?が入りました。かれは、はじめてのW2で焦っている模様です。W1のときは、授業で基本だけやって、発展、そして、あせって、練成やってましたが、彼の先生は、説明がいまいちで、基本問題の説明もよくわかんなくて、僕がほとんど?全部教えていました。W2の先生もW1と同じ先生なので、彼にわかるわけはありません。おそらく、他のW2の生徒もわかってなくて、家で、泣く泣く家庭教師に教わっていると思います。そんなにみんなスコスコわかるんなら、すでにGに行っています。W2に上がれる男子が、W1の授業がわかんないなら、W1の生徒は、誰もわかっていないはずです。僕の生徒には、練成に惑わされることなく基本問題をくり返すように指示しました。それで充分、カリテでは120点取れるときは取れるし、難関校以外の受験は充分だと思います。基礎がないなら、なおさら、基本問題に取り組むべきです。そのうちに、練成も出来るようになってきます。僕の生徒は、基礎がまだいまいちで、今、基礎を形成中です。基礎さえ出来れば、練成も段々手が出るようになります. 一番やってはいけないことは、自分の実力のはるか上の問題に手を出して、半泣きになることです。基本さえ抑えていけば、いつか、応用問題にも、手が出るようになります。そのためには、どうすればよいかというと、基本問題を繰り返すことです。
明日は、センター試験ですが、あおられることなく、出来る問題をやってください。日能研のセンター試験は、難関校仕様で、ごく一部の生徒しか出来ません。出来ないからといって焦る必要はありません。出来れば、目標の中学の過去問も、見てみてください。そんなに難しい問題ばかりではありません。受験の肝心なことは、皆ができる問題を落とさないことです。「ああ、僕はできない」と絶望することなく、地道に、信じた方法を貫き通してください。いつか、華は開くと思います



2009年05月10日 04時51分15秒

偏差値0からの化学超勉...

僕は、化学は、浪人してからの、勉強だったので、泣きながらでした。全くの独学なのでしかただありません。モル数がわかるまで、随分かかりました。モル数が理解できると、科学は半分くらいすんだと思いましたが、意外と、暗記が多くてびっくりしました。暗記力はいいので、それは、そんなに苦になりませんでした。
理科と数学は、スウケン出版がすぐれているので、スウケンの問題集をやりましょう。一日4ページずつやっていけば、大体一ヶ月で、一冊終わります。スウケンの「スタンダード」とかいい問題集でしたが、歴代のスウケンのいい問題集も、絶版が多くて、大変です。いい問題集、参考書は、いつまでたっても、色あせないので、なくならないでほしいですが、世の中の流れで仕方がありません。
現在であれば、化学記玉簑蟒犬、一番いいかな。黄色とグリーンとかの、派手な色ずかいです。たまにスウケンもはずすので、気をつけてください。
他の教科と同じように、まず3回、そして6回やってください。3回やれば、偏差値60は見えていると思います。あと、僕は文系なので、有機化学はホトンドやっていませんが、あとは、暗記だと理解しています。理系の方に関しては、なんともいえませんが、多分、他の問題集を選んで、2冊くらいきっちりやるべきなのだと思います。
化学も、苦手でも、毎日見てると段々愛着もわき、好きになっていくと思います。
ただ、問題集間違えると、効果が少なくなるので、選び方だけは、気をつけてください。
あと、モル計算とか、ややこしい計算も、多いですが、有効数字の取り方なども、「なれ」だと思います。あまりにも細かい計算してもしょうがないので、
ある程度、慣れたら、下2桁の切り方なども工夫してください。
これも、勉強です。



2009年05月08日 19時30分27秒

日本史選びますか?毒...

日本史。大河ドラマでもやってるし、新撰組とかいろいろと、触れる機会が多いので、私立文系の諸君とかは、ついつい世界史よりも日本史を選択する人が多いと思いますが、実際は、明らかに、世界史の問題のほうが、やさしいので、日本史を取ることはお薦めしませんが、興味のないことは、人間できませんから、あえて、茨の道を行くというなら、止めません。後でわかったことですが、同じように勉強していても、世界史のほうが、偏差値は高くなるモンです。世界史は範囲が広いようで、実は、出る問題は、限られています。僕は、共通一次世代で、要領が悪いので、日本史と世界史というひどい選択をしてしまいました。社会2科目の場合、一科目は、倫理とかで、お茶を濁すべきです。倫理なんて、勉強しないでも、50点は取れます。本とですよ。日本史と世界史とってて得するのは、お互いにリンクしてるからですが、特に近代になると、助かりますが、その、メリットを考えても、日本史世界史選択は賢いとはいえません。さて、日本史ですね。

勉強法を伝授します。深刻にならないでも、一日一時間程度で、なんとかなりましたよ。今まで家庭教師していて、以下のやり方で、生徒達は続々一流大学に合格しているので、安心して、やってください。
最も大事なことは、教科書を覚えることです。ただ、単に覚えることは、難しいので、問題集を使って覚えましょう。教科書は、山川出版社をお薦めします。問題集は「センター試験への道」をお薦めします。毎日何ページか決めて、一ヶ月で、1回出来るようにします。知らない言葉があれば、教科書で調べます。全部調べていると、いつまでたってもノルマは終わらないので、適当にしておきます。一回目は、トニカク、前進あるのみ。2回目3回目とやるとどんどん余裕がでてくるので、段々勉強も深まってきます。6回すむコロには、偏差値は、60を超えてきます。
一度このやり方で、生徒が順調に伸びて行ったのに、急に3年生の6月から、伸びなくなって調べてみたところ、生徒は、問題集やるだけで、教科書を、調べてないことがわかりました。
基本的には、「センター試験への道」だけで充分です。私立の上智早稲田慶応など、ややこしい問題のところは、モウ一冊か2冊同じやり方で、やってください。ああ、日本史は資料問題がありましたね。これは一冊資料問題集を買ってやってください。日本史は、相当細かくなるので、早稲田とか涙がでるほど難しいですが、細かく事実を確認していくしかありません。記憶力の勝負で、本当の日本史とは、その時代その時代に人々が、ドンナ思いで生きていたかを知ることが、日本史の勉強だと思いますが、競争試験になると、クイズ王決定戦にならざるを得ません。こんなことで、選別して意味があるのかなあと思います。中国の科挙みたいです。出来れば、思考力の勝負にしないと、国が滅びます?
あ、年号は、マメに覚えてください。何世紀か聞かれて、年号知ってれば、すぐに出来ます。
あと、東大や一橋の二次試験は、論述がありますが、それは、河合かZ会か山川の問題集をやった後に、Z会の論述のコースを取ってください。

超勉強法などといって、あおりましたが、学問に、近道はありません。地道に問題集を解いて、問題意識を持って、勉強に取り組むことです。これは、世界史であれ、日本史であれ、数学であれ、同じことだとおもっています。



2009年05月08日 03時28分01秒

古文超勉強法

古文は、英語みたいなもんだと思ってください。古文苦手な人は、母国語だと思うから、鬱陶しいんです。英語だと思えば、仕方がないと思えます。その上、英語よりは楽です、日本語と、文法は一緒ですから。結構古文の文法を、学校でやりますが、あれも、古文をキライにする装置で、アレじゃあ、皆嫌になってしまいます。気楽に考えましょう!受験で、助動詞の活用とかホトンド聞かれたことはありませんし、それは捨てましょう、たった、2,3点のために、活用法覚えるのは、無意味です。せいぜい、係り結びくらいです。あとな「な・・・そ」「え・・・ず」くらいかなあ。
ここからは、実際の勉強法です。家庭教師やっててこれで大体オッケイでした。みんな、敷居が高くて、うんざりしていますが、やってみると、大したことはありません。物理は見た目も中身もたいへんですが^¥^高校受験でも古文が出たりしますが、やり方は一緒です。
古文は、質より量です。たくさん読みましょう。読むために、簡単な問題集かって、何となくやっていきましょう。一日イチダイやれば、早ければ、3週間で、大体できるようになります。本とです。遅くとも、理系の人でも、3ヶ月でできるようになります。一日イチダイがきつければ、一週間に3題くらいでもいいです。「なれ」なので、よんでれば、大体ストーリーはとれるようになります。ストーリー取れれば、点数は出ます。ほかの人も、大して、シンケンにやってないので、差はでません。本格的にやりたい人には、全訳をおすすめします。これは、国立の難関校向けのアドバイスです。
そしてあと大事なことをひとつ。慣れるまでは、「今昔物語」、「古今著モン集」等の、説話みたいな、ストーリーのしっかりしたものをやりましょう。内容も面白いですし、ためにもなります。「つれずれ草」も面白いです。
女流の日記はやめましょう、そして、「源氏物語」も避けましょう。「枕草子」も鬼門です。世界に誇る文学とか言いますが、僕にはさっぱり、わかりません。皆さん、面白いですか?本当に。
話はそれますが、シェークスピアもよく僕にはわかりません。「真夏の世の夢」とか、どこが面白いのか説明してほしいくらいです。マア、好みのもんだいなので、嗜好品みたいなモンで、大きなお世話です、すみません。
ただ、枕草子や源氏物語のせいで、古文が嫌いになっている人は多いと思います。そのせいで、きっとポケモンや、ハリーポッターと同じくらい面白い、と僕には思える、今昔物語とか、知らないというのは残念だと思うのです。
簡単なものをたくさんよんでれば、どんどんわかるようになります、本とです^¥^英語と違って、単語はホトンド推測できますので、英語より楽です。問題集には、全訳もついているので、わかんなくなったら、それをたよりに、読んでみましょう。どうしてもわかんないのは、流してください。「流す」のも、受験の重要なテクニックです。「おおらかに考える」そのうちできるようになります。
あと、古文単語は覚えたい人は覚えてください。ホトンド、覚えなくても、量やれば、大体わかりますし、他の教科が手一杯で、古文単語やる暇はないと思います。出来る人は、よほど、順調なわけですから、覚えるにこしたことはないと思います。余裕があれば、文法もやったほうがいいですが、まずは、堅く考えないで、やさしいものを大量に読むことからはじめましょう。これが、コツだと思います



2009年05月07日 14時04分29秒

国語超勉強法

今回は、現代国語に絞ってご説明します。
「いろんな人がいるから、解答は、人それぞれ、正解はない」などという暴論を吐いて平気な人がいますが、真面目に国語を勉強したことのない人の、発言で、腹は立ちますが、否定しても、国語の場合、言い訳されるだけで、黙っていますが、寅さんではありませんが、「それをいっちゃあおしまいよ」です。
国語の原則は、「心を無にして、相手の言い分を聞く」ただそれだけですが、訓練が必要です。それなりの私立大学なら、客観テストの問題集を何冊か解けば、何とかなりますが、東大京大一橋では、それでは、無理です。
読書量は、多いほうがいいですが、全く少年ジャンプしか読まなくても、何とかなります。
ただ、トップになるには、気の狂うような地道な勉強が待っています。
問題文があれば、センテンスバイセンテンスで、作者の言いたいことを「自分の言葉で」説明していきます。最初から最後まで。これが、国語の、差う集平気です。長年家庭教師やってますが、やらせたことはありません。そこに行くまでに、他の教科で手一杯で、国語の家庭教師まではいけません。
一人だけいきましたが、本人が嫌がったので、やりませんでした。やらなくても、合格しました。他の教科は完璧でしたから。またやらなくても、そこそこは出来てました。
自分でも、それを自分に課した時は、辛かったですが、国語に関しては、誰にも負けないと思いました。
皆さんも頑張っ下さい。これが、最終兵器です。
ああ、あと、現代の、インテリたちの、社会観世界観も、問題をやりながら、獲得していってください。「都市と農村」「文明と自然」「体と魂」など、一線の、評論家達の考え方は、大体、にていて、それを知っておくと、理解が早いです。勿論、先入観は、禁物ですが。
以前東大セミナーという塾で、小論文を教えていたとき、オウインに行った女子が、まだっ小学6年生なのに、僕の課題を完璧にこなしていました。受験のプロ?はこんなにすごいんだなあと思いました。「自分と国語力かわらんヤン、教えることないよ」
デモ、そんな人はまれです。地道にやっていきましょう



2009年05月07日 01時48分26秒

世界史超勉強法

僕は、共通一次(死語ですか?^¥^)が始まった年を挟んで、浪人したので、世界史も化学も、受験に不必要だったのが、浪人してから、世界史も化学も全く独学でした。世界史は、偏差値80全国一位を誇っていたので、その勉強法を伝授します。深刻にならないでも、一日一時間程度で、なんとかなりましたよ。今まで家庭教師していて、以下のやり方で、生徒達は続々一流大学に合格しているので、安心して、やってください。
最も大事なことは、教科書を覚えることです。ただ、単に覚えることは、難しいので、問題集を使って覚えましょう。教科書は、山川出版社をお薦めします。問題集は「センター試験への道」をお薦めします。毎日何ページか決めて、一ヶ月で、1回出来るようにします。知らない言葉があれば、教科書で調べます。全部調べていると、いつまでたってもノルマは終わらないので、適当にしておきます。一回目は、トニカク、前進あるのみ。2回目3回目とやるとどんどん余裕がでてくるので、段々勉強も深まってきます。6回すむコロには、偏差値は、60を超えてきます。
一度このやり方で、生徒が順調に伸びて行ったのに、急に3年生の6月から、伸びなくなって調べてみたところ、生徒は、問題集やるだけで、教科書を、調べてないことがわかりました。
ある程度行けば、自分で、経済史をまとめるとか、中国でたてにやってみるとかいろいろ出来ますが、自分で無理な人は、そういう、分野別国別の問題集を買ってやってください。基本的には、「センター試験への道」だけで充分です。私立の上智早稲田慶応など、ややこしい問題のところは、モウ一冊か2冊同じやり方で、やってください。
あ、年号は、マメに覚えてください。何世紀か聞かれて、年号知ってれば、すぐに出来ます。
そういえば、僕がセンター試験に当たる、共通一次受けたときの世界史の問題は、ロシア革命を3期に分けて、各事件が、3期のどれに当たるか、問うというひどい問題で、偏差値70落ちたことのない僕が、60点しか取れず、むっとしました。その年の世界史受験者以外だれもしりませんが、ひどい話です。今でも、僕は、文部省に怒っています。
あと、東大や一橋の二次試験は、論述がありますが、それは、河合かZ会か山川の問題集をやった後に、Z会の論述のコースを取ってください。

超勉強法などといって、あおりましたが、学問に、近道はありません。地道に問題集を解いて、問題意識を持って、勉強に取り組むことです。これは、世界史であれ、日本史であれ、数学であれ、同じことです。



2009年05月07日 01時38分17秒

夏期講習って本当に必...

もうすぐ、夏期講習ですね。チト早い気がしますが、塾によっては、6月くらいにことわらないと、口座から引き落とされるので、今話しておきます。
夏期講習に放り込めば、学力が本当に上がるのでしょうか?今6年生のかたならば、5年生4年生でも、塾に勧められるまま夏期講習に行ったはずです。学力は伸びましたか?伸びていないのであれば、原因を考えて見ましょう。効果があったかたは、行くべきだと思いますが、経験的に、効果のあった人は少ない気がします。
夏期講習になると、朝から晩まで、塾に、カンズメデス。一方的な授業を聞いて、帰ってくれば、塾の夏期講習の宿題をやって、あとは寝るだけです。親としては、行っているから、力は付いていっていると思います。でも、本当についているでしょうか?毎日、新しい問題をやって、大抵の先生は、あまり説明が上手だとは思えません。普段の先生が、違う授業をやっているだけです。いつもと同じで、教材が変わっただけです。そして、教材が変われば、折角一学期やってきたテキストの復習をする暇がありません。いつやりますか?ありません。1回しかやらなければ、それで、マスターできる人なんて、ほとんどいません。そして、夏期講習がおわれば、また2学期の教材が待っています。では、夏期講習の復習はいつやりますか・・・というより、4年5年の夏期講習の復習はやりましたか?やっていないはずです。人間同じことをなんどもやるから、覚えるわけです。それが脳のしわです。神経のシナプスだと思います。繰り返し刺激するから、シナプスがつながって、見た瞬間に「ああ、ああやればいい」と思うわけです。人間は、忘れる動物です。苦しいこと、悲しいこと、いつか時間のお蔭で、忘れていきます。勉強だけ忘れなければいいと思いますが、そう都合よく行きません。ダカラ、忘れないために何度も繰り返すわけです。夏期講習に行くより、一学期の復習をすることをお薦めします。ただ、自分で管理できない生徒は、塾に行くか誰かに管理してもらうしかありません。ただ、塾の教室で、受動的に聞いていても、脳は全く活動しません。そこでも効率よく吸収できる人は、どんどん今までの学習で効果を上げている人で、この文章を読む必要はないと思います



2009年05月06日 22時24分17秒  /  トラックバック( 0 )

中学受験必須「比」と...

例えば、こんな問題があるとします。
「3.6メートルで、8.8キログラムの、鋼材があります。
?1メートル当たり、何キログラムですか?
?8メートルだと、何キログラムになりますか?」
さて、お父さんお母さんは、どのように教えますか?

?普通には8.8÷3.6ですね。でもこれでは、大抵のお子さんは、わかりません。「比」については、基準となる数=全体で、部分をわりますが、実際人間は、小数や分数の、割り算掛け算は出来ません。
親や先生が出来るのは、自分が出来なかった昔を忘れて、出来るようになった考え方を押し付けているだけです。
人間は、自然数の掛け算割り算しか実感出来ません。
さらにいうと、分子を分母で割って、自然数になるものしか、認識できません。
なんだかわかったつもりになっているのは、習慣的に理解しているつもりになっているだけです。
では、どうすれば、ドンナ子供でもわかる教え方が出来るのでしょうか?
僕は、自然数÷自然数=割り切れた自然数
という別の問題を作って、それをヒントに出来るようにしています。
例えば、8キログラム割る2メートルでアレば、1メートルあたり、4キログラムとなります。
そしてどっちをどっちで割るか、について、比較して、倣ってやれば本来の問題が出来ると思います。
混乱してくると、8割る2、2割る8だったかわからなくなってきます。
そうなったときは、基準がドウとか話さないで、自然数同士の類似の問題を自分で作ってそれの連想でやれば、段々わかってきます



2009年05月06日 22時10分17秒

日能研活用法

では実際に、日能研の本科教室を例に、毎日の使い方をご紹介しましょう。
現在、6年生を指導中なので、リアルタイムで、お話できると思います。まずは算数です。
現在は、食塩水が終わって、第9回ですね。仕入れ値のところが終わったところだと思います^¥^全部で、確か20回ですね。これは、モウ一度確認しておきます。基本問題で、大体、5問ありますから、全部で、本科教室で100問ということになります。現在は、第9回あたりなので、カリテがつずいている途中では、カリテが中心となりますが、カリテが終わって、次の課題に入る前、皆さんは何をしておられますか?僕は、第9回までの復習をしておけばいいと思います。全部で、約100問。これですべての、中学受験のパターンは出尽くしていると思います。まず、これを制覇していきましょう。まずは、3回、そして6回。そうすれば、センターになっても、大体対応できると思います。コツは、ほかは考えないこと。計算も、センターの準備も、なんてやっていると、バラケテ、何をしているかわからなくなってしまいます。僕がお話しているのは、成績が伸び悩んでいる子で、今順調に行っている人は、そのまま続けてください。勉強方法は、ひとつではありません。集中する人は、一日算数だけという人もいると思います。僕がお薦めしているのは、ドンナ人がやっても、必ず、結果の出るやり方です。もし今結果が出ていない人は、もう一度立ち止まって考えて見ましょう。塾の言うとおりつずけてきて、成績は上がっていますか?上がっていないなら、その原因はなんでしょうか?
もし、志望校に落ちても、誰も同情してくれません。アナタが、成績が上がって、一番喜んでくれる人は誰ですか?
あれもこれも、と手を広げるかわりに、何かに絞りましょう。「これだけ」と決めると気分的にも随分楽になります。



2009年05月06日 21時58分02秒

中学受験必勝法

中学受験とはいえ、大学受験、高校受験と、さして変わることはありません。
コツは、同じことを繰り返すことです。
具体的に言うと、問題集を各教科1冊決めて、それを繰り返すしかありません。最低3回繰り返してください。出来れば、6回繰り返してください。3回やれば、大体雰囲気が出てきます。そして、6回やれば、実力は確実についてくることが、実感できます。別々の問題集を、3回ずつやるより、同じものを、6回やるほうがいいです。
子供が塾に通っているお母さんは、日能研サピ四谷大塚それぞれ、テキストが違いますが、同じことです。テキストを一冊決めて、それを、本拠地として、それを繰り返すことです。日能研であれば、6年生の1学期目の本科をお薦めします。サピはテキストの管理が大変で、どこからどこまで繰り返すのか、判断に苦しむところですが、決めてやるしかないでしょう。
テキスト自体は、各塾、さほど違いはありません。ただ、理科の天体と電流に関しては、きちんと説明していないものが多いし、他の参考書を見ても同じです。
さて、繰り返すときのコツですが、最初の1回当たりは、あまりわからなくても、流して進むことです。1回やれば、達成感もあり、やる気が出てきます。
いつかわかると思って、どんどん繰り返す回数を増やしてください。
そして、出来れば、一ヶ月で1回繰り返せるようにしてください。1年で、12回繰り返せます。完全にマスターすれば、また別のものを、繰り返しますが、なかなか一冊仕上げて受験本番に臨んだ人は、見たことはありません。
受験前に仕上がった人は、確実に模試で結果が出ていると思います



2009年05月06日 21時55分38秒

前へ |