中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2010-09

アエラウィッズキッズ...

アエラウィッズキッズ」の秋号に掲載されました。

掲載されたといっても、プロ家庭教師の覆面座談会で、名前も仮名です。
発言も、すべてが自分で言った訳ではなく、
ほかの人の発言も微妙に入っており、
僕が発言したことも、ほかの人が、言っている場合もあります。
したがって、誰が誰やらわかりませんし、
全く発言と違う内容になっていることもあります。

少し嫌だったのは、自分の、分身の仮名の人物が
けっこうなおっさんの、典型的なオッサンの、絵柄になっていたことでした。
名前は、結構気に入っていますが^¥^

ソコに集まったのは3人のプロ家庭教師でした。
家庭教師どおしが、普通、話し合うこともないので、どんな話になるのか
楽しみでしたが、イザ、話し始めると、
それぞれの体験もありますが、
おおよそ、大体の感覚は共有できるもので、
皆さん、それなりに苦労しているのだなあと思いました。

いつも、他の家庭教師は、トラぶった場合とかそんなに、いつもいつもうまく行くわけではありません。
プロとはいえ、神様でも、魔術師でもありませから。
誠意を持って一つ一つかたずけていくしかありません。

みんな言いませんでしたが、困ったことも多いはずです。
一応校正の原稿が来て、
やはり話は面白くても、
少し守秘義務にかかわるようなことは、カットしていただきました。

ですから出来上がりは、なんということのない無難なものになっています。
その分面白くなくなっているかもしれません。


まあ、読者の方に、裏の想像をしていただくしかないかも知れません。

まあ、いつも驚くのは、一冊お勉強ネタで、一冊雑誌を作ってしまう、
アエラウィズキッズです。
受験の神様が、とか言うフレーズも多いですが、
「こつ」とか「わざ」
とか、いかにも、これだけでみたいなフリがおおいですが、

本当は、勉強にそんな、近道はなく、地道にやらなければならないことばかりです。
「学問に王道なし」です。
家庭教師が出来ることは、できるだけ、王道に近くて、苦しくてもためになることを教えてあげて、
正しく生徒さんたちを導いていくということでしょうか?

お父さんお母さんには、そのサポートをお願いしたいと思っています。



2010年09月28日 02時19分48秒

桜蔭の算数の問題

桜蔭の算数の最近の問題を見ました。
男子の御三家は、かなり、きつい感じがしますが、桜蔭の算数は、それなりの問題で、算数が苦手な女子でも何とかなりそうな気がします。
短い時間のなかで、きっちり、正解まで行くのは大変かもしれませんが、
最初のほうは、点数が取れそうな問題が並んでいて、
桜蔭は、合格最低点を、公表していませんが、
やり方によっては、60点いけそうな気がします。
60点取れれば何とかなると思います。

問題自体は、日能研のテキストそのままという感じです。
というより、日能研の本科などは、この、桜蔭の問題をターゲットにしてっるような気さえします。


四谷大塚の、予習シリーズよりは、日能研のテキストのほうが、
桜蔭の問題にはいいような気がします。

したがって、桜蔭を目標にしている方は、算数に関しては、
日能研のテキストを、繰り返し、練習することをお薦めします。

多分、一学期の?と、?のテキストとを、繰り返し、最低3回、できれば6回、得意な人は、どうやっても構わないと思います。
桜蔭を受ける方で、算数が得意であれば、ご自分の好きなように勉強すればいいと思います。

ただ、不得意な方は、テキストで、パターン練習すれば、ここの問題であれば、何とか、60点は取れると思います。

算数が苦手であれば、国語、社会は得意なはず?ですから、そちらで、挽回しましょう。



2010年09月27日 00時47分08秒

前へ |