中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2010-10

もうすぐ本番中学受験

お元気ですか?
とうとう10月になってしまいました。
成績は、順調に伸びていますか?

そろそろ、塾の魔法が解けている頃です。

一杯コースとっていれば、
頑張っていれば、必ず成績は上がるといわれて、
いつか、いつか、と思って、
やってきましたが、この時期まで、成績は上がりません。

もう、上昇カーブで、本番に突入するはずが、
塾に入った頃と大して変わっていません。
なぜでしょうか?

子供は、真面目に塾に通っているし、先生の言うことも聞いて、宿題もやっているし、たまには、ゲームも、目を盗んでやっているようだけど、
傍目にも、涙ぐましい、努力しているはずが、
いつまでも報われなくて、親としては、何とかしてやりたい。
と思うのが、親の常です。

塾の系列の、個別指導、もしくは、大手の個別指導塾も行っています。



この時期は、もう、やることを、減らして、まとめに入る時期です。

塾は、テキストを変えて、受験まで塾に来てもらいたいので、
テキストを変えていきます。

これは、勉強の法則に反しています。
同じものを繰り返しやることが、受験のコツです。

今日沢松以来の高校生のプロのテニスプレーヤーの特集をやっていましたが、
コツは基本練習の繰り返しだったそうです。
ベースラインぎりぎりに、ボールをコントロールすること。
それは、ナダルでも打てない球なのです。

4年生から、塾に通ってきましたが、4年生の夏期講習の問題、今解けますか?
今年の夏期講習のテキスト、完全にとけますか?
一学期のテキスト、完全にとけますか?

解けないものが積み重なっていっても、しんどいだけです。
宿題とスケジュールに追われて、
やってるつもりになって、今のテキスト、やっても、また、冬期講習のときに、今のテキスト、解けないだけです。

早くこの連鎖をやめて、各教科一冊に絞って、
それにかけましょう。

人によりますが、塾をやめる選択も考えてください。
今塾でうまくいってるなら、そのまま、そのリズムで行きましょう。
そうでない方は、一冊に絞って、それにかけましょう。

それで充分かというと、それで充分です。
理科社会なんか、メモリーチェックだけで、大抵の学校は間に合います。

逆に、一冊マスターできなければ、2冊になったら、もっと、マスターできません。
子供は、量が多すぎて、不安になっていたら、思い切って
「これだけ」と決めて、繰り返しましょう。



2010年10月12日 04時34分26秒

前へ |