中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2011-03

作文、小論文・・・国...

大抵の男子は、作文が苦手です。
多分、こ難しいことを、かかねばならぬ、と思い込んでいるからでしょう。
作文の、真髄は、自分の本音を語るだけの話です。

これは、読解や、国語の勉強にも通じます。
筆者が、何を、考えているのか、自分の言葉でいい変えてみれば、
読解は完全になります。

もし、言い換えようとして言葉に詰まったら、それは、つまり、筆者の話を理解していないだけのことです。

「自分の言葉で、言い換えられた」とき、それが「読解が完了した」、ということで、多くの塾で教える、テクニックは、間違っています。
接続詞に注意しろとか、問題文を読む前に、問題を見ておけとか、

実際、読解が完了したら、出来ない設問なんかありません。

読解が中途半端で、解答していくと、かえって時間がかかるし、読解を誤ります。

大事なことは、ポイントを自分の言葉で、いえること。
だから、究極の勉強方法は、一文一文筆者の言いたいことを、
自分の言葉で置き換えていく作業で、これは、手間がかかりますが、
完璧になります。
英語や古文漢文の全訳も、手間がかかりますが、同じように、成果があがります。
訳せないとこは、理解していないところです。

自分の言葉で、言うということは、言い換えると、子供にでもわかるように説明するということです。
デンゼルワシントンの映画で、弁護士の彼が、法廷で、尋問するとき、そんなことを言ってました。
「子供でもわかるように」

頭がいいということは、難しいことを、手短に簡潔に平易な言葉で言いなおせるということです。
山本夏彦氏は。「どんなことでも、3行で説明できる」
とおっしゃっています。

今回、地震があって、原発が壊れて、専門家という人が、訳のわからない言葉で説明して、
こちらは、さっぱりわかりませんが、あれは、彼らが、頭が悪いせいか、もしくは、自分達が、原子力発電でたべているので、正直にいえないかのどちらかです。
「臨界」という言葉がありますが、なんか、臨海学校を想像して、僕の頭には、海のイメージしかありません。
「核爆発」といえばいいのに、けったいな言葉で訳がわかりません。


専門用語を使って、素人扱いするのは、自分達が、専門分野で、食っているので、素人でも出来ると思われたくないからです。
おおむね、大学の教授達はそうした人達で、易しい事をこ難しくいうのが、論文のようです。
法律家たちも、専門性で食っているので、「きゅうしゃくめい」とかいいます。
聞いてみたら、説明を求めるということらしいです。
「究釈明」というらしいです。
僕はこれを知らなくて、鼻先で笑われましたが、
こんなこと知っていたからといって自慢できるものではありません。
「説明してください」、と、相手に合わせていってあげるのが、教養というものだと思います。
相手に合わせられるというのは、能力が高いということです。
余裕があると言うことです。


難しいことを、子供にでも、きちんと、説明できる、
これは、そのことについて、深く理解して、深く考えていなければできないことです。


そして、肝心なことは、専門家と呼ばれる人たちが心配しないでも、長い修練がなければ身につきません。

筆者の言いたいことを、自分の言葉で語る、というのが、国語の極意ですが、なかなか、大変なことです。

また、自分の言いたいことを自分の言葉で語るというのが、作文の極意ですが、これもなかなか習得には時間がかかります。

それを、修飾していくのが、レトリックであり、文学ですが、受験には、文学は必要ありません。

僕の生徒達は、たいていが、英語か数学の依頼で、国語や小論文の依頼は、残念ながら、少ないですが、依頼があると、1年も経てば、生徒達は、見違えるように、かけるようになります。
また、たまに、読書感想文を手伝いますが、
感じたことを、使途に聞いて、そのまま文章にするように、してあげると、立派な読書感想文になります。

僕も、夏休みの宿題の読書感想文がキライでした。
いつも、解説を、キリハリして、やっと、2枚仕上げたことを覚えています。
ちょっとしたこつなんですけどね、教えてあげるべきことは。



2011年03月27日 22時46分08秒

☆教え子が、東京工業大...

教え子が、東京工業大学に合格しました。
彼女とであったのは、3年前です。
高校受験で、あまりにも、英語がひどいので、見てほしいということでした。
確かに、かなり、というか、さっぱりでした。
高校受験目前でしたが、できることはやって、
英語は、志望校の平均くらいにはなりました。
彼女は、天才肌で、数学などは、天才肌ですが、理系専門の人に
ありがちなことに、暗記が、大の苦手でした。

しかし、志望校には届かず、それなりの、学校に行きました。
彼女の闘志は衰えず、理系専門の、塾に通い、
日本の最高峰の大学で、数学を学びたいということでいた。

高校に入ってからも、時々、古文や、英語現代国語などの指導をしていました。
頭がよいので、国語もかなりのものになりました。

独立心が強いので、自分で、どんどん進めていきます。

中学時代には、なかったことで、ここまで来れば、後は、サポートだけです。
順調に伸びていきました。
3年生になってからは、国立の二次試験対策で、古文、現代国語、英語
論述などを担当しました。

かなりの期間教えていたので、指導も徹底し、
小論文や記述の、真髄もつかんでくれたようです。

英語も、単語熟語など、自発的にやり、
2年生3年生の模擬試験等では、偏差値が70近くいっていました。

多少伸び悩みの時期もありましたが、方法論としては、
間違っていなかったので、心配はしていませんでした。
ただ、多少ムラがあるし、最高峰なので、現役合格は微妙なところでした。

ただ、マイウエイなので、心配していましたが、
角を矯めて・・・・ということで、まかせました。
お母さんも、あまり、きりきり、しないのも、彼女にはあっていたとも思います。


そして、とうとう、東京工業大学に合格しました。
中学受験、高校受験、となかなか、結果に恵まれませんでしたが、
諦めず、戦いつずけました。

これからは、好きな数学だけに打ち込めます。
彼女は、僕がブログを始めて、初めての生徒でした。

足掛け、4年のお付き合いでしたが、
いい結果に恵まれましたが、途中の、葛藤など、知っているのは、
周りだけです。
この結果をもたらしたのは、やっぱり彼女の頑張りです。
最近は、いまいちなニュースが多いですが、意志のあるところに、
道はひらけるということを再び、認識しました。

おめでとう。本当によく頑張りました。

中学受験高校受験も、最後は、
最終学歴である、大学を、目指したものです。
途中で、挫折しても、最後にリベンジすれば、
辛い思い出も、いい思い出に変わります。
たとえ、中学受験等で失敗して絶望しても、
まだまだ、いくらでも、取り返しは付きます。
諦めないで、頑張ってください。
僕はそんな生徒達を一杯見てきました。
もちろん、大事なことは、基礎と、地道な努力です。



2011年03月24日 02時55分22秒

またまた、大成果です

またまた、大成果です。

彼は、中学二年生、英語がからっきしダメで、
昨年の暮れから、期末テストに向けて、見ました。

英語もついには、成績が、「2」になってしまいました。

これでは、内申もなくなるし、このまま行けば、彼は、どうしようもなくなってしまいます。

人間成績が落ちれば、ますます、キライになって、現実逃避し、
ますます、触れなくなり、ますます、成績が落ちて、相乗効果で、
他の教科にも悪影響を及ぼします。

話を彼として、一緒に勉強しましたが、
頭もよく、記憶力は、かなりよくて、
クラスでも、3番以内だと思われます。

教科書の暗誦も、あっという間に、終えてしまいます。


期末試験対策なので、
暗誦
単語
問題集
の3本立てで行きました。
さすがに成績不振なので、宿題はまったくしません^¥^
僕と一緒にやるその場だけやります。
緊急事態なので、問題集は一冊に絞りました。
本当は、3冊くらいやって、万全を期したいのですが、個人個人で、
いろいろやり方は、変えなくてはなりません。
こういう生徒は、最近増えているので、僕もなれています。

たまには叱りましたが、週一回で、何とかしようと思っていました。

週一回だけど、地道な、訓練の繰り返しです。
本当にヒツコイです。僕は。
これで何人も、すばらしいい点数をたたき出してきました。

そして、2ヶ月あまり、とうとう、期末試験がやってきました。
多分最低でも80点はいくと思っていました。
長い間家庭教師をやっているので、「これで大丈夫」という手ごたえがあれば、大体、はずれません。
結果は、92点でした。

期末試験前に最後に彼に挨拶したとき、
今時っぽい彼が、ぺこりと、頭を下げて、
「またよろしくお願いします」
といいました。
どんな言い方でも、気持ちは伝わるものです。
僕もとても嬉しかったです。

彼も、授業がわかるようになり、毎日、学校がたのしくなったということでした。


結果も最高のものがでて、お母さんによると、自信がついたそうです。

この調子で頑張ってほしいものです。

※ この事例は実話を元に、本人が特定できないよう一部加工してあります。



2011年03月08日 00時59分57秒

前へ |