中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2012-01

差集め算、過不足算の...

差集め算、過不足算については、数直線でやっていました。
ただ、これの説明も、わかりにくいので、

鶴亀算の面積図で考えられないかと思っていました。
三日考えて、面積図でやる方法を、考え付きました。

よく見ると、新小学問題集に、それらしきものが載っていましたが、
難しいのは、細かい処理で、
これは、隣で生徒に教えないと、
わかりません。
新小学問題集の面積図にも、画期的な解法という扱いもなく、
問題集は、平板な書き方なので、
たぶん小学生や、親御さんにはわからないと思います。

細かいところというのは、
「余った本数と、余った、お金」の処理と、以下の3パターン
「あまり、あまり」
「あまり、たりない」
「たりないたりない」
の処理です。

面積図にしていいのは、解法がシンプルだということです。
個人的には、「特許モノ」と思っています。

鶴亀算も、面積図にすると、イメージがしやすく、
簡単になります。

小学生の算数の場合、方程式が使えないので、
ほかのやり方が必要になります。

「過不足算、差集め算」は、数直線でもわかる生徒はいいですが、
面積図でやれば、かなり、簡単になると思います。
.



2012年01月03日 03時32分06秒

前へ |