中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2012-11

6年生で伸びる子伸び...

いろいろな生徒がいて、家庭教師を始めて、急に成績が伸びる生徒がいます。
これまで、能力がありながら、やり方がわからないか、やる気の起きなかった生徒です。

宿題をやってくれる生徒もいれば、やらない生徒もいます。
基本的に家庭教師は、やらないことを前提に考えています。

宿題をやっても、自発的に取り組む生徒と、
ただ、言われたことを消化するだけの生徒もいます。
もちろん、結果は、目に見えています。

多少能力が高くても、やらない子は、いつまでたっても伸びません。
残念ですが、勉強に王道はありません。

地道に、基礎から、やっていくしかない
積み上げていくしかありません。
多少能力的には劣っていても、
地道に頑張る子は、それなりの成果を出します。
それなりといっても、
マーチくらいです。
立派なものだと思います。

生徒の中には、みるみる成績が上がって、
東大や、一橋に行く子もいましたが、
彼らでさえ、
ある時期、中学受験や、高校受験では、
失敗し、苦汁をなめていました。

家庭教師にとって、
定期考査で結果を出すのは、簡単ですが、
中学受験のような、範囲が広いものだと、
結果が出るまでには時間がかかります。
範囲が指定された、カリテなどの試験であれば、ある程度の結果は出ますが。
中学受験は、4科目です。

まあ、国語は、あまり時間がかかりませんが、
もちろん、算数には、膨大な時間がかかります。
それぞれの教科で、基礎を固めていくしかありません。
短期で結果が出るかと言われれば、
それも、個人差があると思います。


僕としては、これまで、どんな生徒でも、
ベストの方法を、一生懸命やってきたし、
これからも、頑張るつもりだ
ということしか言えません。

ただ、無責任に、成績が伸びるとか、
自分についてくれば、御三家や早慶には入れるとか、吹かす先生もいます。
また、成績が上位の子にしか、通用しないような、
勉強のやり方を、貫く、
家庭教師がいることも事実ですし、
個別にせよ、家庭教師にせよ、
無責任な人たちがいることは事実です。



2012年11月15日 00時37分27秒

私立文系の王道…早稲田...

英語・・・単語・・・・試験に出る英単語(青春出版)…なんだかんだで、これがベストです。使ってみればわかる!
     熟語・・・・試験に出る英熟語
           河合塾のもの
            ターゲット(旺文社)
     文法・・・・基礎英文法標準問題精講(旺文社)
           エイヒン(桐原)・・・・かなりできないと、しんどい、難解な、問題集。得意な人・上級者向き。
単語が入れば、偏差値は、60はいきます。
熟語、文法が入れば、65.
過去問や模試で、固めていきましょう。
基礎の単語、熟語、文法が入らないと、問題やっても意味がありません。
なんで、英語が伸びないか、悩む前に、単語を覚えてください。
単語を覚えないと、話になりません。
単語が入っていて、できない人は見たことありません。
単語が入っている人は、実は少ないです。

基礎が入れば、文系は、読解力はあるので、読むのは簡単。
読解力がないのなら、文系は無理です。
単語は、記憶力と努力。
記憶力がなければ、文系ではありません。
そして、残念ですが、努力できる人は、少ないものです。
早稲田や慶応に入る人は、とても努力する人です。


国語…現代文・・・・何でもよい
    古文・・・・・・トレーニングノート(受験研究社)
    漢文……トレーニングノート(受験研究社)
    古文漢文は、量をこなすといいと思います。
    物語の流れがつかめます。
    日本語なので、あえて、単語をやる必要はないと思いますが、
     やりたい人は、やっていいと思います。
    早めに効果を出したい人は、まず、量をこなすことです。
     できれば、1日1題。
     ただ、漢文の、クホウ、古文の、助動詞などは、やっておいたほうがいいと思います。
現代文は、精読が大事です。

以上、一流大学を目指すなら、国語はゼット会をお勧めします。
現代社会や、歴史の、常識も、現代文には、必要ですが、
Z会をやっていると、わかりますし、評論に強くなります。


社会…日本史と世界史

基本は、山川の教科書を覚えればいいと思います。
が、ただ覚えろと言っても無理なので、
「センター試験への道」をお勧めします。
これをやりながら、山川の教科書を丸暗記してください。
年号も必須。
資料集も覚えてください。
地図で、場所もお願いします。
山川以外のものは、誰も覚えていないので、心配しなくて結構です。
以上が完璧なら、どこだって、私学は入れます。
完成したら、別の問題集で確認するのもよし。
赤本で、修行するもよし。


以上です。
私立文系なんて、3教科です。

国立に比べれば、楽です。
が、意外と、楽だと、目移りして、
あれもこれもとやって、失敗するケースも多いです。
いい加減な先生は、?な教えが多いので、注意してください。
以上は、誰でも、できるやりかた、
オーソドックスで、誰も失敗しない、地味なやりかたです。
でも、王道です。



2012年11月05日 02時08分01秒

おや、数学の問題集が...

久々に、高校生というか、高校の数学を教えることになりました。
高校の数学のメインは、何と言っても、「二次関数」です。

判別式も絡んでくるし、実数解
の、存在を、屁理屈で、証明したりするので、

高校数学のメインです。

これが、中学の数学と違うところです。

微分や積分が、高校数学っぽいですが、
微分積分は、独立していて、出る問題も決まっています。
英語でいうと、仮定法みたいなもんですか。
独立していて、一度理解してしまえば、やりやすいのです。

二次関数は、奥が深いというか、
時間がかかります。

後、二次関数の、平方完成は、めんどくさいですね、確かに。


一番面倒くさいのは、
定義域が変わっていく問題で
場合分けがあります。

場合分けも、高校数学のメイン
で、難しいというよりは、
面倒くさいです。

場合分けは、確率・二次関数・整数・絶対値
に登場し、たぶん、女子は、苦手かな。
でも、数学の本質、自然科学の本質は、
場合分けで、農業に近いと、岡潔
という、有名な数学者も言っています。

さて、今回、二次関数を教えることになりましたが、
彼女の、学校では、プリントで教えるので、
教科書もないし、問題集も、参考書もありませんでした。

彼女は、まだ、中学三年生ですが、高校の内容を、やっているのです。


仕方がないので、書店に、問題集を買いに走りました。
ビビりました。
スウケンの、問題集が、
名だたる、書店にありません。

少し前までは、スウケンの、問題集は、いっぱいあったのに、全く見当たりません。

近所のまともな、書店でも3つまわりましたが、ありませんでした。
同じ、スウケンでも、チャート式ばっかりです。

ついでに言っておくと、高校の数学で一番いい参考書は、教科書です。
そして、東京書籍が一番いいです。
スウケンの教科書は、難しすぎて最悪ですが、
プライドの高い、数学の先生は、スウケンの教科書を、えらびます。

生徒は大迷惑です。

私立の先生は、教科書を使わず、プリントを使いますが、これも大迷惑です。

スウケンは、問題集は、めちゃくちゃいいのに、教科書は最悪なのは、よくわかりません。

三店舗地元で回っても、ないので、新宿の紀伊国屋に行きました。
家庭教師は、問題集探すのも大変なんです。
気軽に買ってきてくれと親に頼まれますが、なかなか、書店も、仕事のくせに、まったく勉強しないので困ったものです。
ほしい問題集が全くないし、
言い訳ばかりで、
自分が、勉強していないのを隠します。


一店舗なんか、「スウケン」と言ったら、
数学検定に連れていかれました。

なんでも検定してどうなるんだろうとか思います。
漢字検定も、?です。

昨日は夜中まで、深夜の書店を走り、それでも、なくて
ついには紀伊国屋です。

南口のサザンの、紀伊国屋に行こうと思ったら、
南口は、工事していて、なかなか、たどり着けませんでした。
本店は、西口の地下、ほか、込みまくるので、敬遠したら、

南口の工事にはまりました。

問題集買うのに、すでに、何時間かけているかわかりません。

やっと、紀伊国屋で、スウケンの、問題集、
そして、
セイコウシャという、穴場の問題集を見つけて、ほっとしました。

セイコウシャは、以前、青山の付属の生徒が使っていて
素晴らしい問題集です。

スウケンさえないんだから、紀伊国屋にも、セイコウシャ少ししかありませんでした。
セイコウシャは、答えが、親切で、詳しくて、使いやすいです。


新課程と旧課程が書いてあったので。、紀伊国屋の店員に、違いを聞いたら、知らないということでした。
仕事なのに変な話です。
数学に関しては、何十年も、変わらないので、まあ心配はしませんでしたが。
たまに、複素数平面や、チェバが出たり入ったりするのでよくわかりません。

スウケンにしても、セイコウシャにしても、名著なのに
どんどん減っているみたいです。

試験に出る英単語も、素晴らしい単語集なのに、
速読や、デュオ、そのほかのおされて、壊滅だし、

「基礎からの英語」高梨健吉著という、ビセイシャの、参考書はすでに絶版です。

いい問題集は使ってみて初めてわかるのもので、

基礎英文法標準問題セイコウなども、素晴らしいのですが、
使わないとわかりません。
使っても、実力がないと、よさはわかりません。

素人?というか、勉強したこともない人が、買いに行くと、
書店で立ち往生します。
みんな同じに見えますから。

このブログでも、何回か、いい問題集は、おすすめしているので、そちらを参考にしてください。

気が付くと、どんどん変わっていくものだなあと思いました。

名門の中学や、高校も、御三家以外は、どんどん、かわっているようですし。



2012年11月03日 04時18分14秒

前へ |