中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2013-04

数学苦手克服法…数学が...

最近は、私立の高校中学は、ほとんど、教科書を使いません。
ほとんど、プリントです。
プリンというということは、先生の主観になります。

繰り返し言っていますが、数学の先生は、数学を教えるのに最も適していない人たちです。
子供のころから、数学が得意で、頭がいいと思われていた人たちです。
数学ができるからと言って、論理的な思考をするとは限りません。

数学で、必要十分条件というのがありますが、
これがきちんと日常生活で、わかっている人はほとんどいません。

何かを教えるとき、先生は
「〜ができればわかっているということだ」、
「正しい形は〜ができていることだ」、
といいますが、

それでは、「できるために何をすればいいのか」、
「正しい形になるには、何が必要なのか」、

ということを教えてくれる先生はほとんどいません。

数学の先生は職人です。
職人には、教える技術がありません。
最終的には、
「何でこんな簡単なことができないの?」
というだけです。

答えを教えてほしいんなら、
解答だけで十分です。

例えば最近生徒に聞かれました。

「何で、辺々たすんですか?」

これにこたえられる先生はほとんどいません。

辺々たすのは
「屁理屈」です。


無理矢理解答に近づけているだけです。

数学の多くは屁理屈です。
背理法も屁理屈です。

一番ひどいのは、実数解です。
実数になるのは、判別式が正だから
という理屈で、範囲を求めたりしますが、
これが高校数学の最大の屁理屈ですが、
これが高校数学の本質です。

ほかに小学生も教えますが、
割合も、屁理屈に近いです。
人間の頭では、
小数や分数の割り算はできません。
理屈上は、できますが、
実感はわきません。

人間の頭では、有理数しか理解できません。

このあたりが、きちんとわからないで、生徒を教えると、
最後は、生徒は途方にくれます。

算数や数学の良くできる子は、
この辺りは、あんまり考えずにできるので、
詰まることがなく、そのまま、東京理科大
早稲田の理工学を出て、
困った数学の先生になります。

そして、無駄に難しい、スウケンの教科書を生徒に押し付けます。
スウケンは問題集は素晴らしいですが、
教科書は、最悪です。
使うとわかります。
無駄に難しいです。

一番いいのは、東京書籍です。

本題に戻りますが、
高校数学で困ったら、
教科書をきちんとやりましょう。
教科書が一番ちゃんとしています。
さきを焦って、問題集に走ると、
自分がどこにいるかわからなくなります。
教科書の例題もきちんとやって、
練習問題もきちんとやりましょう。
3回くらいやれば、大体、単元の、へそはわかってきます。

国立やセンターを受ける人にもお勧めです。
センターは、無駄に、教育課程を遵守するので、
普通は数学の試験では出ない、
教科書の無駄な知識が試されます。

必要条件とか論理とかです。
教科書に出ている以上出題されても、文句は言えません。
難しい問題ができても、
こういう、穴場の問題で点数をおとせません。
役所はこういう意味のない勉強を、国民に押し付けて、
悦に入っています。
いくら英語の授業をやっても、日本人が英語が話せないのと、根は同じです。
お金を稼がなくていい人たちは、意味のないことを押し付けます。
数学も、僕がやっていたころは、数学記兇靴なかったのに、
ABまで増やして、4つに分けて意味が分かりません。
参考書の会社の回し者かと思ってしまいます。
単元も、
なぜか、行列がなくなって、しばらく複素数平面がいたと思ったら、
ゆとり教育とかで、それもなくなり、
今度は、チェバとメネラウスの定理です。
この辺りは、ただの、公式で、概念とは関係ないので
入れやすいのでしょう。



それから、スウケンの問題集をやりましょう。
教科書は、ガイドを買ったほうがいいと思います。
スウケンもいい問題集ですが、 解答が不親切なので
解答は親切な、
正高社の問題集のほうがいいかもしれません。

問題集を何冊もやるより、一つに絞って、繰り返すほうが能率的です。

これで普通の学校は大丈夫です。
あとは、赤本くらいです。
それでも心配なら、Z会をやりましょう。

また、数学は毎日やらないと、勘が鈍るので
仕上がったら、各単元一題ずつ毎日やりましょう。
計算も毎日やらないと、鈍ります。

苦手な人は、問題を解いた後で、
その問題は、何の公式を使ったかを覚えておくといいと思います。

僕は数学が苦手だったので、以上は苦手な人の克服法です。
得意な人は、自分のやりかたでいいと思います。



2013年04月20日 16時21分02秒

前へ |