中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2013-09

ここ一二年の大成果

家庭教師にも、守秘義務があるので、あまり、具体的なことはいえませんが・・・


中学2年生女子・・・大手の塾に通っています。
国語の、指導を頼まれて、短期間に、「難しいと有名な塾」で偏差値が10上がりました。
国語が落ち着いたので、、英語も指導し、同じく偏差値が10あがりました。
志望校の、合格確率が、90になりました。
英語を完璧にし、最後に、数学に手を入れるつもりです。

小学校4年生男子・・・・模擬試験で、見たこともないようないい成績を取りました。
有名私立小学校に通っていますが、学校内の試験で、
今まで、とったこともないような、成績をとり、周囲が驚いています。
得意科目だけではなくて、不得意科目でもです。

小学5年生女子・・・大手の塾にかよっています。
塾内テストの得点が、倍になりました。
学習習慣がつくようになりました。
(具体例は、本人と、わからないように、加工してあります)

ここ一、二年の出来事です。
やることをやれば、成績は、あがります。

何十年か教えていて、どうしようもない怠け者もいて、それでも何とか、ご希望には沿ったと思いますが、
最近は、僕自身が、年齢のせいか、
壊れないように、早めにお断りしています。
お互いのためにならないので。

僕は、たいていの場合、成績は、上げられるので、他の生徒にいったほうが、いいと思うようになりました。
相性もあるでしょうし。

やることやれば、成績は上がりますが、
それは、生徒の個性キャラクターを判断し、信頼関係を作って、
それぞれ、微妙なさじ加減で、やっています。

「岡崎マジック」といってくださる、おかあさんもいらっしゃいますが、
結構、ただ、誠実にやっているだけです。

プロに任せたのなら、任せるのが、賢明だと思います。結果がでなければ、代えればいいだけの話です。
何十年もやって、いろんな生徒も、お母さんも見てきました。
こちらが、頭が下がるような、親御さんもいらっしゃいました。

僕が家庭教師で、手を抜くなんてことはありません。
誠心誠意やっています。
可能な限り、成績の向上にまい進しています。
できるだけ、生徒にも楽しくやってもらいたいとも思っています。

やっているから、結果がでてるだけです。
僕は、家庭教師以外でも、ほとんど、手を抜くということはありません。

お子さんの成績が上がっているなら、その家庭教師は大したもんです。
ものすごく上がったり、見たことのないような成績が出たら、
スーパー家庭教師で、プロなら当たり前と思っていたら、大間違いで、
それは、先生が、精一杯頑張っている結果で、
お金を払えば、いい先生が見つかると思ったら、大間違いだと思います。

生徒からも、いろんな家庭教師の先生の話を聞きます。
僕が初めてというご家庭は、ホトンドないと思います。
僕が何人目か^¥^
それは、社会常識と同じで、非常識な先生は、家庭教師としては失格で、
成績を上げることなんて出来ません。
遅刻したり、尊敬できない先生の、宿題なんか、子供はやりません。

家庭教師が、その場面場面で、どう誠実に対処するのか、子供は、じっと見ています。
教育は、口で、ああしろこうしろということではなくて、

背中で見せることだと思っています。

叱れば自分に帰ってきます。

誠実な家庭教師だとわかれば、任せてあげてください。
一生懸命やっています。
そして、親が、先生を大切にするかどうかも、
子供は見ています。

大事なことは、相手を尊重すること。
別に、先生をないがしろにしたって、お金を払っている人のほうが、立場は強いですから、
先生は、逆らえません。でも、それは、いつか、ご自分に帰ってくると思ったほうがいいと思います。

こちらが頭が下がる親御さんのお幸せは、僕は今でも、心から、願っています。
東京に出てきて、初めての家庭教師先のお母さん。
とても親切にしていただいて、いろいろ、モンクもあったでしょうに、
やってくださいました。
25年以上も前の話ですが、今でも感謝しています。
その後いろいろなご家庭にうかがいましたが、あんなに親切なお母さんはいなかった。
ご兄弟の家庭教師をさせていただきました。

僕は、いつも、生徒が結婚して子供を持って、家庭教師を雇ったとき、
「岡崎先生は、いい先生だったんだな」と思ってくれれば勝ちだな^¥^とおもっています。


あまりにも、いろんな意味でひどい場合は、最近は、やめることにしています。
精神的にもとても傷つきますから。
そして、また新しい先生を雇って、比べてくださいと思っています。

相性もありますから、新しい先生のほうがいい場合もあると思います。
ただ、なかなか、こんなに成績を上げられる先生はいないよ〜
とかは思っています。

成績が上がっているうちは、たいていうまくいきます。
問題は、例えば、受験で、初日に受かるはずのところを落ちたときとかかな。
まあ、成績が、上がらなければ、いろいろ、がたがたしますが。

定期考査なら、点数は、すぐ取れますが、受験だと、
やることやんないと、まあ、成績は伸びないですけどね。

一番かわいそうなのは、一生懸命やっているのに、伸びない子。
それを伸ばすのが、仕事だと思っています。

やることやれば、たいていは伸びます。
ほんとに。

みんな、がんばれ〜。



2013年09月20日 00時02分56秒

僕が受験で犯した過ち…...

今では、新聞や雑誌にも「カリスマ家庭教師」として取り上げられ、
たいていの生徒は成績は上げてあげられるという自信はある僕ですが、
失敗は山ほどしています。
失敗してるから、まあ、生徒には、同じ過ちはしてほしくないと思うのです。

小学校の時は、神戸の貧しいスラム街の小学校だったので
成績は良かったです。
でも、クラスには、優秀な山本君という、優秀な子がいて
逆立ちしても勝てませんでした。
彼は後年京都大学に現役合格しています。
勝てるわけがありません。
その彼も東大の大学院に行って、
勉強に疲れたといって、学問の道はやめて、企業に就職したそうです。

中学に入ると、最初はよかったのですが、
二年生になると、自己流の勉強法だったので
成績は急降下しました。
みな、ちゃんと塾に通っていて、
かないませんでした。
親があわてて、塾を探してくれたので
なんとか、軌道修正して、
数学はなんとかなりましたが、
英語は、中学の甘利先生という、
ひどい先生についたおかげで、
中学で、学んだことは、can,must,mayだけでした。
後年これは、英語はずっと足を引っ張ります。
ラジオの深夜放送にはまったことも、成績低下に拍車をかけました。
深夜番組の次のコーナーが気になって、勉強できませんでした。

中学3年生では、夏休みまでは猛勉強して、1番になりましたが、
夏休み以降は、どんどん成績が下がっていきました。
やりかたがわからなくなったのでしょう。
計画ばかり立派なのができて、さっぱり実行できませんでした。

英語はひどかったのですが、当時兵庫県は、兵庫方式と言って
内申重視で、当日の試験は全く関係ありません。
試験も、思考力テストと言って、常識問題ばかりで、
英語の苦手な僕でも十分に点が取れました。

しかし高校に入学すると、
ほかの学校の生徒は、鍛えられていますから、
いくら勉強しても、1年の時は、学年で450人中260番。
お話になりません。
僕の通った高校は、兵庫高校と言って地域ではトップでしたが、
先生たちが怠け者で、昔は名門高校だったのに、
まったく何もしないので、
20番くらいまでしか、国立には入れませんでした。
卒業生には、東山魁夷、横溝せいし、少年Aの瀬尾河童さんなどがいますが、
昔は、東大にいっぱい言ってたみたいです。
が落ちぶれています。
現在の桐朋の公立版みたいなもんでしょうか?

ほかの学区は、神戸高校、長田高校などがあり、
今でも名門です。

そんな低い学校でも、そして目いっぱいがんばっても、
後ろのほうですが、
僕はがんばればなんとかなると思って、やっていました。
要領が悪かったのです。
「がり勉」して死ぬほど頑張って、
卒業まじかに30番くらい。
それも教科を3教科に絞ってです。

ほんとは、大学なんか行きたくなかったの意ですが、親がどうしても行けというので付き合いました。

国語数学英語で大学受けました。
英語がだめで、英語の配点の低い
私立と、京都府立大学、神戸外語大学を受けました。

私立は、奇跡的に、立命館に合格しました。
一番うれしかったかもしれません。
自分も大学生になって、勉強しなくて済む資格がある。
京都で大学生活を送ったら、人生も変わったかもしれません。
もちろん、京都府立、神戸外語は、落ちました。

でもバカだから、東大目指して、浪人しました。
本当に馬鹿です。
要領が悪いのに、宅浪して
自分勝手な勉強をして、まったく成績は伸びませんでした。

マンの悪いことに
その年、共通一次が始まりました。
普通に理科も社会も東大向けの勉強してれば、
考えなくていいと思い、模試も全く受けずに受験。

共通一次は、悲惨でした。
多分400点くらいかな?
英語なんか、量が多すぎて、全く歯が立たないし、
日本史世界史は、難しすぎて、腰が抜けました。
足切りされると思って、
布団から出られませんでした。
気持ちは、「遠くで汽笛を聞きながら」

まあでも、1浪目の秋からは、
あれほど、いやだった、単語意を覚え始め、
実力は飛躍的に英語に関しては、つきました。
もちろん使ったのは、
名著バイブル
「試験に出る英単語」「試験に出る英熟語」

足切りは運よく?なくて、意味もなく、新幹線で東京に行きました。
意味もなく、四谷と上野の旅館に宿を取り、
東大を受験しました。
中央線で、初めて、東京の街並みを見て、自分の来るところじゃないと思いました。
意味のない勉強ばかりして、お金を使い、模試も受けないで、
親に申し訳ない思いでいっぱいでした。

当然2浪しました。
東大はやめて、地元の神戸大学にしました。
自分はあほだと思い、
基礎の習得に励みました。
あほですが、
中学高校から、勉強をさぼったことはありません。

各教科1冊に決め、繰り返しました。
英語だけは、単語、熟語、文法、イデオムという、4冊やりました。
ヤッパリ宅浪しましたが、
模試は、月に一回受けることにしました。
性格上、人の言うことが聞けないのです。
良くも悪くも。

2浪目の、5月の模試からは、
謙虚な姿勢が、神様に届いたのか、
毎回、模試に名前が載るようになりました。
科目によっては、全国1番とか2番とか、あり得ないような成績でしたが
もうこれ以上浪人するわけにもいかず、
毎日が、厳しい勉強の毎日でした。
10日に一回くるZ会で、頭を絞り、
それ以外は、毎日、問題集を繰り返しました。

模試でも、ほとんど、A判定でした。
偏差値は各教科70
全教科70だと、総合で75になります。
それでもB判定の時もありましたが、
?です。

実際の試験も、すべり止めに受けた関学などの全学部合格しました。
浪人できないので、
甲南や、英知大学という
偏差値の低い大学も受けました。

困ったのは、余裕をこきすぎて、
共通一次に遅刻したことです。
後、15分遅れたら、
すべての努力が水の泡でした。
また、偏差値80を誇った、世界史の問題が異常に難しくて、60点くらいしか取れず、
得点は、880か、860点くらいでした。
正確な数字は忘れました。
神戸大学の看板学部は、経済学部で、
そのに2番で入ったという、クラブの友人がいて、820点くらいだったそうだから、
多分860だと、全学部でトップに近いと思います。
が、文学部の女子には、「あんたなんで、ここ来るの?」という人がいて、
模試で僕より、点数は高かったので実際は2番か3番かな。


高校時代も、いろんないいといわれる問題集参考書はすべて買って
通信添削もやり、旺文社のラジオ講座もやり、
何でも手を出して、確か、トレーニングペーパーとかいう、
分厚いのも親に買わせてました。
もちろん、押し入れでまったく手を付けていません。
馬鹿だから、頭坊主にして、気合入れてみたり、
思い出しても、恥ずかしい話ばかりです。
いつも寝不足で、
放課後図書館に勉強に行って、
必ず、寝てました。
本当に馬鹿な人生です。

大学に入ったら、クラブ三昧でまったく勉強しなかったので、
ドンドンあほになっていったと思います。
そもそも、大学に行く気はなかったので。
就職活動も、クラブの友人たちが、リクルートスーツ着て、
騒ぎ出したので、しょうがないなあと思って、
付き合いました。
たまたま受けた、教員採用試験が、やっぱり、
死ぬほど勉強した甲斐あって、うかってしまい、
先生になりました。
国立で、運動部でそれなりの成績だったので、
大体の会社は、高度成長期でしたし入れました。
運動部でも、持ち前の要領の悪さで、
4年生までは地獄の日々でした。
馬術部でした。

ベル前失権(スタート前に失格すること)
障碍を一つも飛べなかったこと。
など、3年生まではひどい思い出ばかりです。

不器用なのに、器用さが求められる馬術部に入ってしまいました。
意味もなく、真面目に練習していましたが、
報われることは、4年生までまったくありませんでした。

ところが、真面目な姿勢が、神様に通じたのか、4年生では、全国大会にも出て、学生馬術連盟から
優秀選手として表彰され、調教した馬は、
全日本で(社会人も含めた)3位になっています。
国内で生まれた馬の競技でしたが。
この馬だって、足は悪いし、どこの馬の骨というくらい、ぱっとしない馬で、どうしようもないので、馬術部劣等生の僕に、お鉢が回ってきたどうしようもない馬でしたが、
本当は、素直なとてもいい馬でした。
人生、幸運はどこに転がっているかわかりません。


今でも時々、馬事公苑を通りますが、
まあ、失われた、青春の記憶です。

言いたいのは、僕は馬鹿で、ひどい浪人人生だったけど、
帳尻は最後には合って、学歴だけは残っているということです。
もちろん頑張る気持ちがあればの話です。

今、もしかして、勉強で悩んでいるとかの生徒さんもたくさんいらっしゃると思います。
でも頑張れば、頑張りつずければ、いつか花が咲くこともきっとあります。

最後の学歴だけ見ていいなあなんて、思っても仕方ありません。
みんなそれなりに、つらい思いをして、歯を食いしばって勉強しています。
自分だけ、取り残されてるわけではありません。
みんな黙ってるけど、家庭教師についたり、塾に通ったりしています。
要領の悪い生徒は、勉強のやりかたを、プロに聞いたたほうがいいかもしれません。

でも、家庭教師やってて、
なかなか、生徒は言うこと聞いてくれないもんですよ。
絶対に、こっちのほうが点が取れると自信があるんですけどね。、僕は。
僕のいう通りした子は、皆、東大、一橋、東工大以下、一流大学に行ってますよ。
この子たちだって、最初は中学受験などで、受験で失敗した子たちばかりです。
本当に優秀な子は、家庭教師なんか必要ありません。
どうしようもない状態で引き受けて、
真面目にさえやってくれれば、僕は、かなり、能力が低い子でも、マーチに入れてあげられます。
能力があれば、偏差値は70にしてあげられます。

今、ドツボでも、頑張る気持ちさえあれば、何とかなります。
どうしても勉強が嫌いなら、ほかの世界を目指しましょう。

今まで、30年家庭教師やってきて、勉強が好きだった生徒は、一人もいませんでした。
そりゃあ、自分の好きなことやってたほうが、楽しいに決まってます。
でも、どんな好きなことだって、
突き詰めれば、最後は、自分が楽しくないことも、やらざるを得ません。

勉強はそのためのステップだと思ってください。
成功しても失敗しても人生に無駄なことなんかありません。
・・・・これは友人の受け売りです。



2013年09月06日 01時52分36秒

前へ |