中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2015-05

割合の要諦・・・・超...




割合は抽象的で、特に女子は苦手です。

一番シンプルな解決法をご提示します。

男子は、クイズ感覚で、割ったりかけたりしますが、


女子は、抽象は嫌いで、

理解できません。

ただ女子は、マニュアルが好きなので、

簡単なマニュアルを、提示すると喜んで、受け入れます。

ただ、マニュアル法は、

あまり多すぎると混乱するので、多用は禁物です。

マニュアル好きの女子は、

何でもこれで解けると思いがちです。

逆比を覚えたら、

何でも逆比で解こうとします。

原則に帰って、考え直すことはしません。

女子には

習慣しかないのではと、思います。

身体に叩き込む、

自分で考えるのが苦手だから、

先生のやったとおりにしかやりません。

原則は考えません。

立派な先生がそれは間違っていると指摘しても、

自分のやりかたは、変えようとはしません。

これにはいいところもあって、迷いが少ないですし、


おおむね女子は、気持ちのいい方を選びますので、

大崩れしません。

うまくいっていれば、それで通します。

が、いつか、壁にぶち当たりますが、

ほとんどは、そこで進歩が止まるので、

最初に倣った・習った先生が大事になります。

先生選びを間違えると、

ひどいことになります。

先生が、原理主義で

正しくて

女子の弟子が(まあ、男子でも)

例えば、ピアノやバレエなどの

芸事で、かなり、うまくなっていった場合、

それが幸せかどうかも疑問です。

勉強と違って、

ピアノなどの道は、とても厳しいので、

中途半端に才能があると、

道を誤る可能性もあります。

中庸ということが、

論語で説かれてることは、そうなのかもしれません。


バランスが大事で偏ると、人間は、不幸になる。

スポーツや、音楽で、大成するのは、幸せかどうかわかりません。

マイケル・ジャクソン・美空ひばり、

ホイットニー・ヒューストン、

キングこと、エルビス・プレスリー

ものすごい成功を収めましたが

人生が幸せだったかどうか・・・・


はい、割合です。

割合の要諦は

,發箸砲覆訖堯珍澗痢ΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΑΔ發

比べる量・・・・だいたい現実の量・円とか重さとか・・・・・・・・・・・くら

3箙隋ΑΑΔ世い燭ぞ数か、分数・%とか、割り、とかもそうです…わり

この三つ・・・・・・もと・くら・わり・・・・の相関関係です。

そして、

文章を読んだら、

線分図を書いてください。

いちばん長いのが、もとです。

くら、と、わり

を線分図に書き込んでください。


そして

くらとわりが、線分図内で、一致してたら、割りましょう・・・・・・・くら÷わり=もとです。

くらとわりが線分図内で、ずれてたら、かけましょう・・・・・・・・・・もと×わり=くら

これを原則と知り、しっかり叩き込みましょう。

わかるようになるまで、これで行きます。

日本語で、

〜の、とか、〜に当たる、という言葉での、区別もありますが、

あいまいで、すぐに忘れます。

(関係代名詞で、後ろに来るのが〜だったら、主格だ、所有格だ、目的格だ…という区別と似ていて、原則どおりにはいきません。将来困ります。すぐ忘れるし。)

線分図法は、線分図を書くだけなので、、間違えません。

これだけですか、という向きもありますが、

これだけです。

これが割合の要諦で、これ以上

子供に、特に女子に、ごちゃごちゃ言ったら、混乱します。


いつか、実感を伴ってわかるときが来ます。

中学生か、高校生か、浪人時代に・・・・

中学では、方程式を習うので、

ますます実感がわかなくなりますが、

勝手にエックスが、導いてくれるので、

楽だと思います。

エックスという、代わりの数が、

活躍するので、

代数というのだと思います。


ある日、ある将来のある日、

実感を伴って、

割合がわかるときが来ます。

来ない人は、

それで一生大丈夫な人がほとんどで、

逃げおおせたと思っても、

就活のSPIで出てきたりします。

先生をやっていると、

小数や分数は、人間の頭では理解できないんだな、

結局頭の中で

自然数に置き換えて理解してるんだな、ということもわかります。

が、数学や算数の先生は、

最初っから、疑問を感じることもなく、割ってる人なので、

そんな、マニュアルに頼らざるを、得ない、数学や算数の苦手な人の気持ちがわかりません。

「何で、できないの?(こんな簡単なことが)」

「何で、わかんないの?(いくら説明しても)」

「わかったよね!(塾の先生の、生徒への問いかけ)」


最初は線分図と友達になりましょう。

線分図が描ければ、8割はできたも同然です。

算数の問題に見えて、実は国語の問題だったりします。

以上です。

健闘を祈ります。








にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月29日 23時20分06秒

困った生徒さん列伝




(以下は加工していますので、特定の個人や団体とは一切関係がありません。)

お母さまは、いい先生についての、お考えをお持ちでしょう。

僕も何度か、いい家庭教師の選び方、というタイトルで書いたこともあります。

先日、僕を推薦してくれている、

「東京の・いい家庭教師をご紹介」、という、ブログで

いい家庭教師の選び方、見極め方、という、

記事を読んでしまいました。思わず。

もちろん「自分が当てはまっているかどうか」を考えながら。

「こんな人は、うつ病になりやすい」、という、タイトルなら、思わず読んでしまう、心境と同じでしょうか?


・・・・・

家庭教師をしていて、困った生徒さんには、最近は、たびたび出会います。

昔は、家庭教師は、楽な仕事だと思っていました。

近所の銀行に、「家庭教師いたします」

と、張り紙をしておくと、

そのころは、携帯もメールもなかったので、

電話が来て、少し話して、

面談になります。

まあ、たいていは決まって、

週に一回、普通にお邪魔して、受験までご一緒するというパターンでした。


休憩には、「ケーキとお茶」なんか出て・・・・

が、バブル崩壊以降、銀行は張り紙を許さなくなり、

困って、家庭教師センターに登録したりしていましたが、

そこは買い手市場で、

ひどい境遇が多かったと思います。

センターは、無料初回授業と謳っていますが、

先生のサービス残業?持ち出しで、

そもそもセンターは、ひどいぼったくりで

時給の半分くらいはセンターが、がめたり、

ひどい時は、3分の2をセンターが持っていったりします。

中には、毎月報告を、センターまでいって、しなければならないとこもあり、

登録にお金がかかるとこ、

登録にお金を払って、なおかつ紹介がないとこ、

更には、筆記試験に行ってみたら、

宗教の勧誘のようなことをされたこともありました。

我ながら、苦労してるなあ^^・・・・

まあ、労働基準法をしっかり読めば

本当はほとんどが?です。

なんたって、

「他人の労働で稼いではいけない」、とか書いてあります。

僕も一度、センターみたいなことをやったことがありますが、

良心的には、やっていました。

自分も、ぼられた口ですから。

が、学生や、大学院の方、大学教授まで登録していましたが、

結構、皆さん、指導の時間に来なかったり、ばっくれたりされて、

ケツをふく・・・失礼・・・のが大変で、

「ひとりで誠実に家庭教師やってるほうが楽だわ」

と思い、それからはあまり乗り気ではありません。

あまり、人を支配するのが、得意ではないと思います。

きっと、組織って大きくなればなるほど、

厳しく、縛っていくんだろうな、と思います。

基本、人間怠け者ですから。

黙って聞いていると、際限なく「嘘や言い訳」が続きます。

センターに紹介してもらっているうちに、

生徒のお母さんが、僕の家庭教師のブログを作ってくださる、

5万円で、

という話がお母さんから来て、

渡りに船

で、作ってもらいました。

技術的、経験的に、

「僕が、行けば、

救われる生徒が東京中にいっぱいいる」

ということは、はっきりわかっていたので、

これで何とかなると思いました。

・・・・

ブログを作って、最初に家庭教師のご依頼のメールをくださった時の喜びは

すごかったです。

その生徒は、

ビギナーズラックなのか、

東大に合格しました。

英語なんか、ひどいもんでしたが、

言うとおりにやってくれたので、

ぐんぐん伸びました。

・・・・

それから、というか、ブログを作ってもらって、2か月後に、

なんと、朝日新聞から取材の申し込みがあり、

「幸運だな」、と思いました。

新聞に載った割には、急に問い合わせが増えた

と、言うものでもありませんでしたが・・・・


あまたあるブログの中から、

しかも

はじめて2か月で、


と思いましたが、

よく考えてみると、

「取材申し込みの前には、

かなりな数のブログも読んだだろうし、

ブログに書いてあることが

ちゃんとしてたから、取材に来られたんだろう」と、思いました。

また取材しても言ってることが?なら、新聞にのっからなかっただろうし・・・


まあ、生徒の数が半端じゃないので、

話には説得力があるのだろうと思います。

・・・それ以前に、さるセレブの、

ご子息の家庭教師に行ったことがありますが、

まあ、生徒の前では、セレブでも、

普通にお父さん・お母さんですし、

ちょっと緊張しましたが

生徒の経験数は多いし、

生徒だけ、プロとして考えればいいと、開き直って、

玄関のブザーを押しました。

そこには、テレビで見たまんまのセレブがいて、

感動しましたが、

指導が始まれば、あとは、いつもと同じ話です。

お母さんという生き物は、

たいてい同じシチュエーションで、同じことを、言いますし、

子供の反発も大体一緒です。

おそらく、世界中で同じなんじゃないかと思っています。

僕の仕事も、成績を伸ばすのが一番大事で

そこさえ、やれてれば、何とかなります。

とはいうものの、時代とともに、

社会も変わってきて、

困った生徒さんも増えてきました。

幾例かあげておきます。

ご子息で、お子さんで、以下に当てはまるなら、

受験はあきらめたほうがいいかもしれません。

受験ばかりが人生ではありません。

いつも言ってますが、宿題さえやってくれれば、マーチに入れてあげますが、・・・・

多分そうじゃない生徒さんたちです。

若いころは、生徒を泣かせても、何とかしようと思っていましたが、

ものには、限度もあり、不可能もあると、経験とともに知りました。


,笋覽い里覆せ辧

これはだめです。

宿題もやらないし、宿題やらないのは、常道ですが、

家庭教師が横にいて、それでもサボるなら、無理です。

こういうタイプは、先生におんぶにだっこで、

自分で、覚えようとか、

考えようとはしません。

坐った瞬間から、逃げることを考えています。

反省なんかしません。

反省したと思ったら、次回は、忘れています。

原因は、わかりませんが、親が

怠け者か、

育児放棄したかです。

覚える気がなかったら、4桁の数字さえ覚えられません。

ひどい生徒は、部屋に入った瞬間に、

「疲れた…」とか言います。

何もやってないやんけ〜〜〜

まったりしたいだと?

留年がかかっているのに、

彼女を連れ込んだり、

たばこを吸ったり、

生徒が、たばこ吸って、注意したら、親から連絡が来て、

首になったこともありました。

て、「僕の前では吸わないで」って言っただけですけど。

未成年でしたが・・・・

たばこ吸って、母親が、怒って

「家が燃えたらどうするの?」

と叱ってることもありました。

なぜ、そうなるのかはわかりませんが、

西洋のことわざで

「馬を井戸に連れてはいけるが、無理に飲ますことはできない」

というのがあります。

昔から、しつけや教育には、洋の東西を問わず、困っていたのかもしれません。

こういう生徒は、逃げることしか考えていないので、

家庭教師が躍起になっても無理で、

こちらがおかしくなるので、

イライラしてきたら、お断りすることにしています。

家庭教師の法則があって、

なぜか、ひとりやめたら、次が来る・・・・というのがあります。

逆に言うと、やめない限り、次は来ない。

ひどいのにかかわっているとお互い不幸だから、判断は迅速に。

ただ、母親がどうしても、と、駄々?をこねる場合まれにがあり、

僕の体は、ぼろくそになります。

ぼろくそになったからと言って、

大して感謝もされないので、どちらかというと、命はって、むりして、やったのに、ネガティブにいわれたりして、次

は、絶対にやめようと思っています。

¬軌媼韻法拒絶してる場合

授業中

とてもつらそうにしている生徒がいます。

勉強がひどく嫌なのか、レベルが、本人には高すぎるのか。

もしくは、教科的に、毛嫌いしているのか・・・

まだ、やる気がある場合は、

なんとか、いろんな手段を使って、引っ張りますが、

ほんとにやる気もなく、肉体的に拒絶している場合、

お互いきついので、

これもやめることにしています。

やたら、キャンセルが多い場合。

これは、同業者にはわかると思いますが、

家庭教師は1日に何人も担当することはできません。

せいぜいが1日に二人です。

そして、何曜日かに決まった場合、

そこはあけますので、

キャンセルされるととても困ります。

塾のように、月謝制なら、休んでも困りませんが、

おそらく、出来高制で、日雇いニンプ?の場合が多いと思います。

特に、ひどい場合は、

当日キャンセルが続きます。

当日にキャンセルされたら、先生は

困ることはわかるはずなのに、しらっとされても困るので、

「二回目はいただきますよ」、というと、

二回目はなくて

二日前にいってきます。

二日前にいってきたら、大丈夫かというと、

それでも困るのですが、

ひどい場合、月の

半分、休む方もいます。

相手がいるんだから、ご自分の都合ばかり押し通してると、

あとでひどい目に合うよ、

と、心の中では思っていますが、

ただ、なかなか、やめられないのが、しんどいとこです。

ドタキャンして、

お金持ちだろうがなんだろうが、

自発的に払った人は、ひとりもいなくて

でも、ひとりだけ、

お母さまで、「あたしも、フリーだから、

払わいます」と、

心から言ってくださったお母様もいて

生徒本人は、払いたくなさそうでしたが、

結局払ってくださいました。

最初で最後かもしれません。

生徒は、超の名が何度もつく、第一志望に受かりました。

心意気、

というか、

親として、子供に何を見せるのか、ということだと思います。

とても、金持ちとは言い難い母親が、

僕のために、勉強もしてないのに、お母さんは、黙って払ってくれた。

申し訳ないことをした。

と、心から反省します。

そしたら、子供は絶対頑張る。

払わなくて得したねって言ってると、

なんか失っていきます。ほんとです。

受験なんて、1年くらいのものです。永久に続くわけではありません。

短くて半年。

そのお母さんは、息子の立派な未来が、お金で買えるなら、安いもんだ、とおっしゃってていました。

一番大事なのは、

子供のためには、お金なんか惜しくない、という、親の姿勢です。お母さんやお父さんが、絶対、

いってはいけないことは、いくらかかってると思ってんの、です。

「お母さんは、僕のためには、

お金は惜しまないんだ」、

と思ったら、お子さんは強くなります。

そして、

いやでも、人の道は、

払うべきものは払うんだ

という教えです。


誰だって、こんなお金は払いたくないけど、

でも、払うものは払うんだ、という覚悟です。

人の世の法則は

正負は拮抗している…です。

宇宙の法則は、

エネルギー不変の法則。

そして、作用と反作用です。

以上は、同じことで、宇宙や世界の法則は

人間の気持ちや、人間の都合とは相いれないこともあります。

子は親の鏡です。

親が怠け者で、

子供が勉強するはずはありません。

人のこと、他人の家庭はどうでもいいんです。

ご自分が「ずる」ばかりしていては、

お子さんはまっすぐ育つわけはありません。

ここはやせ我慢して、正直・正義をがんばる、のが親の心意気。

自分のためならできないけど、お子さんのためならやせ我慢できるのではありませんか?

やせ我慢…まあ、意地ですか・・・・

お子さんは、お母さんが好きだからじっと見ています。

受験は相手の都合に合わせるもの。

自分の都合ばかり優先しては成功はかないません。

受験中なのに、

飲み会で出かけて、飲んで酔っ払って帰ってくるお母さん、子どもが勉強するはずはありません、

お子さんは、「ママがサボってる」家庭教師に報告です。

「こないだママはあたしに宿題させといて、友達と飲みに出かけて、よっぱらって帰ってきた。」

今の塾家庭教師より、もっといい先生を探せば、うちの子の成績は上がるに違いない

と考えて、パンフレット取り寄せる前に、飲み会に行かないで、

一緒にメモチェをやってください。お子さんが望んでるのは、、一緒にそばにいてくれる人。受験のつらさ・悲しみ

を分かち合ってくれる人です。

・・・・うちの母は、僕の受験中、必ず、相当先に寝てましたが^^

まあ、これ見よがしに起きていられても困りますが・・・・・^^

大学時代、馬術部で、馬術部は早朝練習なのですが、、4年間、一回も朝ご飯作ったこともありませんでした。

まあ、

責めても、「いちいち起きてられるかいな、舅姑の世話もせないかんし、

うちは、書道塾ではたらいとったんや」…開き直るだけでしょう。

・・・・・・ご家庭のすべての秘密は、お子さんが家庭教師に話します。

家庭教師がそのうちでなんて呼ばれてるかも。

たいていは、「カテキョー」です。最近は^^

そしてこれは、

当人にはどうしようもないことですが、

受験中に離婚されたご両親。

僕は生徒に何と言っていいかわかりませんでした。

「大変だね」、

薄すぎます。何も言えず・・・・


なんだか、書いているうちに、

子供には責任がなくて

ご家庭の問題か・・・・

と、思う次第です。

友人と最近話していて、

ネガティブな話はつまんないから、

面白い話をしよう

といって、

別れました。

嫌いな映画や芸能人お話をしていたって、

顔は、いがんでできます。

今回は、困った生徒というお題が悪かった。

次は、


馬鹿親列伝

を書いて、

ネガティブキャンペーンは終わりにしようと思います。

書かないかもしれません^^










にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月27日 03時22分37秒

まずはがっちりっすべ...



大した理由もなく、東大を受けて、不合格になり、

「はた」と考えました。

というよりは、

ひたすら自分を鍛えて(いや、鍛えたつもりで)、受験に臨んだものの、

はじめて、四谷から東京の街を見て、

「ここは、人の住むところじゃないな」、と思って、

そこからすでに二浪目が始まっていたと思います。

その年、共通一次が始まり、

準備もせずに、高をくくって

共通一次を受けたら、まったく点が取れず、

純粋なのか、バカなのか、

私立も受けていなかったので、

1月の半ばで、二浪が決定しました。

世間の非難が怖かったのか、東大はその年、

足切りはせず、

幸か不幸か、

ホテルを取って、東大受験に臨みました。

初日は、浅草の増屋というホテルで

異常に、チャーハンがおいしかったのを覚えています。

二日目は、四谷のしょぼたれた旅館で

7人の相部屋、

地方の、秀才たちが集まって、

これまでの勉強の苦労話をしていましたが、

僕自身は、まったく受験に間に合っていないので、

「こらあかんわ」と思い、

純朴な彼らに断わって、

一人部屋にしてもらいました。

多分お金はエクストラではらったはず。

一人になって、勉強するのかと思いきや、

今も、丸の内線から見える、

グラウンドまで行って、

ジョギングなんかしてみたり、

僕はやっぱり、どうかしています。

・・・・・

サクラ・チル

まあ、案の定、不合格通知が来て、

というより、

もう二浪目の勉強に入っていました。


・・・・・・


東大受験の妄想も消え

次は、せっかくだから、

学生生活を楽しむために

大学へ行こうと思いました。

ロバートレッド・フォードの「追憶」という映画の大学生にあこがれていた僕は、

大学に入ったら、

運動部に入って、

「夢のような青春を謳歌したい」、

と思い、

そのためには自宅近くの大学がいいので、

東大はやめて、

神戸大学にしました(あくまで志望校です)

と言って、

神戸大学を、なめていたわけではありません。

かれこれ、1年以上、模試を受けていなかったので、

自分の位置がわかりません。

現役で、立命館の文学部に合格していましたが、

それはまぐれで、

神戸市外大と、京都府立大学はガッツリ落ちてました。

・・・・・・・

自分は馬鹿だな、と、反省はしていましたが、

二浪までして国立じゃないと、顔が立たない、風が悪い、

と思っていたかどうかさえ、

もう35年近く昔なので、覚えていません。


・・・・・

まず、一番よかったのは、自分が馬鹿だなと、心底思ったことです。

到底及びもつかない、東大を受けて、

共通一次の準備もせず、お話になりません。

受験は目的なのに、

手段と化し、

「剣豪」のように道を究める勢いで、

変な勉強をしていました。

・・・・

心理学で学びましたが、

あまりにも、現実離れした、目的だと、

マイナスとマイナスで、

ひどい行為に人間は陥るというのです。

まさにそれでした。

出来もしないのに、

Z会をやって、

実際は、まったく返送していませんでした。

すすめられるままに、いろんな、評価の高い、そして自分には理解不能な、

問題集に手を染めていました。

問題集は自分の実力より少し上を目指すべきです。


・・・・・・


そして、剣豪のように、道を究めることはやめて、

一番俗っぽい、勉強をすることにしました。

一番人気のある問題集をちゃんとやるのです。

もしもきっちり受けます。

・・・

方向性は違うけれど、

一生けんめいやっていたので、

神様も同情したのか、

一番自称剣豪としては、毛嫌いしていた、

「試験に出る英単語」を、

一浪目の秋からやって、

なんだか、英語はかなりできるようになってきていたのです。

真面目なので、

2か月で完全に暗記しました。

原理主義の僕も、

単語の力はわかったので、

そのあと、「試験に出る英熟語」も覚えました。

11月くらいからは、英語は安定していたのです。

「俗っぽいやりかたは、一番学力にきく」

ということがわかっていたので、

二浪目の春というより、二年目の浪人が決定した日から、

きっちり、スケジューリングを始めたのです。

高校時代の親友が、わざわざ、家まで心配してやってきてくれて、

役に立ったという、生物と化学の問題集をくれました。

彼は1年浪人して、神戸大学の農学部に合格していました。

その、「数研の問題集はホントよかった」と言ってました。

・・・・・

二年目二浪目のテーマは決まりました。

一番俗っぽくやる。

もう浪人はしたくない。

何が何でも、来年は受かる。

・・・・・

神戸大学が、どれくらいもののか知らんが、

とりあえず、絶対受かる、

すべり止め?として受かる。

受かる・・・・うかる。

呪文ばかり言っていても仕方がないので、

現実的な路線を取りました。

要領は悪く、馬鹿ですが、


現実的になれば、超現実的な僕です。

とりあえず、基礎は固めようと思いました。

当時、共通一次は5教科7科目。

どう考えても、毎日頑張っても、

間に合わない

勘定です。

皆どうやってるんだろう?

今、主に中学受験を指導していますが、

思います。

「このスケジュール、

ほんとに、皆子供はこなせるのかな?」

中学受験は4教科です。

社会なんか、地理、日本史、公民とトリプルパンチです。

・・・・・


来年は、大学生になるために、いちばん現実的な路線で行こう。

おそらく、そこまでしなくても神戸大学は受かるだろう。

でも、オーバークオリファイ・・・・神戸大学には、必要ないかもしれんが、

原則的に基礎を徹底的に固めよう。


・・・・

そう思って、スケジューリングしました。

素直に、4月に模試も受けました。

・・・・

結果は・・・・

あろうことか、各教科偏差値が70で

各教科偏差値70だと、

全教科だと、偏差値75でした。

もちろん志望校別では、1位でした。

河合塾か、代ゼミの模試でしたが、

名前も、成績優秀者に乗りました。

・・・

が緩むことなく、努力は続け、

多分、神戸大学には、文系でトップくらいで入ったと思います。

同じ馬術部のやつが経済学部という神戸大学の看板学部で

共通一次が800そこそこで、

経済学部で2位ということを聞き、

僕は880くらいだったので、トップに近かったと思います。

・・・・


多分、大阪大学くらいは、

余裕だったのでしょうが、

大学に行く目的が、運動部なので、

遠い大学はやめてよかったのです。

就職に目的がある、大部分の生徒はそうしたでしょう。

・・・・

もともと、普通にいい会社に行くという、発想がなくて、

高校出たら、

働きながら好きなことをしたいといって、親ともめていて、

じゃあ、大学くらいは行こうかな、ということで始めた受験です。

・・・・

ただ、ここで大事なことは、

まず、受験するとして、足元を固めるということです。

絶対いける学校に入るためにすることが、

もっと上の学校を目指すための方法論です。

本当です。

僕がもし、神戸大学をなめて、

勝手な、勉強を続けていたら、合格はしたかもしれませんが、

そんなに、華々しい・

戦果は挙げていなかったと思います。

・・・・

まずは、自分が絶対いける学校には受かるようにする。

そこでさえ、ちゃんと勉強しなければいけないです。

東大に行くために必要だと思った勉強をしているよりも、

神戸大学に受かるために、基礎を固めるほうが、

結果的には、東大には近くなるという真実です。

偏差値70を目指すなら、

まず、偏差値62あたりの問題は死んでも間違えないようにする。

それが近道なのです。

いちばんダメな方法を僕は、東大を受けるまではしていたので、

成績は伸びなかった。

それはおいといて

基礎固めを図ったら、

結局は東大に近づいていた。

後年、

東大も、
A日程、B日程と、

国立が二回受けられるシステムができた時、

僕の時代なら、

僕ももう一度、東大を受けられたのになあ、と思いました。

今は、学歴は、ある程度大事だと思っていますが、

東大を出た人が、

役所に入って、利権をむさぼっているのを見ると、

「何のための勉強だったのか」と思いますが、

彼らは、天下りして、いい思いするために、

東大に入ったのだから、

そもそも、僕とは、考え方が違います。

先日、大阪都構想の投票がありましたが、

役所はどうやったって、

役所なので、

どちらにしても変わらないのではないか、と思ってみていました。

・・・・・

前回、

そこそこの名門の問題をクリアしましょう。

その先に、鴎友があり、豊島岡があります

といったのは、以上のような意味でした。


まずは基礎をがりがり、がちがちに固めます。

そしたら、成績は安定します。

繰り返し身に着けた、確固とした知識があり、

さらに、才能があれば、

全国レベルになります。

そして、知能指数が異常に高い人以外は、

この方法論が一番確実です。

・・・・・

指導歴30年です。

自分が受験生の時に取った、方法論が、

一番オーソドックスなもので、

間違っていなかったと、いろいろな生徒を指導していておもいます。

この方法論で

東大や一橋東工大、ほか、中高レベルで早稲田、慶応、マーチに生徒たちは受かってきました。

もちろん中学受験で、御三家に行った子も中には、います。

何年か前に、

アエラウィッズキッヅの取材を受けた時も、

この繰り返し勉強法の利点を、

近所の、バーミヤンで語ったら、

ライターの方が上手にまとめて

アエラウイッズキッヅに掲載されました。

アエラだって、けったいな勉強方法なら、

掲載されなかったと思います。

まずは足元を固めて。


・・・・

今塾に行ってるなら、塾のテキストを繰り返しましょう。

1冊に決めるのがコツです。

塾に行ってなかったら、

四谷大塚の予習シリーズや、

新小学問題集

などを繰り返してください。

これも皆が使っている、オーソドックスな問題集を使うのが、間違いのない選択です。

もし私立で

受験を意識しているテキストを使っているのなら、

それをメインにしましょう。

なにもかも、と手を出すと、あぶはち取らずになります。

また、学校の方向性と違って、

違うものをやっていると、学校では、居心地が悪いものです。

両方こなしている

と思う人が、お子さんの周りにいても、

それは、たぶん、内情は違うので、

気にされないほうがいいと思います。

どのご家庭だって、

八方うまくいっている生徒なんて、見たことがありません。

人がうらやむような、学校に行っていても、

本人は、さほど満足してなかったり、勉強が嫌いだったりもします。

・・・・

一番大事なことは、人と比べないことです。

受験は、マラソンで

マラソンは、人との競り合いではなくて

自分のタイムとの、戦いです。

・・・・・

繰り返しになりますが

志望校の過去問があって、

今の自分と比べて、

その合格最低点まで、自分が、行けるかどうかが勝負です。

どんな学校だって、なめてたら、ひどい点数になります。

・・・・


健闘を祈ります。


・・・・
余談になりますが、

就活の時、

僕は、市場における自分の価値がわからなかったので

まず、とりあえず、

ケンタッキー・フライドチキンから始めました。

食品も、サービス業も好きだったので。

見学に行った、神戸の須磨のケンタッキーフライドチキンの店長に、

深田・裕介の、「サラリーマン・野戦学」という本を、薦められ、

「どうせ、つまんない本だろう」と思ったのですが、仕方がないので、買って読みました。

案の定、つまんないマニュアル本でしたが、次回店長にあって、その話で盛り上がりました。

「参考になりました・さすがです」、とか、よいしょして・・・

先ほどの、神戸大学の経済学部の友人に、「ケンタッキーに就活行ってきた」、と話したら、

「あほか、あそこは、中途採用のやつが行くとこじゃ。」

と言われました。

「そんなもんかな」、と思いましたが、

段々、世間的にも人気のある、企業に、訪問の

ランクを上げていきました。

早稲田や慶応の学生が、

自信を持って、名の知られている一流企業ばかり狙って、

断られて、へこんでいるのがよくわかりません。

相手が自分を判断するのだから。

・・・・・学校選びもそうだと思います。

結局三浪はしたくなかったので、

神戸大学のほかに、

関学二つ受けて、

甲南も受けました。

さらに、偏差値75なら

関学や甲南も落ちるはずがないのですが、

さらに、英知大学という、

偏差値がものすごく低い大学も受けました。

なぜか、二日間もこの英知大学は試験があり、

二日目に受験している途中で、家に、

電話したら、

「甲南大学から合格通知が来たで〜」と、親が言ったので、

帰宅しました。

もちろん、ほか全部落ちたら、英知大学に行くつもりでした

それが僕の実力なのだから・・・

余談でした。

そういえば、

中学受験も、

2月1日から、5日までは、地獄のような、行脚が、つづきますね。

どこに払い込んで、どこを、どの順番で受けるか頭の痛いところです。

・・・・・

ふたたび、健闘を祈ります。










にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月22日 08時45分34秒

過去問がぱっと見、む...




過去問がぱっと見、むつかしそうな場合。

塾に通ってらして、

あるいは、通ってらっしゃらなくて

今、お子さんが、5年生か6年生だとしましょう。

常に僕は、

「過去問の最低点」が、一番信用で来ると申し上げています。

準備のいいお母様は、

今年出た、今年の志望校の過去問を、お求めになったかもしれません。

特に6年生では、切迫しています。

・・・・

中学受験した経験のあるお母さんでも、

そうでなくても、

一応はご自分で見るはずです。

・・・・

いかがでしたか?

あまりにも難しそうだと、

へこんで、不安になられるのが当然です。

・・・・・
)榲に難しい場合

男子の御三家など、普通の問題は当然できるとして、相当ひねった問題です。

△なり難しい場合

鴎友など、御三家には、及びませんが、かなりなレベルが出題されています。

I分的に難しい場合

豊島岡などは、途中までは、そこそこ基礎的な問題が出てて、

一応多少は取らせてくれます。

鴎友のように、全部、かなりなレベルというわけではありません。


↓の場合、どちらが得点しやすいかは、

生徒によるでしょう。

ぁ屬僂辰噺難しいが、よく吟味すると、さほどでもない」場合。


今回は、このお話をします。


・・・・・・・

ぱっと見が難しくても、解いてみれば、そこそこな問題の場合です。

塾の先生でさえ、ご自分が担当している教科以外の過去問は見ないと思います。

家庭教師でも、自分の担当している教科以外はあまり見ないと思います。

また、自分の担当している生徒が受験する志望校の問題以外はあまり見ないと思います。

したがって、全ての学校の問題に精通している先生はいないということになります。(たぶん^^)

日能研に「銀本」がありますし、

「声の教育社」や、ほか、から過去問が出ていますが、

多分、毎年同じ先生や、

または、大学の院生などが、解答を作っていると思いますが、

ずっと同じ先生ということはないと思います。

もちろん、概論として

個々の学校の算数は、こうだとかという、傾向レベル・出やすい範囲

の指摘、はありますが、

実際に自分で解くしか、正確な過去問の情報はつかめません。

塾で

日特とか、志望校別の、傾向と対策の、授業もありますが、

志望校の過去問を、ただ、解いて解説するだけだと思います。

また、塾の先生の実力から言って、

生徒に分かりやすく教えることはないと思います。


・・・・・・

今年も何人かの、

塾に通っている生徒にリサーチしましたが、

やっぱり、塾の授業はさっぱりわからないということでした。

レベルも通っている小学校も違う生徒が

同じように塾の授業はわからないと言っているということは、

深刻な問題ですが、

毎年のことです。

塾側が、これを取らなきゃあだめ

と言っていることも同じですが、

自分で解いて、

解答見てわからないとこは、家庭教師に聞くというのが一番能率的だと思います。

解答も不親切なこともあります。

・・・・・・・

志望校のレベルがわからない場合は、家庭教師の先生に問題を見せて、解いてもらうしかありません。

実際解いてみれば、

意外に易しかったということもあります。

お子さんのレベルと比べて

「これは無理」という場合は、

僕は正直に言います。

それでも、どうしても、

受験したい場合は

それは自由ですので、家庭教師としては、

すべり止めの選択に回ります。

が、過去問やって、

合格最低点に・箸にも棒にもかからない・場合は、


本人にもわかりますし、

受験直前になれば、

普通は、いうことはきいてくれます。

お母さまが半狂乱になって

受験するときは、

それは、僕は止める立場にはありません。

冷静にとめますが、

受験後に、

「無謀なことをした」と

おっしゃるお母様に、

「僕は何度も止めました」と言っても、

「先生、そんなこと言いましたっけ?」

というお母様もいます。

一度も合格最低点をクリアしない場合は、

やめたほうがいいです。

苦手科目があって、

それが、得意教科でカバーできる場合、

算数が苦手でも、何とかなる場合もありますが、

一概になんともいえません。

今回、

ご依頼があって、関西圏のかなりな名門校の過去問をやってみましたが、

ぱっと見難しいのに、

首都圏の難関校に比べれば、何とかなるレベルでした。

「高認」という、

もともと「大検」といった、テストもこのきらいがあります。

英語なんか、ぱっと見は、難しいのに、

設問が易しくて、

からっきし英語ができなくても、

合格してしまいます。

ほかの教科もそうです。

高校中退者が、ものすごくたくさんいて

たいていの資格は

「高卒」が条件なのでこうなったような気がします。

また、数学だけは、

高認も厳しいのですが、

今は、サポート校があって、

レポートを出せば、

数学もなんとかなる仕組みにしているようです。

以前、「大検」でしんどい思いをしたかつての生徒のことを考えると、

気の毒な気がします。

彼女は10年近く、大検を受けてやっと合格しました。

数学も当時は

自力しかなく、そこで僕が家庭教師となっていくことになったのです。

・・・・・

今回見た、関西圏の名門校の問題も、

皆、表向きは難しいのですが、

理科なんか、思考力を試す問題で、

えげつない中和滴定とかはありませんし、

社会は、ちゃんとやっとけば取れそうです。

国語は、ガチ記述で

鴎友なみですが、

僕はそもそも国語の先生なので、


記述のコツは、きちんと生徒に伝えられます。


よく言うのですが、

「算数を苦手な生徒に教えるのはしんどい」が、

「国語を苦手な理系の生徒に教えるのは比較的簡単」です。

国語は「読書しないとだめ」のような印象がありますが、

そうでもありません。

もちろん、読書量が多いほうが、

国語は楽です。

この間、生徒に国語教えていて、

本当に、最近の子供は、

読書してないので、

何も、言葉を知らないんだなと、

ビビりました。

春一番、知らんか・・・・スタメン知らんか・・・・

一人や二人じゃないので、

一般的な傾向だと思います。

漢字も読書量が少ないので、

苦手な生徒が増えています。

・・・・

一見むつかしそうな過去問も、

中身はそれほどでもない、という学校もあります。

が、やってみないことには実態はわかりません。

もしかして、

お子さんにとってだけ、グッドな問題である可能性もあります。

・・・・・

大変だなと思っても、

プロの家庭教師に相談すれば、道は開けるかもしれません。

僕自身も、ほんとうは、

「無理です」

とは言いたくはないんです。

本当は

「ここなら、僕とやれば何とか入れてあげられる。」

といいたいんです。

「基礎を固めていけば、おのずと合格ラインだ」

といいたいんです。

ただ今年の冬も、過去問解いてて、

中和滴定にしろ、

算数にしろ、

こりゃあ、小学生の解く問題じゃない。

大学入試レベルだろ、

という問題もいっぱい見ました。

それがいいのか悪いのかは別として、

最終目標は

大学入試なわけですから

今、そこまでやる必要があるのか?、という問題もあります。


有名大学の付属で

中学受験だけで、終わり、

という場合は別です。

ただ、


付属で、上の学校に上がるのを、結構苦しんでいる、

生徒たちも見てきましたので、

一概には、入っちゃったら勝ち、終わり、

という訳でもないようです。

・・・・

またもし、今、まったく準備がされてなくて

これから受験しようという、生徒であっても、

知的好奇心と、やる気があれば、

今のレベルが最低でも、今からでも間に合う可能性もあります。


昨年は、6年生まで子役タレントとして活躍して、6年生の5月から受験勉強を始めて、

超名門に入った女子生徒もいました。

・・・・

以上です。

ぱっと見難しい過去問でも、

プロが見れば、ほんとは、

大して難しくないかもよ・・・・

というお話でした。

じゃあ、その関西の学校教えろ、

聞いたら得じゃないか?という向きもあるか、と思いますが、

もし聞いたとしても、

本当は、

地道に知識を重ねていけるかどうかに、受験はかかっています。


幾ら問題が基本的だったからと言って、

すんなり、問題が、解けるわけではありません。

地道に、

メモチェなり、

新小学問題集なり、

本科なり、栄冠なり、

予習シリーズをキッチリ仕上げないと合格は望めません。

本当です。

そして、それが仕上がって、い粒惺擦確実になった場合

実際は△筬の学校も手の届くところに来てて、

優秀な生徒はそっちに回ります。

だから、なんだかンだいって

毎年の学校の偏差値や受験者の

層は、ほとんど変動しません。


健闘を祈ります。







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月21日 08時35分14秒

ムムム、意外と厳しい...

(以下の話は加工してあるので、特定の個人や団体とは、一切関係がありません。)

塾は、週三日ほどあって、

その日は、まあ、勉強はできないから、

あとは、つまり、自宅学習できる日は、週4日となります。


このうち、2週間に一回は、

カリテほか、実力テストになるので、

それも考えると、自宅学習の時間はさらに減ります。

今日,生徒と、社会の栄冠をやりましたが、

結構難しく、本科を参考にしないと、

なかなか、大変です。

小学生にとっては、

知らないことばっかりなので、

しんどい話だと思いました。

トヨタは、

大人にとっては、自動車の世界的メーカーですが、

子供には、少しわからないかも。

瀬戸は、大人にとっては、

瀬戸物という言葉から、

窯業というと難しいですが、

まあ、焼き物関係で、

焼津も、

大人にとっては、

カツオやマグロの、

基地かなというくらいはわかります。

製糸工場や、

蚕や、養蚕という言葉だって、

着物が、原料は、

生糸だってことは大人はわかっていますが、

子供は,たぶん、知りません。

円周の長さや、

円の面積、

扇形の面積なんか、

はじめてみるし、

円周率の計算も初めてで、

疲れていたら、益々、しんどいです。

自宅学習の時間は、

4日あるとして、

では、
スケジューリングはどうするのか、

という問題は、頭の痛いところです。

昨年、あるお母さまから

「オプ活やオプ理は、やるべきか」と、

聞かれて、

理想論では、

「栄冠がいいでしょう」と言ってありましたが、

いざ自分が、

塾の生徒を担当していると、

深刻な、話です。

2週間の無限ループがいつまでも続きます。

さほど、成績の伸びも期待できず、

相変わらずのような気がする、お母さまも多いかもしれません。

具体的には、

それでも、

残りの4日で

算数の栄冠…・2回か3回

理科社会の栄冠…1回

ぐらいしかないでしょう。

次の塾では、

理科社会が、もう一回進みます。

理科が、難しい分野の「天体」だと、

さらに面倒なことになります。

また、カリテの直前に、また、別の分野に算数は進みます。



・・・

ただ、いいところもあって、

社会などの、情報量は、

まずほとんど、これ以上は出ないというレベルです。

本科も合わせると、膨大な情報量です。

これだけやっておくと、

これ以上の問題が実際の本番で出ることはないでしょう。

国語の得意な生徒は、普通、記憶力もいいので、

社会は、やりやすいと思いますが、

一人じゃ大変なので、

お母さんが張り付いて、問題を言って、答えを

聞いてあげるしかないと思います。

もちろん自習できるならいいですが、

サポートが必要だと思います。

何気なくできてる子がいるように思われますが、

おそらく、かなりの

サポートがあると思います。


・・・・・・


ただ、この、無限ループの怖いところは、

今回、2回分の分量のカリテをやっていたとして、

いつ復習するか?・・・・・です。

実際は、塾に通っている限り、

その時間はありません。

夏期講習もテキストは違いますし、

6年になれば、6年のテキストがまたやってきます。

「皆、どうしてるんだろう?」

ほとんどが、

無限ループにのまれているんだと思います。

・・・・


常々主張していますが、

やっぱり、

夏期講習などはお休みして、

それまでの、復習をするしかないと思います。

6年生になったら、

ある程度は、塾と距離を置いて、

5年生の復習をするしかないと思います。

そうでなければ、

いつまでたっても、

知らないことばかり、

知らない情報ばかり、

毎回見て、

げんなりすることになります。


・・・・・

ただ、

例外もあり、

一人で復習ができない場合は、

塾に行かざるを得ないと思います。


以前にも申しあげましたが、


自分で勉強できなければ、

一人でやるなら、だれるなら、

塾に行っていた方がいいと思います。


ただ、これも例外があって、

塾でもサボっているなら、

受験はおやめになったほうがいいと思います。

改めて、

今回、

塾のサポートに回ってみて

「けっこう厳しいな」、というのが実感です。


ここしばらくは、

塾をおやめになった生徒さんが多かったので、

久しぶりの、無限ループです。

経験ある家庭教師でも、

大変だな、

と思うのですから、

普通のお母さまが

「大変だな」、

と、お思いになるのは当然で、

あまり思いつめることはないと思います。

このスケジュールと、量がそもそも

無理なんだと思います。

量を減らして、

まずは基礎を固めるのが得策かと思います。

が、算数なんかは、

確かに、

「び」に入り、「さい」にわたり、

あらゆるパターンが網羅されています。

プロ的に言うと、

こんな問題は、

本番で見たことないなあ、

というパターンも、

ありますが・・・・・・・^^

・・・・

漢字も計算も宿題もありますし、

ほとんど、ずっと、勉強してないと、

こなせない量です。

ご心配なさらないでも。、

皆、苦八苦しています。

こないだブログに書いたとおり、

小学校が厳しいテキスト、勉強を、

課してくる場合、

おそらく、どう考えても、

両立は無理だと思います。


・・・・

今回、何年かぶりに、

塾に通っているお子さんを担当して、

塾を完全にやめて、

僕のところにやってくる親御さんのお気持ちもよくわかりました。

「オプ理・オプ活もやりますか?」


というのが、切実な、訴えだということも、再認識しました。

・・・・

きっと、

捨てるか捨てないか、というご判断が、おかあ様には難しいのだと思います。


・・・・

普通には、栄冠に絞って繰り返すのが

王道だと思います。


カリテの問題で、

本科には、あったが、

栄冠になかった、問題がでていたとして、

も、それは仕方がないと、あきらめるしかありません。

全部は無理です。

栄冠を選んだら、栄冠

本科を選んだら、本科

で勝負するしかありません。

両方なんて、おそらく、情報量が多すぎて、一回回すのがやっとだ、と思います。


肝心なことは、「確実な知識を増やすこと」。


またありきたりな結論になってしまいましたが・・・・


健闘を祈ります。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月15日 00時39分39秒

暗誦のススメ






暗誦のススメ


学問のススメ、というのがありますが、今回は、暗誦のススメ。

こないだ、生徒と、坊主めくりやりました。

ほとんどが、運に左右され、頭使わなくていいゲームです。

そしてもちろん、カードは、

百人一首。

時々行く,フレンチのシェフに、その話をしたら、

ぜひ、百人一首という、素晴らしい文化を後世に伝えてくれとのこと。

このシェフのスープは絶品で、

もともと、京王ホテルのシェフだったとか。

帝国ホテルのムッシュとも仲が良かったそうで、

特に野菜の調理がお上手です。

確か、どっかの調理師学校でも教えていらっしゃったとか・・・・

いつも、おいしいものを食べさせてくれて、

上品で、よく気の利く奥様と、二人でやってらっしゃいます。

難点は、8時には店を閉めてしまうことです。

気楽に、人を使わずに、細々とおやりになりたいのでしょう。

たまに、サービスもあります。

腕がいいので、もっと、手広くやっても流行りそうですが・・・・

シェフのお母さまは、百人一首の選手だったそうで、

ジムで、知り合った、大学生も、選手だったそうで、

なんだか、こういうことは続きます。

・・・・

本題です。


古文の、文法は、普通は、

助動詞が一番難しくて

活用とか、何に接続するとか、

丸暗記するのが常識です。

が、逆の方法もあります。

百人一首を、丸暗記します。

暗誦です。

丸暗記すると、

中に、助動詞が、入っているので、

そこから逆算して、

助動詞の用法がわかります。

僕は、

伊勢物語の

「蛍」

が好きだったので、

暗誦しました。

受験を目的とは、していませんでしたが。

後年

「蛍」の中に、

同格の「の」

が使われていて、

そういう覚え方もあるなと思いました。

伊勢物語は

「昔、男ありけり」

で始まります。

「けり」

は伝聞の助動詞で、

あり

は、「ラ変」



動詞「あり」

の、連用形です。

したがって

「けり」は、

連用形接続になる、

という感じでもいいですし、

「けり」

は、連用形接続なので、

「あり」は連用形だ、

という感じでもいいです。


・・・・・・

暗誦しておくと、このように、逆算できます。

暗誦は、ものすごく不効率な、勉強法に思えますが、

実際は、

最も効率的で、

忘れにくい覚え方です。

百人一首、全部覚えたら、

助動詞は全部入っていますし、

古文の面倒な、単語も、

係り結びも、

「こそ」とか、

全部把握できるはずです。


・・・・

昔は、漢文も、

暗記してました。


「子いはく、なんたら、かんたら・・・・」

と、子どもは、わけもわからず暗誦していました。

そして、

大人になって、はたと、

意味に気が付くのです。

何も考えずに

覚えていたことが、

意味が、人生経験をして

わかってきます。

感動的なことです。

また、

当然、漢文の句法も、

そこに入ってきます。

そして、

実際は、僕たちの国語日本語の中に、

漢文や古文は、

きら星のように、散らばっています。

日本人の遺伝子の中に、

古語や、漢語は入っています。

・・・・

ミスターチルドレン

あまりいいとは思いませんが、

最初のヒット曲・・・インノセント・ワールド

最初の歌詞は

「黄昏の街を背に…♪」です。

二番は、

「夕食の話題でさえ〜」とか。

黄昏は、

素晴らしい言葉で

「誰ぞ、彼」

と、夕やみに

見えなくなった相手がだれかわからないから

きた言葉で、

すうっと、歌詞の世界に引き込まれますが、

夕食の話題は

韻文ではありません。

韻文は、何度も繰り返される、

歌の言葉で

日本ではふつう、

5・7・5

だったりしますが、

夕食の話題は、

散文で

このような言葉が、

歌詞に出てくる時点で、

文化は?です。


漢文だって、

漢詩は、韻を踏んでるし、

英文だって、

シェークスピアのセリフなんか、

韻踏みまくりです。

だから、どっちかというと、

シェークスピアのセリフは、

古語を使ったほうがはまります。

山本夏彦が言ってましたが、

明治になって、

言文一致運動のせいで

日本語は壊れた。

夏目漱石だって、

森鴎外だって、

現代語には、困った。

が、戦後、

国語審議会という

けったいなもんができて、

また、

口語自由詩なんかが、幅を利かせて、

文化が壊れてきた。

その延長線上に、

さだまさしがいて

ミスターチルドレンがいる。

・・・・・

サザンオールスターズだって、

「さやけき」なんて、

日本語ちゃっかり使ってます。

・・・

古文や、漢文なんかは、
暗誦も、

一つの勉強法だという話でした。


・・・・・・

英文もそうです。

大学受験。

普通は、単語熟語覚えて、文法やります。

ちゃんとやれば、

マーチはいけます。

行けない人は、

ちゃんと覚えない人で、

それから先は、

国立の二次試験になります。

二次は記述で英作文が出てきます。

これは、暗誦しなければできません。

英語の文章の形、

は、日本人にはわからないので

暗誦するしかありません。

今だと、普通、

駿台の700選をやります。

英作文するとき、

困るのは、動詞の使い方で、

暗誦してると、

この動詞は、こういう使い方をするとわかります。

英作文はこれしかありません。

覚えた単語と熟語をいくらつないでも、

英語らしい、表現にはなりません。

英語らしい表現を身に着けるには、

文書いうをいっぱい覚えるしかありません。

したがって、

いっぱい覚えるので、

勉強は大変ということになります。

私立は、大量の受験生をさばくので

マークシートになります。

自由英作文なんか、採点している、

余裕はありません。

ほんとは高い受験料取ってるんだから

余裕はありますが、

マークシートにすれば、

採点する人を雇わなくていいので、
効率的です。

覚えている文章が多ければ多いほど、

いい英文ができますが、

英作文は、総合力なので、

なかなか、難しい話です。

僕は、

和文英訳の修行

という、Z会お薦めのものを、

500覚えました。

また、家庭教師のお兄さんからもらった、

名門予備校

大道学園の、

熟語集を1200覚えました。

合計1700.

圧勝です。

もちろん時間はかかりました。

英作文だけじゃなく、

熟語も、単語も、

文章で覚えていると忘れません。

これを逆用したのは、

デュオという、

単語熟語集で
一時はやりましたが

現実性がないので、

すたれました。

英文で覚えるのはいいのですが、

実際の、文章を読んだとき、

出るたんみたいに、

ばらばらで、

ガッツリ覚えてるのはしんどいが、

効力を発揮する、単語集とは、わけが違いました。


結局、記憶に使用した時間と、

英単語熟語の効力は比例するみたいで

デュオで覚えた人は、

実戦で使えるまで

かなり時間がかかりました。

セットで覚えているので、

記憶の中でばらせないのです。


・・・・・・

暗誦は、公立の中学の英語でも、効力を発揮します。

定期試験の前には、

生徒に、教科書を暗記させます。

穴あきほか、

すごい威力です。

が、真面目で素直な生徒しか、やらないので、

怠け者には

強要しませんでした。、

古文と同じように、

丸暗記させると、

文章に、

例えば、現在完了があると、

すぐに生徒は、現在完了のシステムが理解できます。

I  have been  to the  U.S.A

という文章があれば、

これで一生、

私はどこそこに行ったことがある、

という英作文は、

この形でできるわけです。

・・・・

だから、

僕が、つねづね

NHKのラジオ講座を進めているのは

この理由です。

教材はしっかりしているし、

ネーティブスピーカー

が、何度も読んでくれるので、

自然と、暗誦することになり、

素晴らしい、確固たる英語力が身につくのです。

教科書を暗誦させると嫌がりますが、

楽しい、教材で、

繰り返していれば、

ナマケモノでも大丈夫です。

そして、

教科書の暗誦は、

目で覚えますが、

ラジオ教材は、

耳でも覚えますので、

記憶は確かなものになります。

何度も耳で覚えると、

死ぬまで忘れません。

僕もいっとき狂ったように、

大杉正明先生の、

ラジオ英会話を繰り返し聞いていたので、

そこで、

特徴的だった、

文章は、耳に残っているので、

不思議なことに、文章読んでくれて役者さんの声で

今でも、すぐに口を突いて出ます。

したがって、英語学習の到着点は、

日本人は、NHKの

ラジオだと思っています。

基礎英語から始めて

ラジオ英会話に移り、

最後には、

杉田先生の、

ビジネス英語まで行けば、

一生世界中どこに言っても、困らないでしょう。

それだけ、

繰り返し聞くだけで

マスターできます。

問題は、毎日聞くこと。


学校に行っていたら、大変です。

僕だって、

英語に燃えていた2年間は、

死に物狂いで聞いていましたが、

留学して帰国した後は、

やる根性も失せて、

ギリギリ、

目覚ましでMD^^

で昔の、講座を聞いています。

・・・・・・


以上、

意外と、面倒で、

昔風の勉強法だが、

実際は、ほんとうは、

最も効率的で

現代的な勉強法、

暗誦のススメでした。







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月10日 04時18分28秒

さすがだぜ、キーワーク




中学受験を終えられたおかあ様方に、

中学校の勉強の仕方をよくたずねられます。

僕は、迷わず、キーワークをお勧めしています。

教育開発出版です。

生徒を教えていてであった、問題集です。

多分7年くらい前かな。

その子は、もう、マーチの大学二年生。


以前は塾でしか購入できませんでしたが

今ではネットで手に入るみたいです。

多分、本屋の流通に回すと、マージンを取られるのが嫌だったのではないかと思っていますが

世の中のほうが、

アマゾンの世界になり、

多分、直接、出版社から販売できるようになったのだと思います。


昔あった牛乳屋さんや、ミシンのお店も、

時代の流れと共になくなり、

米や、酒屋もなくなり、

八百屋だって、魚やだって、

ほとんどスーパーにとってかわられました。

本屋も受難の時代で

店頭で、見てアマゾンで買うという感じで

また、

以前の稼ぎ頭だった、辞書も、売れなくなり、

参考書も問題集もアマゾンになり、

本屋は厳しいみたいです。

辞書は、電子辞書に変わり、

これは実際は、英語学習には、だめで

辞書でなければならないのですが、

時代の流れで、電子辞書全盛で、

生徒にいっても耳を貸しません。

ある学校は感心なことに、辞書を進めているのですが、

お母さんのお古はだめで

さらに、

初心者用と、上級者用を

買わせるみたいで、これもどうかしていると思います。

一冊で十分です。

漢和辞典にしろ、国語の

辞書にしろ、さして変わらないものです。

エコ、とか言いますが、

無駄の多い世の中です。

今日生徒の国語の授業で

循環型の社会の文章読みましたが、

よく考えると、

汲み取り式のぼっとん便所は、

トイレットペーパーは、新聞紙だったし、

排泄物は、そのまま、畑にまいて

植物の素晴らしい養分だったし、

素晴らしい、リサイクルだったようです。

買い物も、昔は、

エコバックなどと気取らず、

卵も新聞紙で、

割れないように包んでくれました。

味噌や豆腐も確か、

入れ物を持って行って、それに入れてもらったように思います。

・・・・

さて、キーワーク。

数学です。

その生徒は東京書籍。

イケテル学校は、馬鹿だから

数研出版の教科書を使いますが、

教科書は、絶対東京書籍。

そして、問題集はキーワーク。


これだけで、高校受験はばっちりです。

いつものように、試験までに、3回やってください。

素晴らしい問題集です。

東京書籍は、時代にのまれて、

ひよってしまい、

薄っぺらい、表現というか、

レイアウトに部分的になっていますが、

商売だから仕方ありません。

出るたんも、商売っ気がなく、

速読英単語や、システム性単語に押し切られていますが、

最近、ジーニアスの熟語集を見て、

土性骨の入った、いい、地味ながらも、

素晴らしい熟語集だと思いました。

出る熟も悪くありませんが、

時代とともに、口語表現に欠けるきらいにあります。

今までは、ターゲットの熟語集を使っていましたが、

これからは、ジーニアス熟語集を薦めようと思っています。

今どきの高校生には、ちょっと、受けの悪い、地味な装丁ですが、グッドです。

・・・・

またまた脱線しました。

そう、キーワーク。数学。

質量ともにばっちり。

あらゆるパターンの問題が網羅されています。

量も、げっぷが出るほどの量で、

ここがゆういつの難点。

怠け者にはきつい。

ほんとは、これを、試験までに3回繰り返せばばっちりです。

チャレメも、ほかの問題集も必要ありません。

数学は、どんな教科書も、内容は一緒なので、

代用が聞きます。

英語や国語だと、

教科・
ボウヨウでなければ困りますが、

数学は、大して違いませんし、

おそらく、

出版社別でないものも、あると思います。

困るのは、

今、結構な数の中学高校が、

Z会の、教科書だったりするので、

Z会の準拠のキーワークは、ないみたいです。


これから、受験界での指定校という学校に限って、

Z会や数研の教科書を用いて、

数研の理系の問題集は素晴らしいし、

Z会も、

僕自身Z会の申し子みたいな人なので、

困ったことなのですが、

それは、上級者にはよくても、

初心者にはきついのです。

僕も偏差値が、60を超えるまでは、

Z会はやるべきではなかったと後悔しています。

勉強の途上にある生徒は、

普通の東京書籍の教科書が一番いいと思います。


高校の社会は山川いいに決まっています。


昔から名著と呼ばれた問題集や参考書は、それなりの理由があるのですが、

中途半端な教師が

もしかしたら、出版社の営業に負けて、

入れてしまうのかもしれません。

国立の学校なら、

その教科書の

編著者だったりして、

学年主任が、そうなら、その学校は、

必ず、その教科書を使うことになります。

英語や国語は、準拠版を使わざるを得ないので、

準拠版がない場合は困ります。

それでも、

高校受験をする場合は、

そんなことも言ってられないし、
おそらく塾に通うので、

多分

新中学問題集などを使うことになるんだと思います。

もしくは、それぞれの、塾のオリジナルの問題集。

驚いたことに、

新中学問題集は、

キーワークの出版社と同じ会社ですが、

どこか、ピリッとしません。

・・・・

キーワークのいけないところは、量が多すぎるということです。

それは長所でもあり、短所でもあります。

・・・・・

本当は、

駸々堂出版というのがかつてあり、

そこだ出してる、

ニュースタディーという、

問題集が、中学の問題集の名著で

僕はいつも家庭教師でそれを使っていました。

キーワークほどの量はないのだが、

ちゃんとやれば、完全に

その、単元の肝は把握できる。

残念ながら絶版になってしまいました。

名著ながら絶版はいっぱいあります。

また、売れすぎて、

エイヒンのように、

また、標準問題セイコウのように、

姉妹版が出過ぎて、
どれにしたらいいかわかんない時もあります。

情報は多ければいいというものではないのかもしれません。


・・・・
ただ現在のところ、

中学生が

普段の勉強で使うには、

キーワークが一番いい教材だと思います。

今日改めて、

久しぶりに使ってみて、

その良さを実感しました。

ブログの初期に、東京書籍の教科書を褒めたら、

東京書籍のホームページに引用されました。

無断で・・・・^^

メモチェを、ググると、

僕の記事が、日能研以外の記事ではトップです。

キーワークもさんざん、ほめていますが、

そのうち、出版社から

感謝状でも・・・・こないか^^

こないわな・・・







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月07日 01時40分41秒

私立小学校からの外部...




私立の小学校からの外部受験…学校のテキストはどうする?

暑くなりました。

急に真冬から、真夏で、体もついていけません。

体調を壊している方も多いと聞きます。

いかがお過ごしですか?

行ってるスポーツジムの大学生が、

就活をやってて内定をもらったそうで

景気はいいみたいです。

中学受験も、結局は、就活を見据えて、やっているわけですから、

ゴール地点です。

今から、7年前くらいは、

就活は

超氷河期で、

全く決まらず、

卒業前になっても、

決まらない人がうようよしていました。

そのころに就職した人は、

間違えて、ブラック企業に入ったり、

いろいろあって、

周りでは、そのころの学生から社会人になった方たちは、

何人も、おやめになっています。

中学受験から、

大学受験まで、

塾だ家庭教師だと、

躍起になって、

いろんな事情があるにせよ、

お子さんに、

精一杯教育して、やめられたら、たまったもんじゃないね、

などと、友人にメールしましたが、

よく考えたら、

僕自身が、

もっとも、親に迷惑をかけた人でした^^



・・・・・・

公立や、国立に行っている場合、

小学校は、受験に関しては、

まったくノータッチですので、

ある意味自由です。

学校の勉強は無視してかまいません。

お子さんによっては、学校は息抜きの場と心得て、、

楽しんでいるお子さんも多いみたいです。

多少面倒くさいのは、

国立で、

そのまま、上に上がる場合は、

担任に、逆らうわけにもいきません。

これは、ある部分私立も一緒です。

・・・・・

私立も、昔とは様変わりしてきました。

昔は、特に女子の場合、

もしくは、男子でお坊ちゃま学校な場合、

そのまま、小学校から、大学まで

エスカレーターになっていてのんびりしていました。

慶応もそうでしたし、

同志社も、関学もそうです。

・・・・

ところが、

そのまま行くと、ぱっとしない学校の場合、

ぱっとしなくても、あくせくしない、

風潮がりましたが、

少子化と、

受験の過熱の影響で

昔なら、受験に参戦しない学校も、

特進クラスを作り、

受験に参戦してきました。

大学まで、贅沢言わなければいけるのに、

親の希望で

選択して、

外部に大学から出るんです。

学校によっては、

ほとんど全部出るとこともあります。

じゃあ、なんで入学したんだ

ということになりますが、

まあ、世間の流れでしょう。

公立が、雰囲気が悪いとか、

ちゃんとやってくれないとか…・

私立の方もわきまえてて、

出る人には、冷たくして、

自分の学校の入学許可は出さなかったのに、

商売商売で、外部に受かったら、外部へ、

入学してもいいけど、

だめだったら内に入れてあげるということになりました。

太っ腹なのか、なんなのか・・・・

・・・

公立や国立で外部受験するんなら、

仁義なき戦いで

学校は無視してもいいのですが、

私立の場合、

外部受験となると、問題が発生します。

ギョウセイや、

桐朋のように、受験の名門の場合、

そのまま、上に上がるべきなので、

当然、授業についていくのみですが、

受験の名門でない場合、
外部受験を考えます。

また、

小学校で校風に合わないとか、

いずれ、大学は出る

ということになると、

中学受験になりますが、

最近、

名門の小学校もそうですが、

私立の授業が

予備校化してる場合があります。

テキストが、中学受験・仕様です^^

それも、中途半端で

日能研以下、

サピやワセアカほどは
専門的ではないわけです。

子供の発達段階からすると、

ちょうどいいレベルかもしれませんが、

中学受験の大手のテキスト、と比べると、

見劣りします。

特殊算にしろ、

面積にしろ、

バリエーションが少ない。

   これで大丈夫か・・・

これで、足りるのか
これで塾に行ってるやつらに太刀打ちできるのか?


疑問が生じます。

そして、ほとんどが、塾に行くことになります。

学校の、テキストが

こんなに大変なのに、

塾です。

大手は、週3回あります。

そして私立は、

その辺は無神経なので、

塩梅をしてくれません。

皆平等に、課題が出ます。
そしてテキストは

塾に比べると、大分優しいのです。

お子さんが人質で

多少、最悪の場合

その中学に進学したい場合、

お母さんは先生に文句が言えません。

当たり前です。

…これで外部受験は大丈夫か?

聞きたくても聞けません。

塾は塾で

独自のカリキュラムで進むので、

いちいち、かまってくれません。

この2冊のテキストどうやってこなしますか。

学校のテキストと、塾のテキスト。

いや、塾のテキストは、

何冊もあります。

困りました。

実際に、スケジューリングしてみると、

どうやったって、間に合いますせん。

・・・・

ここで最大の疑問が生じます。


みんなどうやってるんだろう。

みんなサクサクやってるように見える。

うちの子だけ、取り残されてる。

うちだけうまくいってない。

息子と私だけが喧嘩しているみたいだ。

テキストを、捨ててしまった、大喧嘩して・・

同じ学校のクラスの同級生は、塾も、学校も上手にこなしてる。


・・・・・・

ご安心ください。

うまくいってるご家庭なんて、ほんの一握りです。

どうやったって、間に合わないスケジュールです。

公立に通ってて、

塾だけやってる子供でさえ、全部は手が回りません。

学校のテキストまで受験・仕様なら、

ぼろぼろになってしまいます。

学校のテキストを、学校の試験まで

ちゃんと3回復習するだけで、いっぱいいっぱいです。

とても塾のテキストまでhが手が回りません。



もし両方やったら、

すべて中途半端になってしまいます。

・・・・・

こんな場合どうされますか?

・・・・

冷静に考えましょう。

一番効率的なのは、

学校のテキストを固めることです。


毎日いっている場所を主人公に持ってくるべきです。

そんな両方できるなんて器用な人はいません。

ごく少数の優秀なお子さんは別です。

でも僕は、実状としては、

親がはっぱかけて、尻たたいて

ガチでやらせてるんだと思います。

どんな子供だって、
遊びたいし、

ゲームだってしたい。

ダブルなんて、無理に決まっています。

もしくは、

かなり小さいころから、

鍛えて、

中学受験の、

基礎はすでに出来上がっていたのでしょう。

・・・・

少なくとも、ご自分のお子さんがついていけない場合、

人と比べても仕方ありません。

・・・・

出来ることをやりましょう。


・・・・・

一応、学校のテキストが

受験・仕様なら、

まずそれをマスターしましょう。

完全にマスターできたら、

その時、

また塾のテキストをやるかどうか、

考えましょう。

・・・

塾ののテキストは、難問ぞろいで

お母さんの心は奮い立つと思いますが、

幻想です。

基礎の上にしか、花は咲きません。

こないだ見ましたが、

栄冠か本科に、

「コロンの公式」

が載っていました。

高校の数学で

確か、普通の教科書にはのっていません。

数研の教科書にはのっています。

載っているからいいわけではありません。

逸脱した内容は、

本家の基礎を壊したりします。

基礎を確実に、獲得して、

それから、余力があれば、

応用をやればいいと思います。

そして、4教科もあれば、ほんとは、

余力なんかないと思います。

・・・・

以上です。

学校のテキストが、

受験・仕様な場合、

よほどおできになる生徒は除いて、

まず、

学校のテキストを固めるべきではないか

というご提案でした。













にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月06日 22時45分00秒

私立中学の実態


今年、合格されたお母さまたちから、興味深い、お話を伺うことができましたので、
掲載しておきます。

なお、話は加工してありますので、

特定の個人や団体とは一切かかわりがありません。

〔礁腓了篶中学に入学したら、英語科のいい先生が、岡崎先生が、薦めた、NHKの基礎英語を全く同じ理

由で薦めていた。

・・・・
誰でも、真面目に英語を勉強したものは、同じことを感じます。基礎英語以下、

NHKのラジオ講座は、日本一の英語番組で、おそらく世界一。

AETという、素人の外人の英語の先生や、英語の日本人の先生は首にして、

中学生は全員で、基礎英語を繰り返し、きいた方が、日本人の英語力は伸びると思います。

⊆業参観が、平日だった。

・・・・・・

今どきお母さまたちも、仕事をしているし、基本的には、日曜日がおやすみなんだから、

参観日は、日曜日にすべきで、間違っていると思います。

日曜日にすると、学校の先生が休めないのでやっているのか、とも思います。

基本、先生は、夏休みは夏休みで、私立の先生は、さらに受験や、けったいな風習で、休日が多く

、よくわかりません。

参観日の授業中に、スマホやってる、馬鹿ママがいた。

・・・・・

[子は親の鏡]です。子供は、大人のまねをします。

トラブルが嫌だからといって、

ここで大きな問題は、馬鹿ママがいるのは仕方がないとしても、

先生が注意するべきでしょう。

勇気を奮って、ほかの親御さんが、注意するべきだったと思います。

子供は見ていると思います。

この学校はそもそも、携帯が禁止の学校です。

注意すれば、もめますし、面倒くさい人も増えています。

注意の仕方もあるでしょうが、

ほかはともかく、いろんな理由はありますが、お子さんをちゃんと育てたいなら、

こんな暴挙は、許されることではありません。

が、まあ、トラブルは避けたいのは日本人の、サガです。

注意した人が一番つらい思いをするものです。

授業参観でスマホやっている人は、それが正しいと思っているので、注意するとまあもめます。

もめないのは、先生が注意した時だけだと思います。

「スマホくらいいじゃないの」

授業参観に来たんだから、お子さんを見てあげるのが普通で

もし、やむを得ぬ事情があるなら、教室を出て、廊下でやればいいし、

こんなことまで、説明しなければならないことがすでに、日本はおかしいと思います。

ぅ薀ぅ鵑如△發Α▲轡トが始まった。

「エウリピデス曰く

人をしいたげるものは、しいたげられたものである。

まともな人は、人をしいたげたりしない。」・・・・・CSの「クリミナルマインド」という、ドラマから・・・


いじめは、ひどい話で

まだ、一対一で、喧嘩は、本人の覚悟がいりますので、いいですが、

集団でシカトなんて、最低です。

やったほうは忘れますが、やられたほうは、一生、傷が残ります。


いじめをやる理由は、自分に自信がないから・・・・

人を落とすことで、プライドを、あげているつもりが、

自分がみじめになるだけです。

いつまでも、なくならないのは、僕たちの心の中に、嫌なものがあるから。

また、自殺者が出ても、学校は一切責任を取らないので、

子供になめられるのだと思います。

「係争中なのでコメントできない」とか、

「把握していなかった」とか、

それで裁判になって、

いつまでもしらを切りとおすなら、

「必殺仕事人」を雇うしかありません。


イ笋燭蕕函∪萓犬連絡をしてくる。

何か、もめごとというか、子供のちょっとした争いでも、

いちいち、親に確認を取る。

・・・・・

後々、責任を取るのが嫌なのでしょうが、いったい、「常識とはなんだろう」と、いうことになると思います。

そんな先生たちに大事なわが子を預けて大丈夫か?と、疑念がわいてきます。

学校説明会の御託・印象・・とは違うぞ・・^^

せっかく、必死に受験を乗り越えて、入学して、

いろいろ、お金がかかってるのになんだ・・・・

公立に、戻るか・・・

Π豈学校は何かの時のために、「こども保険」らしきものに入っているらしいが、さらに、任意の保険を薦めら

れたが、3年間で6万円らしい。


・・・・

今どき、無党派層というか、権利意識の強い、いわゆる、モンスター・ペアレントが増えて、

なんか、けがでもさせたら、裁判でも起こされたら、困る

ということで、やんちゃな、お子さんを持つ親御さんは、真剣に考えているみたいです。

・・・

中学時代、神戸は、男子は、全員坊主で、もう30年も前の話ですが、

皆坊主をやっているので、疑問にも思わなかったのですが、

新聞屋さんの、宝塚君のお父さんが、

「基本的人権を踏みにじられている」と言って

学校にねじ込んだらしいのです。

まあ、「仰せごもっともだ」と思いますが、

時代的には、そこまで突っ張らなくても、と、

今の僕でさえ思います。

自分の非を認めず、

相手の欠点ばかりあげつらっていると、

何か大事な物が消えていくように思います。

ただ、相手が、変な方である以上、こちらも、防御せざるを得ないという、

いやな世の中で

一番かわいそうなのは、一番弱い存在である、

子供たちだと思います。


Р燭につけて、学校側の、指定が厳しい。

教科書に、ブックカバーをつけろと言われたが、透明という指定で、どこに言っても見つからなくて、サイズも独

特だ。

家庭科の実習で、布を持って来いという話だが、生地の指定がこまかすぎて、見つからない。

・・・・・・

人と、違うと、いじめられたり、情けない思いをさせたくない親心、

東急ハンズから、100円ショップから、なにから、探せども探せども、なくて、困った。

・・・・・

学校は、緩いところで、

黙っていても生徒は来るし、

親は、生徒が人質なので、モンスター・ペアレント以外は、逆らえないし、

評価の仕方がないので、

つまりは、資本主義ではありません。

「教育が商品」とは思いませんが、

ひどい商品でも、何とか、お客さんがついてくる商売です。

良くも悪くも・・・・・。

東大の合格者数がすべてでとは言いませんし、

学校で得られるものは、学力だけではありません。

が、それでも、ちょっと、普通の社会では考えられないような、ことが行われています。

受験時にも、入試事務室に行って、ひどい扱いを受けたことなんて、日常茶飯事です。

・・・

教育の一番大事なのは、時間を守ったり、勤勉の大事さを学ぶところだと思いますが、


二義的には、論理的思考能力を養うということだと思います。

学歴社会であり、競争社会であり、困った時も、勝負するときも、大事なことは、論理的思考能力です。

(あまり、争いたくはありませんし、日本の社会風土には合わないと思いますが、


裁判でも、法律を挟んでの争いとなりますから、論理は大事です。

裁判で大事なのは、証拠と、法律上の規定で、真実はあまり、関係ありません。

そして残念ながら、法律家の胸先三寸という側面もあります。)

言い換えれば、優先順位は何かということでもあると思います。

教育の場で

ブックカバーが、透明でなければならない理由はありませんし、

布の生地がさほど、大事であるとも思えませんが、

子供にとっては、死活問題だったりします。

何かにつけて、親が、配布物を読んだという、サインが必要となったり、

それがないとヒツコク連絡してきたり、

それこそ、優先順位はなんだということになります。

┯立は何もやってくれないので、皆塾に行き始めたらしい。

・・・・・

何度も書きましたが、日本の教育システムは、

破綻しています。

税金で運営しているのに、それでは全く足りなくて

塾に通ったり、私立に進学しなければいい教育は受けられなくて、

それができなければ、

貧乏人は貧乏人のままのようです。

そして、雰囲気的には、貧富の格差は広がっているようです。

1億総中流が、そうではなくなってきたみたいです。

世界史で学びましたが、ローマ帝国が没落したのは、

中流層が税金・その他で疲弊していったせいです。

研究によると、金持ちほど、マナーが悪く、

貧富の格差が広がるほど、社会の質は悪くなり、犯罪は増える傾向にあるそうです。

60%のお子さんは、きちんと指導すれば、僕は、

マーチには入れてあげらます。

桐朋やギョウセイ、のレベルだと、僕は、

東大や、一橋に、入れてあげられます。

でも、塾に行けない子供は、学歴は必然的に下がり、

東大合格者の親の平均年収が高いのは有名です。

皆で、中学受験から競って、たどり着いた結末が、日本の英知を結集したという、神戸の最先端研究施設の

詐欺のような、研究だった、というのでは、日本の将来が危ぶまれます。

どうしていいのか、僕にもわかりませんが、

とりあえず、「授業参観時には、スマホはなしにしよう」、ということから始めるしかないと思います。


「挨拶する」とか、「時間は守る」とか、「朝ご飯は食べる」とか、「目上の人には敬語を使う」とか・・・


先生が、新任で、頼りない。

・・・・・

僕が先生やっているころにはなかったのですが、

副担任というのがあるそうです。

教頭も、副校長に名称が、変わり、

助教授が、准教授に名称が変わりました。

理科の天気でも、

昔は、ミリバールと言っていたのが、

いつの間にか、ヘクトパスカルに変わったり、

歴史上の人物も、

シーザーが、カエサルに変わったり、

僕にはよくその理由がわかりませんが、

一番困ったのは、習った送り仮名が、

国語審議会の勝手で、変わったことで、漢字教えてて、

目を白黒します。

・・・・

僕も、大学を卒後してすぐに先生になった口で

世間知らずの貧乏人のボンボン。

生徒の中には、

時代的に離婚も増えてきて、苦労してる子供もいたので、

嘘をつかれても、だまされていました。

そのまま、先生続けていたら、

そのまま、年を取るだけだったと思います。

1年でフリーとなってしまいましたので、

フリーになると、組織にはいないので、

家庭教師の子供にも、

「馬の骨」

とか、言われる始末で、

ずいぶん、だまされました。

騙さないと、世間では思われてる人たちにも、だまされたので、

今では、だまされることはあっても、

あとで冷静に考えると、

「嘘だな」とわかります。

年齢なんか最たるもんで

免許証見ないと、信じませんし、

学歴だって、「誰にも確かめようがない」と思っていますが、

「慶応大学を出」たといって、

馬鹿なことやってると、

「こいつはきっと慶応じゃない」、と思います。

かといって、いい大学の教授が、聖人君子かというと、そうではなく、

「背に腹は代えられない」、

から、追い詰められたら、

「人間なんて何をしでかすか知れたもんじゃない。」と思っています。

騙されるのは、生まれてきた以上仕方ありませんが、

尊敬する、山本夏彦氏が

「世は、いかさま」

と喝破しておられるので、納得しています。

・・・・

新卒の先生なんか、こないだまで学生で

「先生になろう」と思ったのは、

厳しい社会を生き抜く、自信がなかったからで、

もしかして教育に燃えて、本当に先生を目指した人は、

新任だからと言って、侮られないような気もしますが、

まあ、

優等生で、ずっとやってきて、

少子化で、厳しい公立の採用試験に受かったくらいだから(私立はコネ採用もあるからご用心・人事交流もありません)

頭はいいかもしれませんが、

親の、庇護の下、

ぬくぬくと育ってきたら、それは、

頼りないのは当たり前で、

うつ病になる先生も多いと聞きます。

今日スポーツジムに、小学校の先生だという青年が来てましたが、

おおむね、ジムにいる、教員の方は変わった方が多いです。

(多分、いつも、教室では王様だからかな?)

この青年は、まともそうに見えますが、

何でも、担任で春は保護者会やら、家庭訪問やらで大変とかで、

ジムに来る余裕もなく、20代半ばなのに、

かなり体重は増えている模様でした。

・・・・以前は、「先生」といえば、社会的に尊重されていましたが、

今では、子供も先生をばかにする始末で、

「暴力はダメだ」とか、子供が、「先生は殴らない」と、

タカをくくった瞬間から、不幸が始まっていると思います。

たけしさんが言うように、先生は、「床の間に置いて尊敬」したほうが、教育はうまくいったのに

ということでしょうが、いまさら、

落ちたものは、回復は無理で

そりゃあ、

子育てをして、

また会社で、ひどい目にあいながら頑張っているお母さんからすれば、

新卒の先生が頼りなく見えるのは無理もないと思います。

・・・・・

なんだか、長くなりました。

言いたかったのは、

中学受験が終点ではなくて、

その先もいろいろあるということでした。

先生をやめて、

家庭教師歴35年となりました。

いろいろな生徒に鍛えてもらって、

また、最近は、いろいろ親御さんも鍛えて下さるるようになりました。

ただ、いつも僕が願っているのは、

生徒が成績が上がって、

希望の学校に入れることです。

いい学校に行けば、きっと、もっといい未来が見つかるはず・・・・

と思ってやっています。

健闘を祈ります。

ゴールデンウイークから、夏休みまでに、「生活と勉強のリズムをつかむ」ことが、

中学受験の要諦です。

ふたたび健闘を祈ります。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月06日 22時13分21秒

就活に思うこと・・・...




就活。

今年は、3年生の3月くらいに始まって、内定は8月に出るそうです。

「去年は、もっと早くに終わって、

4年生は、ゆっくりできたのに、

夏休みまで引っ張られる」。と、

文句を言っている学生がいました。

就活が始まると、

当たり前のように、サークル活動は休止し、

スポーツジムからは、大学生は消えてしまいました。

最近、ジムに復活した学生に聞くと、

もう内定をもらったそうです。

景気がよく、

日経平均が、二万円を超えるので、

企業も強気

というような、分析をその学生はしていました。


最終面接でほかの企業について

聞かれるかと思いきや、

聞かれず、ほっとしたそうです。

囲い込みもなく、

ほかの企業も受けられるそうです。

就職氷河期だった、

今から7年前と比べると、

だいぶ変わっているようです。


・・・・・・・・
就活なんて、自分のことではないので、

就活が始まったら、

「サークル活動は休止して当たり前」のように思っていましたが、

振り返ってみると、

僕たちの時代は、

そんなことはなかったように思います。

僕が、運動部に所属してしたので、

練習を休むことなど、

まったく考えていなかった、せいかもしれません。

30年前でも、サークルなら、

それは、適当にしていたのかもしれません。

・・・・・・

問題は、「大学に行く目的」なのでしょう。

ほとんどの学生は、

就職のために大学に行くのでしょう。

学生でなくなったら、おあとは社会人。

「今しか馬鹿はできないから・・・・」

僕なんかよりよっぽど大人です。

中学受験からの長い戦いは、

「就活」に集約されているといってもいいでしょう。

僕自身が、大学受験に意味を見いだせず、

高校卒業時に、「やりたいことがやりたい。大学へは行かない。」といって

親ともめたころから、

世間との違和感を感じてました。

「受験から逃げてるんだろう」

と、親には責められましたが、

自分が、会社員になって、

サラリーマンしているイメージはわかなかったのです。

 電通か、博報堂に内定していたら

就職するつもりでしたが、

実際は、内定しても行ったかどうか。

後年、家庭教師として、就活のサポートをして、そのサポートした学生が、電通に内定し、

5年ほど電通にいましたが

昨年、電通を退社しました。

「そもそもやりたかったことを、続けたい」と言って。

やりたいことが見つかったら、それは幸せで、

ノーベル物理学賞の人も、

「やりたいことが見つかったら、半分成功したようなもんだ」

と言っています。

やりたいことを続けるのは大変なことですが・・・^^きっと

・・・・

受験にしろ、就活にしろ、始めた以上は、きっちりやるべきだと思います。


僕が違和感を覚えるのは、

就活だからと言って、サークル活動を休止する学生です。

一応運動部のサークルもあるみたいですが、

運動部なのに、

練習も、任意で、

それは、その競技の特性にもよると思いますが、

僕がやっていた馬術だって、

馬は少なく、人は多ければ、

毎日練習に行っても、のれないことの方が多かったと思います。

女子大生には、先輩も甘く、

いい馬には、先輩のお気に入りの、

女子大生がのって、

僕はいつも、

「ハクリョウ」という、

どうしようもない、馬でした。

「ハクリョウ」のほうも、

「また下手なお前か」と思っていたと思いますが。


乗れなくても、ひどい仕打ちにあっても、

つづけたのは、

馬術を愛していたからではなくて

プライドのため。

2年生になるころには、

自分には馬術の、才能がないのはわかりましたが、

今更やめるわけにもいかず、

朝の早起きから、馬房の作業から、宿直勤務から、

ダニやのみも、

超苦手で、

運動部の、体育会の、

封建的な、後ろ向きな考え方にも、

ついていけませんでしたが、

そもそも、

大学に入ったのは、

「スポーツをやるため」「全国大会に出るため」だったので

やめるわけにはいきませんでした。

20歳くらいの若い時にしか、

スポーツなんか、できるもんじゃありません。

・・・・

したがって、4年生になって、

同級生が、スーツを着て

就活…当時は「リクルート」といいましたが

を始めた時は、

違和感がものすごかったです。

同級生たちの割り切り感^^

僕の感想は、「そもそもこの人たちとは、人種が違う。」

ビビりました。こいつら、企業戦士だわ。


練習にも来ず、

4年生になって、上級生がいなくなった途端、

きはじめた奴らは、

就活のため。

国立大学で「運動部でした」、という肩書がほしかった。

運動部は就活には有利なんです。

馬術部の顧問が経営学部の教授だったので

ゼミに入りやすく、教授の

推薦状もほしかった。

僕以外は、「ああ、みんな計算してたんだな」と思いました。

入学するときも、

就活に有利な、

経済学部か、経営学部。

僕一人だけ、文学部で、

会社に向かない人たちは、

教職を取って、

先生を目指していたみたいです。

それも単位取得のために、後輩である僕を利用して。

馬の世話はさせる、授業の出席は、やらせる。

先輩のお礼は、みかんとか・・・・

そのくせ、クラブ活動になると、「あんたはなってない」

文句を言ってくる。


・・・・・

受験から、違和感があったのは、

人種が違ったのだと思います。

就活のサポートをしてても、また、受験のサポートしてても。

かなり、客観的に考えています、

お金儲けばかりが人生じゃないだろ。

が、目的があるなら、誰よりも、まっすぐに協力するよ。

それでお金もらってるんだから?^^

いや、(自他問わず)目的達成が、趣味なんです。

出来ない子を、マーチに入れたら、、狂喜乱舞です。



・・・・

就活になったら、金もうけとは違うから、サークル活動は、

切り捨てて当然だ。

・・・・

別に、僕自身、運動部で毎日、死ぬほど練習してても、

教職も取れたし、教育実習にもいったし、

就活に、齟齬はなかったんだから、

なんでそんなことが、錦の御旗になるんだろう

と思ったのが、この項を書く、動機になった次第です。


が、逆に、今日関学のアメフトの副キャプテンが、勝利のため、就活してないとか言ってましたが

それもどっか違うと思いました。

・・・・・

先ほどの広告代理店志望の、学生も、

就活中に、

「こんなことやめて、

やりたいことやりたい」と、

ひよっていたので、(日和見からの転用…この言葉も使わなくなりました)


とりあえず、「電通に入ってみるだけは、入ってみたら、いつでも辞められるのは、やめられる。」


と説得したとたんに、

納得して、邁進し、

大手の、商社から、電通まで

軒並み難関を突破しました。

・・・・

僕自身も、普通に就職活動して、

サラリーマンになるのに、抵抗があり、

結局、あんだけ、頑張って、

居住地の神戸と、いろんな会社のある、東京を往復して、

いろいろ受けて、内定ももらったのに、

それは捨てて、学校の先生に、

これまた、まぐれ?で、

たまたま教員採用試験にうかったので、

そっちに逃げてしまいました。

それも、

初日に職員室の自分の机に座った途端、

神様が、

「ここじゃないだろう。」

といったのが聞こえ、

翌年には、やめてしまいました。

・・・・・

ただ不思議なことですが、

おそらく

教員採用試験を、突破したのは、

いやいやだけど、やるからには、死ぬほど頑張った

受験勉強のおかげだし、

旭通信社や、東急観光んとか、ほかで、内定をもらったのも、

馬術部で、試合や、新馬調教に命を懸けたことが、

評価につながったんだろうし、

結局は、どんな場面であれ、

一所懸命やるしか、道は開けないと思います。

・・・

だから、なんだか、中途半端な形で

サークルはサークルで

「就活が大事だ」と、逃げることには、僕は抵抗があるんだろうと思います。

全部やるのはきついのは知っています・・・・


・・・・

ただ、おそらく、「逃げない」という性格は、

たいていの場合、自分を追いつめ、

しんどい、シチュエーションをもたらします。

したがって、

「世間は、普通はそうするんだろうなあ」、

と、年齢を経て、思っていますが、

自分は変われるわけではないので、

付き合って生きていくしかありません。


・・・・

「学生時代に戻りたい」、

とか、

「若いころに戻りたい」という人がいますが、


僕は全く思いません。

二度と就活はしたくありませんし、

単語の知らない時代に戻って、

「出るたん」は覚えたくありません。

飯のまずい、留学で、アメリカに行きたくはありません。


馬術もしたくありません。

その時代は、その時代で

精一杯やったんだから、

そして精一杯やった以上、

しんどいこともあり、へこんだこともあり、

周囲とぶつかったこともあり、

もちろん、楽しいこともあったけれど、

もう一度やりたいとは、決して、思わないということです。

・・・・・

「適当に楽しみたい人」と、

「真実を求めたい人」は

そもそも、人種が違います。

どちらが幸せかというと、

もちろん妥協して、

そこそこの幸せをつかんだ人だと思います。

だからと言って、

それは生まれつきの性格なので、

夏目漱石の坊ちゃんと一緒で、誰しも、どちらのパターンも、

変えられるものではありません。

「大事なことは、

幸せになること」で、人と比べても仕方ありません。

そして、

いつの時代も、

「得ることと、失うことは、

拮抗している」ということです。

就活、これからが本番だと思います。

健闘を祈ります。








にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村



2015年05月04日 00時12分11秒

前へ |