中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2015-05-06

私立小学校からの外部...




私立の小学校からの外部受験…学校のテキストはどうする?

暑くなりました。

急に真冬から、真夏で、体もついていけません。

体調を壊している方も多いと聞きます。

いかがお過ごしですか?

行ってるスポーツジムの大学生が、

就活をやってて内定をもらったそうで

景気はいいみたいです。

中学受験も、結局は、就活を見据えて、やっているわけですから、

ゴール地点です。

今から、7年前くらいは、

就活は

超氷河期で、

全く決まらず、

卒業前になっても、

決まらない人がうようよしていました。

そのころに就職した人は、

間違えて、ブラック企業に入ったり、

いろいろあって、

周りでは、そのころの学生から社会人になった方たちは、

何人も、おやめになっています。

中学受験から、

大学受験まで、

塾だ家庭教師だと、

躍起になって、

いろんな事情があるにせよ、

お子さんに、

精一杯教育して、やめられたら、たまったもんじゃないね、

などと、友人にメールしましたが、

よく考えたら、

僕自身が、

もっとも、親に迷惑をかけた人でした^^



・・・・・・

公立や、国立に行っている場合、

小学校は、受験に関しては、

まったくノータッチですので、

ある意味自由です。

学校の勉強は無視してかまいません。

お子さんによっては、学校は息抜きの場と心得て、、

楽しんでいるお子さんも多いみたいです。

多少面倒くさいのは、

国立で、

そのまま、上に上がる場合は、

担任に、逆らうわけにもいきません。

これは、ある部分私立も一緒です。

・・・・・

私立も、昔とは様変わりしてきました。

昔は、特に女子の場合、

もしくは、男子でお坊ちゃま学校な場合、

そのまま、小学校から、大学まで

エスカレーターになっていてのんびりしていました。

慶応もそうでしたし、

同志社も、関学もそうです。

・・・・

ところが、

そのまま行くと、ぱっとしない学校の場合、

ぱっとしなくても、あくせくしない、

風潮がりましたが、

少子化と、

受験の過熱の影響で

昔なら、受験に参戦しない学校も、

特進クラスを作り、

受験に参戦してきました。

大学まで、贅沢言わなければいけるのに、

親の希望で

選択して、

外部に大学から出るんです。

学校によっては、

ほとんど全部出るとこともあります。

じゃあ、なんで入学したんだ

ということになりますが、

まあ、世間の流れでしょう。

公立が、雰囲気が悪いとか、

ちゃんとやってくれないとか…・

私立の方もわきまえてて、

出る人には、冷たくして、

自分の学校の入学許可は出さなかったのに、

商売商売で、外部に受かったら、外部へ、

入学してもいいけど、

だめだったら内に入れてあげるということになりました。

太っ腹なのか、なんなのか・・・・

・・・

公立や国立で外部受験するんなら、

仁義なき戦いで

学校は無視してもいいのですが、

私立の場合、

外部受験となると、問題が発生します。

ギョウセイや、

桐朋のように、受験の名門の場合、

そのまま、上に上がるべきなので、

当然、授業についていくのみですが、

受験の名門でない場合、
外部受験を考えます。

また、

小学校で校風に合わないとか、

いずれ、大学は出る

ということになると、

中学受験になりますが、

最近、

名門の小学校もそうですが、

私立の授業が

予備校化してる場合があります。

テキストが、中学受験・仕様です^^

それも、中途半端で

日能研以下、

サピやワセアカほどは
専門的ではないわけです。

子供の発達段階からすると、

ちょうどいいレベルかもしれませんが、

中学受験の大手のテキスト、と比べると、

見劣りします。

特殊算にしろ、

面積にしろ、

バリエーションが少ない。

   これで大丈夫か・・・

これで、足りるのか
これで塾に行ってるやつらに太刀打ちできるのか?


疑問が生じます。

そして、ほとんどが、塾に行くことになります。

学校の、テキストが

こんなに大変なのに、

塾です。

大手は、週3回あります。

そして私立は、

その辺は無神経なので、

塩梅をしてくれません。

皆平等に、課題が出ます。
そしてテキストは

塾に比べると、大分優しいのです。

お子さんが人質で

多少、最悪の場合

その中学に進学したい場合、

お母さんは先生に文句が言えません。

当たり前です。

…これで外部受験は大丈夫か?

聞きたくても聞けません。

塾は塾で

独自のカリキュラムで進むので、

いちいち、かまってくれません。

この2冊のテキストどうやってこなしますか。

学校のテキストと、塾のテキスト。

いや、塾のテキストは、

何冊もあります。

困りました。

実際に、スケジューリングしてみると、

どうやったって、間に合いますせん。

・・・・

ここで最大の疑問が生じます。


みんなどうやってるんだろう。

みんなサクサクやってるように見える。

うちの子だけ、取り残されてる。

うちだけうまくいってない。

息子と私だけが喧嘩しているみたいだ。

テキストを、捨ててしまった、大喧嘩して・・

同じ学校のクラスの同級生は、塾も、学校も上手にこなしてる。


・・・・・・

ご安心ください。

うまくいってるご家庭なんて、ほんの一握りです。

どうやったって、間に合わないスケジュールです。

公立に通ってて、

塾だけやってる子供でさえ、全部は手が回りません。

学校のテキストまで受験・仕様なら、

ぼろぼろになってしまいます。

学校のテキストを、学校の試験まで

ちゃんと3回復習するだけで、いっぱいいっぱいです。

とても塾のテキストまでhが手が回りません。



もし両方やったら、

すべて中途半端になってしまいます。

・・・・・

こんな場合どうされますか?

・・・・

冷静に考えましょう。

一番効率的なのは、

学校のテキストを固めることです。


毎日いっている場所を主人公に持ってくるべきです。

そんな両方できるなんて器用な人はいません。

ごく少数の優秀なお子さんは別です。

でも僕は、実状としては、

親がはっぱかけて、尻たたいて

ガチでやらせてるんだと思います。

どんな子供だって、
遊びたいし、

ゲームだってしたい。

ダブルなんて、無理に決まっています。

もしくは、

かなり小さいころから、

鍛えて、

中学受験の、

基礎はすでに出来上がっていたのでしょう。

・・・・

少なくとも、ご自分のお子さんがついていけない場合、

人と比べても仕方ありません。

・・・・

出来ることをやりましょう。


・・・・・

一応、学校のテキストが

受験・仕様なら、

まずそれをマスターしましょう。

完全にマスターできたら、

その時、

また塾のテキストをやるかどうか、

考えましょう。

・・・

塾ののテキストは、難問ぞろいで

お母さんの心は奮い立つと思いますが、

幻想です。

基礎の上にしか、花は咲きません。

こないだ見ましたが、

栄冠か本科に、

「コロンの公式」

が載っていました。

高校の数学で

確か、普通の教科書にはのっていません。

数研の教科書にはのっています。

載っているからいいわけではありません。

逸脱した内容は、

本家の基礎を壊したりします。

基礎を確実に、獲得して、

それから、余力があれば、

応用をやればいいと思います。

そして、4教科もあれば、ほんとは、

余力なんかないと思います。

・・・・

以上です。

学校のテキストが、

受験・仕様な場合、

よほどおできになる生徒は除いて、

まず、

学校のテキストを固めるべきではないか

というご提案でした。













にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月06日 22時45分00秒

私立中学の実態


今年、合格されたお母さまたちから、興味深い、お話を伺うことができましたので、
掲載しておきます。

なお、話は加工してありますので、

特定の個人や団体とは一切かかわりがありません。

〔礁腓了篶中学に入学したら、英語科のいい先生が、岡崎先生が、薦めた、NHKの基礎英語を全く同じ理

由で薦めていた。

・・・・
誰でも、真面目に英語を勉強したものは、同じことを感じます。基礎英語以下、

NHKのラジオ講座は、日本一の英語番組で、おそらく世界一。

AETという、素人の外人の英語の先生や、英語の日本人の先生は首にして、

中学生は全員で、基礎英語を繰り返し、きいた方が、日本人の英語力は伸びると思います。

⊆業参観が、平日だった。

・・・・・・

今どきお母さまたちも、仕事をしているし、基本的には、日曜日がおやすみなんだから、

参観日は、日曜日にすべきで、間違っていると思います。

日曜日にすると、学校の先生が休めないのでやっているのか、とも思います。

基本、先生は、夏休みは夏休みで、私立の先生は、さらに受験や、けったいな風習で、休日が多く

、よくわかりません。

参観日の授業中に、スマホやってる、馬鹿ママがいた。

・・・・・

[子は親の鏡]です。子供は、大人のまねをします。

トラブルが嫌だからといって、

ここで大きな問題は、馬鹿ママがいるのは仕方がないとしても、

先生が注意するべきでしょう。

勇気を奮って、ほかの親御さんが、注意するべきだったと思います。

子供は見ていると思います。

この学校はそもそも、携帯が禁止の学校です。

注意すれば、もめますし、面倒くさい人も増えています。

注意の仕方もあるでしょうが、

ほかはともかく、いろんな理由はありますが、お子さんをちゃんと育てたいなら、

こんな暴挙は、許されることではありません。

が、まあ、トラブルは避けたいのは日本人の、サガです。

注意した人が一番つらい思いをするものです。

授業参観でスマホやっている人は、それが正しいと思っているので、注意するとまあもめます。

もめないのは、先生が注意した時だけだと思います。

「スマホくらいいじゃないの」

授業参観に来たんだから、お子さんを見てあげるのが普通で

もし、やむを得ぬ事情があるなら、教室を出て、廊下でやればいいし、

こんなことまで、説明しなければならないことがすでに、日本はおかしいと思います。

ぅ薀ぅ鵑如△發Α▲轡トが始まった。

「エウリピデス曰く

人をしいたげるものは、しいたげられたものである。

まともな人は、人をしいたげたりしない。」・・・・・CSの「クリミナルマインド」という、ドラマから・・・


いじめは、ひどい話で

まだ、一対一で、喧嘩は、本人の覚悟がいりますので、いいですが、

集団でシカトなんて、最低です。

やったほうは忘れますが、やられたほうは、一生、傷が残ります。


いじめをやる理由は、自分に自信がないから・・・・

人を落とすことで、プライドを、あげているつもりが、

自分がみじめになるだけです。

いつまでも、なくならないのは、僕たちの心の中に、嫌なものがあるから。

また、自殺者が出ても、学校は一切責任を取らないので、

子供になめられるのだと思います。

「係争中なのでコメントできない」とか、

「把握していなかった」とか、

それで裁判になって、

いつまでもしらを切りとおすなら、

「必殺仕事人」を雇うしかありません。


イ笋燭蕕函∪萓犬連絡をしてくる。

何か、もめごとというか、子供のちょっとした争いでも、

いちいち、親に確認を取る。

・・・・・

後々、責任を取るのが嫌なのでしょうが、いったい、「常識とはなんだろう」と、いうことになると思います。

そんな先生たちに大事なわが子を預けて大丈夫か?と、疑念がわいてきます。

学校説明会の御託・印象・・とは違うぞ・・^^

せっかく、必死に受験を乗り越えて、入学して、

いろいろ、お金がかかってるのになんだ・・・・

公立に、戻るか・・・

Π豈学校は何かの時のために、「こども保険」らしきものに入っているらしいが、さらに、任意の保険を薦めら

れたが、3年間で6万円らしい。


・・・・

今どき、無党派層というか、権利意識の強い、いわゆる、モンスター・ペアレントが増えて、

なんか、けがでもさせたら、裁判でも起こされたら、困る

ということで、やんちゃな、お子さんを持つ親御さんは、真剣に考えているみたいです。

・・・

中学時代、神戸は、男子は、全員坊主で、もう30年も前の話ですが、

皆坊主をやっているので、疑問にも思わなかったのですが、

新聞屋さんの、宝塚君のお父さんが、

「基本的人権を踏みにじられている」と言って

学校にねじ込んだらしいのです。

まあ、「仰せごもっともだ」と思いますが、

時代的には、そこまで突っ張らなくても、と、

今の僕でさえ思います。

自分の非を認めず、

相手の欠点ばかりあげつらっていると、

何か大事な物が消えていくように思います。

ただ、相手が、変な方である以上、こちらも、防御せざるを得ないという、

いやな世の中で

一番かわいそうなのは、一番弱い存在である、

子供たちだと思います。


Р燭につけて、学校側の、指定が厳しい。

教科書に、ブックカバーをつけろと言われたが、透明という指定で、どこに言っても見つからなくて、サイズも独

特だ。

家庭科の実習で、布を持って来いという話だが、生地の指定がこまかすぎて、見つからない。

・・・・・・

人と、違うと、いじめられたり、情けない思いをさせたくない親心、

東急ハンズから、100円ショップから、なにから、探せども探せども、なくて、困った。

・・・・・

学校は、緩いところで、

黙っていても生徒は来るし、

親は、生徒が人質なので、モンスター・ペアレント以外は、逆らえないし、

評価の仕方がないので、

つまりは、資本主義ではありません。

「教育が商品」とは思いませんが、

ひどい商品でも、何とか、お客さんがついてくる商売です。

良くも悪くも・・・・・。

東大の合格者数がすべてでとは言いませんし、

学校で得られるものは、学力だけではありません。

が、それでも、ちょっと、普通の社会では考えられないような、ことが行われています。

受験時にも、入試事務室に行って、ひどい扱いを受けたことなんて、日常茶飯事です。

・・・

教育の一番大事なのは、時間を守ったり、勤勉の大事さを学ぶところだと思いますが、


二義的には、論理的思考能力を養うということだと思います。

学歴社会であり、競争社会であり、困った時も、勝負するときも、大事なことは、論理的思考能力です。

(あまり、争いたくはありませんし、日本の社会風土には合わないと思いますが、


裁判でも、法律を挟んでの争いとなりますから、論理は大事です。

裁判で大事なのは、証拠と、法律上の規定で、真実はあまり、関係ありません。

そして残念ながら、法律家の胸先三寸という側面もあります。)

言い換えれば、優先順位は何かということでもあると思います。

教育の場で

ブックカバーが、透明でなければならない理由はありませんし、

布の生地がさほど、大事であるとも思えませんが、

子供にとっては、死活問題だったりします。

何かにつけて、親が、配布物を読んだという、サインが必要となったり、

それがないとヒツコク連絡してきたり、

それこそ、優先順位はなんだということになります。

┯立は何もやってくれないので、皆塾に行き始めたらしい。

・・・・・

何度も書きましたが、日本の教育システムは、

破綻しています。

税金で運営しているのに、それでは全く足りなくて

塾に通ったり、私立に進学しなければいい教育は受けられなくて、

それができなければ、

貧乏人は貧乏人のままのようです。

そして、雰囲気的には、貧富の格差は広がっているようです。

1億総中流が、そうではなくなってきたみたいです。

世界史で学びましたが、ローマ帝国が没落したのは、

中流層が税金・その他で疲弊していったせいです。

研究によると、金持ちほど、マナーが悪く、

貧富の格差が広がるほど、社会の質は悪くなり、犯罪は増える傾向にあるそうです。

60%のお子さんは、きちんと指導すれば、僕は、

マーチには入れてあげらます。

桐朋やギョウセイ、のレベルだと、僕は、

東大や、一橋に、入れてあげられます。

でも、塾に行けない子供は、学歴は必然的に下がり、

東大合格者の親の平均年収が高いのは有名です。

皆で、中学受験から競って、たどり着いた結末が、日本の英知を結集したという、神戸の最先端研究施設の

詐欺のような、研究だった、というのでは、日本の将来が危ぶまれます。

どうしていいのか、僕にもわかりませんが、

とりあえず、「授業参観時には、スマホはなしにしよう」、ということから始めるしかないと思います。


「挨拶する」とか、「時間は守る」とか、「朝ご飯は食べる」とか、「目上の人には敬語を使う」とか・・・


先生が、新任で、頼りない。

・・・・・

僕が先生やっているころにはなかったのですが、

副担任というのがあるそうです。

教頭も、副校長に名称が、変わり、

助教授が、准教授に名称が変わりました。

理科の天気でも、

昔は、ミリバールと言っていたのが、

いつの間にか、ヘクトパスカルに変わったり、

歴史上の人物も、

シーザーが、カエサルに変わったり、

僕にはよくその理由がわかりませんが、

一番困ったのは、習った送り仮名が、

国語審議会の勝手で、変わったことで、漢字教えてて、

目を白黒します。

・・・・

僕も、大学を卒後してすぐに先生になった口で

世間知らずの貧乏人のボンボン。

生徒の中には、

時代的に離婚も増えてきて、苦労してる子供もいたので、

嘘をつかれても、だまされていました。

そのまま、先生続けていたら、

そのまま、年を取るだけだったと思います。

1年でフリーとなってしまいましたので、

フリーになると、組織にはいないので、

家庭教師の子供にも、

「馬の骨」

とか、言われる始末で、

ずいぶん、だまされました。

騙さないと、世間では思われてる人たちにも、だまされたので、

今では、だまされることはあっても、

あとで冷静に考えると、

「嘘だな」とわかります。

年齢なんか最たるもんで

免許証見ないと、信じませんし、

学歴だって、「誰にも確かめようがない」と思っていますが、

「慶応大学を出」たといって、

馬鹿なことやってると、

「こいつはきっと慶応じゃない」、と思います。

かといって、いい大学の教授が、聖人君子かというと、そうではなく、

「背に腹は代えられない」、

から、追い詰められたら、

「人間なんて何をしでかすか知れたもんじゃない。」と思っています。

騙されるのは、生まれてきた以上仕方ありませんが、

尊敬する、山本夏彦氏が

「世は、いかさま」

と喝破しておられるので、納得しています。

・・・・

新卒の先生なんか、こないだまで学生で

「先生になろう」と思ったのは、

厳しい社会を生き抜く、自信がなかったからで、

もしかして教育に燃えて、本当に先生を目指した人は、

新任だからと言って、侮られないような気もしますが、

まあ、

優等生で、ずっとやってきて、

少子化で、厳しい公立の採用試験に受かったくらいだから(私立はコネ採用もあるからご用心・人事交流もありません)

頭はいいかもしれませんが、

親の、庇護の下、

ぬくぬくと育ってきたら、それは、

頼りないのは当たり前で、

うつ病になる先生も多いと聞きます。

今日スポーツジムに、小学校の先生だという青年が来てましたが、

おおむね、ジムにいる、教員の方は変わった方が多いです。

(多分、いつも、教室では王様だからかな?)

この青年は、まともそうに見えますが、

何でも、担任で春は保護者会やら、家庭訪問やらで大変とかで、

ジムに来る余裕もなく、20代半ばなのに、

かなり体重は増えている模様でした。

・・・・以前は、「先生」といえば、社会的に尊重されていましたが、

今では、子供も先生をばかにする始末で、

「暴力はダメだ」とか、子供が、「先生は殴らない」と、

タカをくくった瞬間から、不幸が始まっていると思います。

たけしさんが言うように、先生は、「床の間に置いて尊敬」したほうが、教育はうまくいったのに

ということでしょうが、いまさら、

落ちたものは、回復は無理で

そりゃあ、

子育てをして、

また会社で、ひどい目にあいながら頑張っているお母さんからすれば、

新卒の先生が頼りなく見えるのは無理もないと思います。

・・・・・

なんだか、長くなりました。

言いたかったのは、

中学受験が終点ではなくて、

その先もいろいろあるということでした。

先生をやめて、

家庭教師歴35年となりました。

いろいろな生徒に鍛えてもらって、

また、最近は、いろいろ親御さんも鍛えて下さるるようになりました。

ただ、いつも僕が願っているのは、

生徒が成績が上がって、

希望の学校に入れることです。

いい学校に行けば、きっと、もっといい未来が見つかるはず・・・・

と思ってやっています。

健闘を祈ります。

ゴールデンウイークから、夏休みまでに、「生活と勉強のリズムをつかむ」ことが、

中学受験の要諦です。

ふたたび健闘を祈ります。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月06日 22時13分21秒

前へ |