中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2015-05-07

さすがだぜ、キーワーク




中学受験を終えられたおかあ様方に、

中学校の勉強の仕方をよくたずねられます。

僕は、迷わず、キーワークをお勧めしています。

教育開発出版です。

生徒を教えていてであった、問題集です。

多分7年くらい前かな。

その子は、もう、マーチの大学二年生。


以前は塾でしか購入できませんでしたが

今ではネットで手に入るみたいです。

多分、本屋の流通に回すと、マージンを取られるのが嫌だったのではないかと思っていますが

世の中のほうが、

アマゾンの世界になり、

多分、直接、出版社から販売できるようになったのだと思います。


昔あった牛乳屋さんや、ミシンのお店も、

時代の流れと共になくなり、

米や、酒屋もなくなり、

八百屋だって、魚やだって、

ほとんどスーパーにとってかわられました。

本屋も受難の時代で

店頭で、見てアマゾンで買うという感じで

また、

以前の稼ぎ頭だった、辞書も、売れなくなり、

参考書も問題集もアマゾンになり、

本屋は厳しいみたいです。

辞書は、電子辞書に変わり、

これは実際は、英語学習には、だめで

辞書でなければならないのですが、

時代の流れで、電子辞書全盛で、

生徒にいっても耳を貸しません。

ある学校は感心なことに、辞書を進めているのですが、

お母さんのお古はだめで

さらに、

初心者用と、上級者用を

買わせるみたいで、これもどうかしていると思います。

一冊で十分です。

漢和辞典にしろ、国語の

辞書にしろ、さして変わらないものです。

エコ、とか言いますが、

無駄の多い世の中です。

今日生徒の国語の授業で

循環型の社会の文章読みましたが、

よく考えると、

汲み取り式のぼっとん便所は、

トイレットペーパーは、新聞紙だったし、

排泄物は、そのまま、畑にまいて

植物の素晴らしい養分だったし、

素晴らしい、リサイクルだったようです。

買い物も、昔は、

エコバックなどと気取らず、

卵も新聞紙で、

割れないように包んでくれました。

味噌や豆腐も確か、

入れ物を持って行って、それに入れてもらったように思います。

・・・・

さて、キーワーク。

数学です。

その生徒は東京書籍。

イケテル学校は、馬鹿だから

数研出版の教科書を使いますが、

教科書は、絶対東京書籍。

そして、問題集はキーワーク。


これだけで、高校受験はばっちりです。

いつものように、試験までに、3回やってください。

素晴らしい問題集です。

東京書籍は、時代にのまれて、

ひよってしまい、

薄っぺらい、表現というか、

レイアウトに部分的になっていますが、

商売だから仕方ありません。

出るたんも、商売っ気がなく、

速読英単語や、システム性単語に押し切られていますが、

最近、ジーニアスの熟語集を見て、

土性骨の入った、いい、地味ながらも、

素晴らしい熟語集だと思いました。

出る熟も悪くありませんが、

時代とともに、口語表現に欠けるきらいにあります。

今までは、ターゲットの熟語集を使っていましたが、

これからは、ジーニアス熟語集を薦めようと思っています。

今どきの高校生には、ちょっと、受けの悪い、地味な装丁ですが、グッドです。

・・・・

またまた脱線しました。

そう、キーワーク。数学。

質量ともにばっちり。

あらゆるパターンの問題が網羅されています。

量も、げっぷが出るほどの量で、

ここがゆういつの難点。

怠け者にはきつい。

ほんとは、これを、試験までに3回繰り返せばばっちりです。

チャレメも、ほかの問題集も必要ありません。

数学は、どんな教科書も、内容は一緒なので、

代用が聞きます。

英語や国語だと、

教科・
ボウヨウでなければ困りますが、

数学は、大して違いませんし、

おそらく、

出版社別でないものも、あると思います。

困るのは、

今、結構な数の中学高校が、

Z会の、教科書だったりするので、

Z会の準拠のキーワークは、ないみたいです。


これから、受験界での指定校という学校に限って、

Z会や数研の教科書を用いて、

数研の理系の問題集は素晴らしいし、

Z会も、

僕自身Z会の申し子みたいな人なので、

困ったことなのですが、

それは、上級者にはよくても、

初心者にはきついのです。

僕も偏差値が、60を超えるまでは、

Z会はやるべきではなかったと後悔しています。

勉強の途上にある生徒は、

普通の東京書籍の教科書が一番いいと思います。


高校の社会は山川いいに決まっています。


昔から名著と呼ばれた問題集や参考書は、それなりの理由があるのですが、

中途半端な教師が

もしかしたら、出版社の営業に負けて、

入れてしまうのかもしれません。

国立の学校なら、

その教科書の

編著者だったりして、

学年主任が、そうなら、その学校は、

必ず、その教科書を使うことになります。

英語や国語は、準拠版を使わざるを得ないので、

準拠版がない場合は困ります。

それでも、

高校受験をする場合は、

そんなことも言ってられないし、
おそらく塾に通うので、

多分

新中学問題集などを使うことになるんだと思います。

もしくは、それぞれの、塾のオリジナルの問題集。

驚いたことに、

新中学問題集は、

キーワークの出版社と同じ会社ですが、

どこか、ピリッとしません。

・・・・

キーワークのいけないところは、量が多すぎるということです。

それは長所でもあり、短所でもあります。

・・・・・

本当は、

駸々堂出版というのがかつてあり、

そこだ出してる、

ニュースタディーという、

問題集が、中学の問題集の名著で

僕はいつも家庭教師でそれを使っていました。

キーワークほどの量はないのだが、

ちゃんとやれば、完全に

その、単元の肝は把握できる。

残念ながら絶版になってしまいました。

名著ながら絶版はいっぱいあります。

また、売れすぎて、

エイヒンのように、

また、標準問題セイコウのように、

姉妹版が出過ぎて、
どれにしたらいいかわかんない時もあります。

情報は多ければいいというものではないのかもしれません。


・・・・
ただ現在のところ、

中学生が

普段の勉強で使うには、

キーワークが一番いい教材だと思います。

今日改めて、

久しぶりに使ってみて、

その良さを実感しました。

ブログの初期に、東京書籍の教科書を褒めたら、

東京書籍のホームページに引用されました。

無断で・・・・^^

メモチェを、ググると、

僕の記事が、日能研以外の記事ではトップです。

キーワークもさんざん、ほめていますが、

そのうち、出版社から

感謝状でも・・・・こないか^^

こないわな・・・







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月07日 01時40分41秒

前へ |