中学受験・高校受験・大学受験にプロ家庭教師@東京
東京多摩西部地区でプロ家庭教師をしております。詳しくはプロフィールページをご覧ください。
プロ家庭教師・東京多摩西部地区 岡崎展久
2015-05-21

過去問がぱっと見、む...




過去問がぱっと見、むつかしそうな場合。

塾に通ってらして、

あるいは、通ってらっしゃらなくて

今、お子さんが、5年生か6年生だとしましょう。

常に僕は、

「過去問の最低点」が、一番信用で来ると申し上げています。

準備のいいお母様は、

今年出た、今年の志望校の過去問を、お求めになったかもしれません。

特に6年生では、切迫しています。

・・・・

中学受験した経験のあるお母さんでも、

そうでなくても、

一応はご自分で見るはずです。

・・・・

いかがでしたか?

あまりにも難しそうだと、

へこんで、不安になられるのが当然です。

・・・・・
)榲に難しい場合

男子の御三家など、普通の問題は当然できるとして、相当ひねった問題です。

△なり難しい場合

鴎友など、御三家には、及びませんが、かなりなレベルが出題されています。

I分的に難しい場合

豊島岡などは、途中までは、そこそこ基礎的な問題が出てて、

一応多少は取らせてくれます。

鴎友のように、全部、かなりなレベルというわけではありません。


↓の場合、どちらが得点しやすいかは、

生徒によるでしょう。

ぁ屬僂辰噺難しいが、よく吟味すると、さほどでもない」場合。


今回は、このお話をします。


・・・・・・・

ぱっと見が難しくても、解いてみれば、そこそこな問題の場合です。

塾の先生でさえ、ご自分が担当している教科以外の過去問は見ないと思います。

家庭教師でも、自分の担当している教科以外はあまり見ないと思います。

また、自分の担当している生徒が受験する志望校の問題以外はあまり見ないと思います。

したがって、全ての学校の問題に精通している先生はいないということになります。(たぶん^^)

日能研に「銀本」がありますし、

「声の教育社」や、ほか、から過去問が出ていますが、

多分、毎年同じ先生や、

または、大学の院生などが、解答を作っていると思いますが、

ずっと同じ先生ということはないと思います。

もちろん、概論として

個々の学校の算数は、こうだとかという、傾向レベル・出やすい範囲

の指摘、はありますが、

実際に自分で解くしか、正確な過去問の情報はつかめません。

塾で

日特とか、志望校別の、傾向と対策の、授業もありますが、

志望校の過去問を、ただ、解いて解説するだけだと思います。

また、塾の先生の実力から言って、

生徒に分かりやすく教えることはないと思います。


・・・・・・

今年も何人かの、

塾に通っている生徒にリサーチしましたが、

やっぱり、塾の授業はさっぱりわからないということでした。

レベルも通っている小学校も違う生徒が

同じように塾の授業はわからないと言っているということは、

深刻な問題ですが、

毎年のことです。

塾側が、これを取らなきゃあだめ

と言っていることも同じですが、

自分で解いて、

解答見てわからないとこは、家庭教師に聞くというのが一番能率的だと思います。

解答も不親切なこともあります。

・・・・・・・

志望校のレベルがわからない場合は、家庭教師の先生に問題を見せて、解いてもらうしかありません。

実際解いてみれば、

意外に易しかったということもあります。

お子さんのレベルと比べて

「これは無理」という場合は、

僕は正直に言います。

それでも、どうしても、

受験したい場合は

それは自由ですので、家庭教師としては、

すべり止めの選択に回ります。

が、過去問やって、

合格最低点に・箸にも棒にもかからない・場合は、


本人にもわかりますし、

受験直前になれば、

普通は、いうことはきいてくれます。

お母さまが半狂乱になって

受験するときは、

それは、僕は止める立場にはありません。

冷静にとめますが、

受験後に、

「無謀なことをした」と

おっしゃるお母様に、

「僕は何度も止めました」と言っても、

「先生、そんなこと言いましたっけ?」

というお母様もいます。

一度も合格最低点をクリアしない場合は、

やめたほうがいいです。

苦手科目があって、

それが、得意教科でカバーできる場合、

算数が苦手でも、何とかなる場合もありますが、

一概になんともいえません。

今回、

ご依頼があって、関西圏のかなりな名門校の過去問をやってみましたが、

ぱっと見難しいのに、

首都圏の難関校に比べれば、何とかなるレベルでした。

「高認」という、

もともと「大検」といった、テストもこのきらいがあります。

英語なんか、ぱっと見は、難しいのに、

設問が易しくて、

からっきし英語ができなくても、

合格してしまいます。

ほかの教科もそうです。

高校中退者が、ものすごくたくさんいて

たいていの資格は

「高卒」が条件なのでこうなったような気がします。

また、数学だけは、

高認も厳しいのですが、

今は、サポート校があって、

レポートを出せば、

数学もなんとかなる仕組みにしているようです。

以前、「大検」でしんどい思いをしたかつての生徒のことを考えると、

気の毒な気がします。

彼女は10年近く、大検を受けてやっと合格しました。

数学も当時は

自力しかなく、そこで僕が家庭教師となっていくことになったのです。

・・・・・

今回見た、関西圏の名門校の問題も、

皆、表向きは難しいのですが、

理科なんか、思考力を試す問題で、

えげつない中和滴定とかはありませんし、

社会は、ちゃんとやっとけば取れそうです。

国語は、ガチ記述で

鴎友なみですが、

僕はそもそも国語の先生なので、


記述のコツは、きちんと生徒に伝えられます。


よく言うのですが、

「算数を苦手な生徒に教えるのはしんどい」が、

「国語を苦手な理系の生徒に教えるのは比較的簡単」です。

国語は「読書しないとだめ」のような印象がありますが、

そうでもありません。

もちろん、読書量が多いほうが、

国語は楽です。

この間、生徒に国語教えていて、

本当に、最近の子供は、

読書してないので、

何も、言葉を知らないんだなと、

ビビりました。

春一番、知らんか・・・・スタメン知らんか・・・・

一人や二人じゃないので、

一般的な傾向だと思います。

漢字も読書量が少ないので、

苦手な生徒が増えています。

・・・・

一見むつかしそうな過去問も、

中身はそれほどでもない、という学校もあります。

が、やってみないことには実態はわかりません。

もしかして、

お子さんにとってだけ、グッドな問題である可能性もあります。

・・・・・

大変だなと思っても、

プロの家庭教師に相談すれば、道は開けるかもしれません。

僕自身も、ほんとうは、

「無理です」

とは言いたくはないんです。

本当は

「ここなら、僕とやれば何とか入れてあげられる。」

といいたいんです。

「基礎を固めていけば、おのずと合格ラインだ」

といいたいんです。

ただ今年の冬も、過去問解いてて、

中和滴定にしろ、

算数にしろ、

こりゃあ、小学生の解く問題じゃない。

大学入試レベルだろ、

という問題もいっぱい見ました。

それがいいのか悪いのかは別として、

最終目標は

大学入試なわけですから

今、そこまでやる必要があるのか?、という問題もあります。


有名大学の付属で

中学受験だけで、終わり、

という場合は別です。

ただ、


付属で、上の学校に上がるのを、結構苦しんでいる、

生徒たちも見てきましたので、

一概には、入っちゃったら勝ち、終わり、

という訳でもないようです。

・・・・

またもし、今、まったく準備がされてなくて

これから受験しようという、生徒であっても、

知的好奇心と、やる気があれば、

今のレベルが最低でも、今からでも間に合う可能性もあります。


昨年は、6年生まで子役タレントとして活躍して、6年生の5月から受験勉強を始めて、

超名門に入った女子生徒もいました。

・・・・

以上です。

ぱっと見難しい過去問でも、

プロが見れば、ほんとは、

大して難しくないかもよ・・・・

というお話でした。

じゃあ、その関西の学校教えろ、

聞いたら得じゃないか?という向きもあるか、と思いますが、

もし聞いたとしても、

本当は、

地道に知識を重ねていけるかどうかに、受験はかかっています。


幾ら問題が基本的だったからと言って、

すんなり、問題が、解けるわけではありません。

地道に、

メモチェなり、

新小学問題集なり、

本科なり、栄冠なり、

予習シリーズをキッチリ仕上げないと合格は望めません。

本当です。

そして、それが仕上がって、い粒惺擦確実になった場合

実際は△筬の学校も手の届くところに来てて、

優秀な生徒はそっちに回ります。

だから、なんだかンだいって

毎年の学校の偏差値や受験者の

層は、ほとんど変動しません。


健闘を祈ります。







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



2015年05月21日 08時35分14秒

前へ |