大阪の賃貸情報 ピタットハウス梅田東店
北区の中でも人気の高い梅田エリア。その梅田を中心にワンルーム・デザイナーズ・大型ファミリー物件やペットと一緒に暮らせるマンション・事務所や店舗など賃貸物件を多数取りそろえております。
ピタットハウス梅田東店

ナ〜イッ、スクープ!

 今夏の参院選にタレントの岡部まり(50)が大阪選挙区(改選数3)から

民主党公認で立候補することが決まった。

岡部は14日午後、記者会見して正式に出馬表明するが、

困惑を隠せないのが岡部がレギュラーを務めてきた地元の人気番組

「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送制作)だ。

局ではとりあえず出演自粛を決めたが、すでに2回連続で収録を休まれた上、

本人から降板の意思表示もなく、対応に苦慮している。

 視聴者から寄せられた依頼を、探偵局員(タレントら)が視聴者とともに調査する

様子を放送する同番組は、関西では深夜帯にもかかわらず視聴率20%を

超えたこともあるお化け番組。全国にもネットされ首都圏では東京MX、

テレビ神奈川、テレビ埼玉などで放送されている。

 岡部は番組開始翌年の1989年7月から、依頼文を読み上げる秘書役で出演。

初代探偵局長の上岡龍太郎、現在の2代目局長、西田敏行らをサポートし、

番組のマドンナ的な存在として親しまれてきた。

 民主党は関西での人気と知名度に目を付け、

大阪選挙区で2人目の候補として擁立することを決めた。

 タレント候補が選挙に出る場合、番組降板などきちんと“始末”をつけておくのが常識。

ところが、岡部はこれを怠ってきたようなところがあり、

出馬情報が浮上した今月9日の収録は、開始約5時間前に

「(参院選をめぐり)お騒がせしており、共演者に迷惑がかかるので辞退したい」

と局に連絡してドタキャン。先月下旬の収録も「体調不良」を理由に欠席しており、

2回続けて収録を休んでいた。

 岡部は12日夜になって、ようやくプロデューサーに参院選出馬の意向を伝えたという。

これを受け局側も「出馬会見をもって番組への出演を控えてもらう」

と岡部に申し入れ、了承を得たという。

「それまで岡部さんの所属事務所から連絡は一切なく、局としても、やきもきしていた」

と番組スタッフは明かす。

 岡部の代役はまだ決まっておらず、降板か休養かなどの扱いも正式に決まっていない。

今月9日放送分が事実上最後の出演となった形で、

「岡部さんが政治に興味があったなんて、まったく聞いたことがなかった。

突然のことで驚いている」とスタッフの間には戸惑いが広がっている。

 探偵ナイトスクープのマドンナが政界のマドンナへか〜。

 がんばって・・・・・。

 う〜〜〜ん?

 何か納得いかないような!

賃貸マンション 大阪 のお部屋探しは
ピタットハウス南森町店 株式会社プロスパル


Posted at 2010年04月14日 21時05分02秒 []