口腔外科学会指導医、認定医  日本顎顔面補綴認定医      ●高田歯科医院        横浜市港北区下田町2-16-29    TEL.045-562-3589       ※予約制
2011-08 の記事
今年は大震災により、花火大会を自粛するところもありましたが
17日に行われた横浜の花火大会を我が家の(マンションの5Fです)
ベランダから少しだけ見る事が出来ました(^v^)

写真を載せたいと思いましたが、このカメラマンの腕?カメラ?が
いまいちでお見せできるものではありませんでした(ーー゛)

今年は大震災でお亡くなりになった方への追悼と復興を祈り
打ち上げられた花火は感慨深いものでした。

復興が進み、早く元の日常が戻る事を祈ってます。
2011年08月30日 12時45分11秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )  
高田歯科医院が少し変わりました!!

待合室の床が!!
化粧室が!!
診療室が!!
ユニットが!!

綺麗になりました(*^。^*)




やはり病院は綺麗で清潔感のある所がいいですよね☆
実際に働いている、先生やスタッフも同じ気持ちです。

皆さん!!高田歯科に受診された際にはどこが変わったかを探してみてください(*^。^*)
2011年08月27日 10時49分33秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )  
皆さんこんにちは(^o^)丿夏休みはいかがお過ごしでしたか?
私は7月に地元熊本での結婚披露宴を無事にを終え8月は再度熊本へ帰省しましたぁ☆
横浜も猛暑が続きましたが、九州の夏は湿度が高くほんとに蒸し暑い日もありましたが、雨も続き少し涼しかったです。友達にも会え、明治時代の洋風な建築物を残した三角港や、天草の青い海に行くこともできましたぁ(*^^)v


さて!今日は歯周病と糖尿病の関係について載せたいと思います(+_+)
歯周病が及ぼす糖尿病への影響としては、歯周病関連細菌からだされる内毒素が、歯肉から血管内に入り込み、マクロファージ(細菌を消化し免疫システムを担う細胞)からの腫瘍壊死因子の産生を促進します。その結果、血糖値を下げる働きをもつホルモンであるインスリンをつくりにくくする(インスリン抵抗性)ことがわかっています。すなわち、慢性炎症としての歯周炎の存在により、血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に、歯周炎も進行していくという悪循環に陥ります。インスリン抵抗性に対して、からだは、なんとかしようとして、より多くのインスリンを産生しようとします(高インスリン血症)。しかし、高インスリン血症が長く続くと、インスリン産生細胞である膵β細胞と言う細胞が疲労困憊し、末期の糖尿病となってしまうのです!!

このように最近ではテレビや雑誌等でも目にする事が多くなっている歯周病と糖尿病。みなさんもまずは歯周病予防から心がけてみてください!!
健康はまず口からの栄養補給です!歯を磨く事で皆さんの体も健康に保っていきましょう!(^^)!
2011年08月20日 17時19分50秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )