資産運用について
dotline

資産運用で重視するもの

個人向け国債」という言葉を聞いたことはありませんか?証券会社の商品としてとり扱われている個人向け国債。資産運用を行っている人でこの方法をとっている方はいると思います。個人向け国債とはもちろん個人に対するもので、日本が発行している債券のことをいいます。個人向け国債は安全性が高いものとされているようですが、国の状況によっては確実な安全性を保てないといった危険性があるようですので注意が必要です。資産運用を行うにあたっては聞きなれた言葉なのでFX 初心者でも簡単にできそうな気がしますよね。個人向け国債は小額から始められます。金融機関の商品先物取引紹介などを参考にすると非常にわかりやすいと思うのですが、一万円から可能というのが特徴です。そしてどんな方でも始められるという嬉しいメリットがあります。他にメリットとされる部分は自分のニーズに合わせてプランが選択できるということです。プランというのは固定金利なのか、変動金利なのかといった2種類のプランから選択できるようになっています。個人向け国債は満期があります。固定金利と変動金利の満期は違います。固定金利は満期が5年となっており、変動金利の満期は10年となっています。色々な証券会社で変動金利ですとか固定金利といった言葉を聞きますよね。お金を増やす手段として投資信託より個人向け国債を選択するのは安全性が高いと言われているので良いかと思います。安全性に加え、為替金利も非常に大事ですよね。安全性の高い資産運用の方法として個人向け国債があります。資産運用をするにあたって重要視したいのは安全性に加え金利も非常に大事ですよね。先ほど個人向け国債のプランは2種類あると紹介しましたよね。2種類とは固定金利と変動金利の2種類のことです。固定金利は満期が5年。変動金利は満期が10年と両方に対して満期があります。では固定金利とはなにか、気になりませんか?固定金利とは満期までの5年間は金利が変わらないというのが固定金利の特徴です。逆に変動金利の方はといいますと、適用利率が変わります。変わる期間は半年ごとです。同時に利子も変動します。固定金利の方は国の状況が悪くならない限りは固定のままということです。変動金利の方は経済状況によって左右されます。これが大きな違いと言えるでしょう。一見比べて見ると変動金利の方がリスクが高いように感じますね。リスクは少しだけ高いのかもしれませんが、その代わり基本金利は固定金利の方よりも変動金利の方が高く設定されています。途中解約は両方できるようになっていますが、これもやはり固定金利と変動金利ですと差があり、固定金利のほうは2年間の中途解約ができないようになっています。それに対して変動金利の方は1年間といった固定金利よりも期間が短く設定されています。いかがでしょうか?少し個人向け国債についてわかっていただけましたでしょうか。ワライト同様、個人向け国債を扱っているところは多いのでホームページで詳細を比べてみると良いですね。
 

Posted at 2009年05月13日 18時20分06秒  /  コメント( 10 )  /  トラックバック( 0 )

dotline