◆感動体感、感激、出会い、喜び、こだわり、情報など日常の中でのさまざまな気づきを綴ります
天神から風を呼ぶぜ! 合同記念の豪華な講演会がありました。

  *かたつむり根ット輪―ク創刊25周年
  *イシカワ経営企画研究所創立26周年
  *TIPティーアイプロジェクト創立15周年
  *万縁の会福岡2011

講演は、確かに豪華でした。
660名の参加者は、最後まで熱心に聴き入っていらっしゃいました。

 「一つ拾えばひとつきれいになる」
    鍵山秀三郎・イエローハット相談役

           

 「夢は花ひらく」
    矢頭美世子・やずや会長


 「この国の行方」
    中田 宏・日本創新党代表幹事、元横浜市長

            


ここで、講演内容のおすそ分けをいたしましょう。

今回の「トイレ掃除 トイレの神様 鍵山秀三郎さん」のお話は
いつになく、迫力を感じました。

いつもはしっとりと、じっくりと、心に落とし込んでいくような話し方のイメージが
強かったのですが、また、新たな鍵山秀三郎さんを見たような感じです。

 いざという時に役に立たない「なまくら刀」になりたくない、 
 ホンモノの人間になろう。
 恥知らずにはなりたくない
 ホンモノの人間になろう。
 
 ホンモノとは、
 言っていることを実行している人のこと。
 
 善いことをするたびに人は強くなっていく。
 人を喜ばすことは自分を強くする。
 思ったこと、善いことを実行に移すことが大切。

 何かを積極的にやると失敗しても消えていく。
 やらなければ、やらなかったことに対して後悔する。

 もともと日本人の国民性はすばらしい。
 歴史を重んじて文化を大切にしていきたい。


ほんの一部ですが、心のずうーと奥の方から
何かをしなければ、できることがここにもあそこにもあった、
こんな気持ちで、あんなこともしてみようという気持ちがわき出してきませんか。

テンションあがりっぱなしの3時間でした。

私にとっては、鍵山秀三郎さんの違う一面を見せていただいたようで
とてもうれしい講演会でした。

HPに戻る

  

 
Posted at 2011年08月27日 21時11分58秒  
コメント一覧
トラックバック一覧




トラックバックURL : http://cplus.e-commune.jp/5000537/trackback/0026319
コメントの投稿

== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==