◆感動体感、感激、出会い、喜び、こだわり、情報など日常の中でのさまざまな気づきを綴ります
2010-11 の記事
国際センターに着いた時は、午後3時を優に回っていました
通路は、カメラを片手に、力士が通るのを待ち構えているファンでいっぱい
ん―む、さすがです!

初めての体験なので、あちらこちら探検
通路では見張り役なのか、着物姿のお相撲さんがところどころに立っていました
いつものノリで
思わず近づいて、大きなお腹をポンポンといたずらしてしまいました
すると、着物ごと“ゆーさゆーさ”と大きくなびいたのです
なんとご立派なことでしょう!


土俵入り



       琴欧州


桝席Aは、実にすばらしい!
力士が間横を通り過ぎて行きます
顔の表情がビンビン伝わってきます
息づかいも聞こえます
体中ににじみ出た汗も、肌に残る土俵の砂も、悔しさも、誇らしさも・・・


       白鵬


写真撮りまくり
はしゃぎまくり
楽しみまくり
・・・・まくり

白鵬取り組み


生まれて初めての最高の体験
それはそれは、すばらしいものでした

なんか、癖になりそう。
2010年11月24日 00時08分27秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )  
今年も「唐津くんち」宵山も曳山もじっくり見物

2日は、例年のごとく「一天張」で会食を楽しみながらの宵山見物
コーナーを曲がる時の緊張感は格別でした
今年も胸が躍り、気分は最高!

        宵山




3日は、曳込み、引出しを目の当たりにじっくり見物

        曳き込み


唐津っ子が燃える「くんちを」体感!
以前、友人が、
「何があっても、唐津くんちだけは『里帰りをさせてもらう』」
と言っていたのを、思い出しました
彼女は、典型的な唐津っ子なんですね
2010年11月03日 22時34分29秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 10 )