◆感動体感、感激、出会い、喜び、こだわり、情報など日常の中でのさまざまな気づきを綴ります
2011-04 の記事
心理学のセミナーに行ってきました。

さまざまな角度から、学習に取り組んでいますが、
いつもいつも新しい発見があって、
限りなく、新鮮な気持ちで学んでいるところです。

今回は、

「人生が180度変わる幸せ発見法」

初めての講座ではないのに、その時々の
心の状態、おかれた状況、環境によって、感じ方が変わるのが
とても不思議です。

いろんな気づきがあって、
とても勉強になりました。



印象に残ったのは、
講師:林 恭弘先生の冒頭のごあいさつでした。

「東日本の震災では、たくさんの被災者が出てとてもたいへんなことになっています。
 私たちは長期的に支援をしていかねばなりません。

 明日からゴールデンウィークが始まります。
 私は家族で、出かけます。
 今この時、日本の底力を上げるためには
 普通以上に元気に、思いっきり出回って、お金を使いましょう。

 全体的に暗いイメージが漂っています。
 元気を取り戻すためにも
 この時期、じゃんじゃん遊びに行って
 経済を活性化させましょう」


一部抜粋ですが、上記のような内容でした。

「3・11」依頼、現在までに倒産した企業は
大小合わせて、数知れません。

多くの報道でも展開されているように、
この時期、活性化に向けて元気に飛び出しましょう。

どんなに求めても、
皆の幸せなくして、自己の幸せは有り得ないのですね。

  「幸せ発見法」

 しっかり学びました。

  HPに戻る 


 
2011年04月29日 18時15分34秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )  
この連休も大忙し!

楽しいこと
やさしいこと
うれしいこと
おいしいこと・・・etc

前向きの形容詞には感度良好の私、
今年も大忙しです。

「初夏の北海道の大物産展」の珍味の数々を楽しみました。

テーマは北海道でしたが、
なぜか、ムツゴロウをお腹いっぱいいただきました。

「ムツゴロウ」は
スズキ目・ハゼ科に 属する魚の一種で
潮が引いた干潟の上で生活する魚として知られています。
有明海・八代海を含む 東アジアに分布するユニークな魚です。

            

ムツゴロウが捕れる時期は5月過ぎから8月まで
一番おいしい食べ方はかば焼きといわれています。
鮮度のよい場合は刺身も。
また地域ではムツゴロウの味噌汁もだしがとれておいしいものです。

というのはひと昔のこと
今では、あまりお目にかかれません。

そのような状況の中
お腹いっぱい いただいた上におみやげまで。





                      

見かけは、ちょっとグロテスクですが、
味はなかなかのもの。

有明海底は恵みあふれる 豊かな土壌です。
干満の差が6mもある潮の満ち引きによって、
河川の栄養分をたっぷり取りこむため、
ムツゴロウは味も栄養もたっぷりなのです。

有明海の潟は多くの微生物が含まれ
お肌にとってもよいということで、
ささやかな望みを託して、ついほおばってしまいました。

  


もちろん、北海道の物産だけでなく
皆さん持ち寄りの日本中のお酒も・・・





お土産にいただいたムツゴロウたち


ホントに楽しいひと時でした。
2011年04月26日 18時06分06秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 10 )  
九州初公開という
京都・清水寺成就院奉納襖絵展に浸ってきました。

          

風の画家・中島潔さんの画業40年の集大成ともいえる襖絵です。
ほか、代表作約50点もの作品が
佐賀県立美術館に展示されています。

         


唐津市厳木町ご出身の中島潔さんは、作品の中に
ふるさとの地名を盛り込んで描いていますので
地域の人たちは、より親しみを感じることでしょう。


                 
    

すばらしい作品の数々
繊細な筆致と優美な色彩で子供や女性を描く
画家の想いが伝わってくるようです。

                          

5月8日まで開催されます。
サイン会も予定されているようです。

          

また行ってみたい、そんな魅力的な絵がいっぱいです。

                    :写真はすべてチラシから活用したものです
2011年04月26日 14時12分11秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 10 )  
忘れてはならないのが、
神野公園のそばの多布施川沿いに咲く約3000本の桜です。

そのハンパではない数と距離は
道往く人を、存分に楽しませてくれます。

川沿いの散策道を歩くもよし、車内から眺めてもよし
近寄るだけで、圧倒される桜を堪能できます。


              







今年は、じっくり桜観賞を楽しみました。
あちらもこちらも・・・。
もう、思い残すことはありません。

素敵な新年度初めでした。
今年度は、いいことがいっぱいありそうな・・・。
2011年04月11日 02時12分28秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )  
佐賀市神野公園 桜満開!
今年もさくらたちに逢いに行ってきました。

さくらとツツジの名所で県下三大桜名所と言われている神野公園は
旧藩主鍋島直正の別邸です。

                



鍋島直正公の愛したお茶屋の茶室を復元した隔林亭



花いかだ(ちょっと危なげ)


                        ひと休み


            
2011年04月11日 00時56分18秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )  
佐賀市久保泉町で、
「天然記念物えひめあやめ祭り」が開かれています。


えひめあやめは、小さくてかわいい上に、貴重植物で数少ない珍しい花です。
  
            手の平にのるほどの大きさ

全国で西日本のみ5か所だけで見ることができます。
その一つが、川久保町久保泉なのです。

今年で17回目を迎える「えひめあやめまつり」は
保存会の皆さんの協力のもとに
全くの手作りで開かれています。

およそ30年も前から一人の男性・古川ブンシさんが大切に
保存していたことがもとになって、
10人ほどの仲間たちだけで観る会を楽しむようになり
その後、有志が集い今のような会に発展したということです。

一時期は数株に減ってしまい、危惧された時もあったものの
皆さんの協力で、
今年は、何と450株にもなって、今回の祭りの開催になったものです。

えひめあやめの開花は
ソメイヨシノの開花と同時ということで、
季節がくると、毎年楽しみに各地から訪れるようです。

       満開のソメイヨシノとえひめあやめ


                     

町内会の皆さんの手作り野菜、味噌、かんころなどが販売されていたのですが、
後で買おうなどと思っていたら、あっという間に売り切れ、
とても人気です。

手作りといえば、

この橋も
     

                 




この杖も
            鑑賞に来られた方のためにとの気遣いの杖



この椅子とテーブルも
大きな岐路切り倒す際に、切り株を利用したテーブルと
            太い幹を活用して作った椅子
            すべて、ボランティアの有志によるもの

                    



黙々と手入れに励む保存会の有志

風通しが良くて、日光を好むというえひめあやめを
やさしくいとおしむかのように、手をかけておられました。



    

10日まで。
それでも、鑑賞に来られる人は後を絶たないとか。
とにかく、小さくって、可愛くって、
だから、一度はみてほしい「えひめあやめ」です。

        ・・・・佐賀市久保泉町天然記念物えひめあやめ保存会主催・・・・・
2011年04月10日 00時18分30秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 10 )  
桜満開!

風はまだ冷たさが残っていますが
いたるところで桜が咲き誇っています。

確実に春がやってきたのを実感するのはこの時季です。
特別に約束しているわけではないのに
その時は、必ずやってきます。

満開の桜並木をくぐって入学式を迎えたなどの
情報を耳にすると、ほっとします。

福岡 舞鶴公園の桜は、競うように咲き盛っています。

裁判所お堀側では、桜が見事に花膨らんでいました。

                   


甘木公園の半端でない桜をご紹介しましょう。

        


いつまで見ていても飽きない桜
すばらしい眺めです。

今ならまだ桜観賞に充分ひたれます。

花びら舞う「桜吹雪」もいいかも。

そのうちに、「葉桜」も。


深緑の季節はあっという間にやってきます。
今だから、今だけだから、
桜をもっと、楽しまなくっては。

あすは、佐賀の神野公園の桜に逢いに行きます。
2011年04月06日 11時04分27秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )