宮城県仙台市を拠点に活動している車椅子バスケットボールチーム。 大会・その他活動などの情報を掲載していきます。
2015-05 の記事
5月4日〜6日に東京体育館で行われた内閣総理大臣杯争奪第43回日本車椅子バスケットボール選手権大会で宮城MAXが見事優勝して7連覇を達成しました。大会前の下馬評では準決勝の千葉ホークス戦が最大の難敵といわれていました。大会直前にドイツリーグから帰ってきたレオとの練習時間が少なくて不安視されましたが、心配は杞憂で問題なくチームプレーに徹して見事なディフェンス力で今大会は圧勝で終わりました。特に決勝戦は格の違いを見せつけたような試合でした。ずっと監督が目指していた宮城MAXの全員バスケが完成した試合を見られて大勢の観客も絶賛していました。選手たちはさらなる高みを目指してもっともっと精進していくことでしょう。今まで応援していただいた皆さんに感謝いたします。(代表)
2015年05月08日 16時56分55秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )