くらまえ鍼灸整骨院
くらまえ鍼灸整骨院
くらまえ鍼灸整骨院

筋トレ後はストレッチ

こんにちは!

くらまえ鍼灸整骨院です!

昨日は筋トレのお話を書かせて頂きましたが、

今日は、筋トレと同じくらい大切なストレッチ

についてお話します。
 

筋トレは基本的に筋肉に負荷を掛けて縮む動作です。

この際に、エネルギーとカルシウムを必要とします。

このエネルギーとカルシウム、実は筋肉が縮む際だけではなく

筋肉が緩む時にも必要!!


なのです!!(ここ重要です


筋トレをすると、細かい筋線維が損傷を受けます。

その損傷と一緒に、筋肉にあるカルシウムの貯蔵場『筋小胞体』も損傷を受けてしまいます。

そうすると、

筋トレで縮む動作は続けてきたので問題ない。

しか〜し

筋小胞体が損傷を受けてしまうので

緩むためのカルシウムが放出できません!

こうなると、俗に言う

筋肉痛
になるんですね〜。

例を言えば、力こぶのトレーニングで筋肉痛になると、肘を伸ばすと痛みがでます。



上手く緩めない(伸びない)

といった感じです。

ここでやっとストレッチの出番!!

この場合のストレッチについては、至ってシンプル!!

筋肉痛が伸ばして痛むなら、


筋トレの最後を、筋肉が伸びた状態で終われば良いのです!!


目安としては、鍛えた筋肉を最後に20秒間ゆっくりとストレッチして下さい。

これが筋トレ後のストレッチの意義となります!!

Posted at 2014年02月07日 13時22分51秒 []