がんばってやってきます
dotline
対策
 
実際に就職試験に臨む際に大切なことは、一般常識の対策は、できる限りの準備をすることです。
一般常識問題に関しては、とても簡単に感じる半面、まちがえることが即不合格につながる可能性もあります。
就職試験の場合特に、学力的な問題のレベルは小学、中学生ぐらいのものが一般常識問題のほとんどの内容だといいます。
対策が立てにくいと感じる人もいるのは、一般常識と言っても範囲はとても広いからです。
まずは就職試験用の参考書を1冊徹底的に学び理解することで、おおよそのイメージや、出題傾向をつかむことができます。
完全に次の2冊目をやりこなせば、対策がある程度立てられるに違いありません。
問題の中に一般常識として、時事問題や時事略語の説明などが出るケースもよくあるそうです。
ずいぶんと内容は年ごとに出題傾向が変化してくるので、正確に覚えておくためにも、ある程度事前に調べておきましょう。
多くの就職試験の一般常識問題は、とくに新聞の内容から出題されているといわれています。
就職試験の対策にもなるのが、常に新聞を読んでいることです。
新聞を読む習慣を持つ学生が最近は減っているといいます。
新聞社のサイトを、インターネットや携帯電話のWebサイトからでも読むことが可能です。
就職試験の一般常識対策と思って、ぜひ時間のある時にはちょくちょく目を通すことをおすすめします。
小野たかひと
藤本修

Posted at 2012年06月07日 12時53分17秒