なみこのブログです
dotline

保険の種類を冷静に考えてみると

改めて保険のことを考えてみると、とにかく種類が多くて維持が大変そうに思えてしまいますよね。
全ての災難に備えるためには、あらゆる保険に入りたい気もしますが、実際の経済力を考えるとそれも難しい気がします。
暮らしにちょうどいい安定感を感じさせてくれて、月々の支払いに苦しまないくらいのちょうどいい感じのものをみつけるためには、やっぱり自分でかなり調べないといけないと感じますし、またそうでないと納得できない気がします。
無料の保険相談は便利さがいいみたいですが、知識がないと判断もできないですよね。
手始めによく耳にする保険会社について、ちょっとずつ調べ始めています。

おかげで保険商品の種類くらいはわかってきましたが、やはり種類が多くて悩みは大きくなるばかりです。

昔からある日系生保よりも、外資系の人気が高まっているという話も知りましたが、まだまだがんばっている日系も多いようですね。
ランキングなどでもいいスコアがでている企業が多いし、日系生保も利益率の良さなどが評価されているみたいでした。
まあ、数値だけでは決められませんし、自分に丁度いいような、選びやすい商品があるかどうかがわかりませんけどね。

知名度の高さもまた、信頼度に関係している気もするので、こうした有名な生命保険会社のこともすこし気になっているのです。
パンフレット集めあたりからスタートして、とりあえず自分で目星をつけてから無料相談とかを利用してもいいかなと思っていますが、今は忙しくてなかなか手をつけられないで、ネットの情報ばかり見ている状態です。

第一生命の評判
 

Posted at 2013年06月25日 19時26分38秒  /  トラックバック( 0 )

dotline

独り暮らしなので長期入院が心配です

最近、知人に病気にかかる人が多くなってきて、年齢のせいもあるのかもしれませんが、自分でも備えをきつちりしておかないといけないなと思うようになりました。
医療保険を新しく検討するにあたって、どんな部分が自分には必要なのか、あるいは心配しているのかと考えると、やっぱり長期の入院になってしまった時じゃないかと思い当たりました。
まあ、人間どんな病気になってしまうかまではわからないわけですから、この部分については選べるわけじゃないしという気がしています。

でも、身内も遠くに暮らしているから世話を頼むこともできませんし、頼りになるのはお金だけということになってしまうかもしれませんよね。
そう思うと、入院が長引いてしまったときもしっかりカバーできるものが、特に自分には必要なのかなという気がしてきました。

医療保険の中でも、特に入院保障期間が長いという医療保険の口コミなどを見て、ちょっと心が傾いています。

似たような保険がたくさんあるのは知っているのですが、どこかに重点を置いて決定しないと、いつまでも決められないような気がするので、とりあえずこれは有力、ということで候補に置いています。
一日の給付額がどれくらい必要なのかはまだ決定していませんが、この部分はあまり高額でなくてもいいと思っています。
病気や怪我の時に、全ての医療費をカバーできるくらいにしてしまうと、月々の保険料もバカにならないですからね。
それならその分貯金しておいて、それはそれで備えとしてとっておこうかなと思っているわけなのです。

楽天生命の評判
 

Posted at 2013年06月19日 20時26分34秒

dotline

人それぞれの保険に入る目的って?

家庭を持っている人ほど、保険に対しては真剣に考えている人が多いですよね。
もちろん独身だからって適当ということでもないと思うんですが、なんとなく最低限でいいかなって思ってしまっている部分があるような気がします。
友達には、もしもの時には親にお金が残るように考えていたり、かなり若いうちから老後の事を考えている人もいるみたいで、本当に人によっていろんな考え方があるものだなぁと思う今日この頃です。

特に健康の不安があるわけでもないのですが、一応医療保険くらいは考えておいたほうがいいのかなと思ったりするのは、テレビのCMなんかの影響がちょっとはあるのかもしれませんね。
保険会社もたくさんあるみたいですけど、ごく有名なものくらいしか思いつきませんし、それぞれの特徴なんて全くわかつていないので、いいものが選べる自信もあまりないかなぁ。
すぐにでてくるのは、大手のコマーシャルのことばっかりなんですよね。
友達はいろいろなことを調査しているみたいだけど、私は結局は名前を知っているだけなので、その生保の保険はと言われても、堂々人生くらいしか思いつきません。

こんな状態では、自分で保険を選ぶのはちょっと無理なのかもしれませんね。
無料相談でも頼んでみるのがいちばんいいのかな。
まあその前に、保険に入る目的をはっきり決めないといけないわけですが、ちょっとした入院給付金があればいいかなという程度の考えなので、あまり月々の支払いが高額にならなければ、なんでもいいかなって思ってしまっています。

第一生命の評判
 

Posted at 2013年06月07日 16時37分33秒

dotline

構造が簡単でないと逆に心配になることもありますよね

保険のことを考えていて、両親や兄弟にどんな感じなのかを教えてもらったんてですが、イマイチ理解できない内容のものが多くて、ずいぶん複雑なものが多いんだなと思ってしまいました。
もっと簡単に理解できる仕組みにしてくれたら判断も簡単になるし、利用する人も多くなるんじゃ無いのかなと思うくらい、とにかくややこしく組み込まれている印象ですよね。
どうなったらいくらの保険金が請求できるのかということを、両親も即答できなかったのはちょっと問題なんじゃないかって感じでした。

もちろん、自分を含めた子供たちがいるからということで、考えてくれた上での保険だと思うので、そこまではっきりは言えませんでしたが、シンプルなほうがいいことだってあると思うんですよね。

情報通の友達に、なんでもいいからシンプルで簡単な保険ってないものなのかな、と訊ねてみたら、オリックス生命の評判がそういうかんじだったと思うよ、と言われました。
みんないろんなこと知ってるなぁと思いましたが、私のほうが何も知らないだけなんですかね。
ざっと検索して見た感じでは、確かにシンプル構造の保険会社のようなので、あとから訳がわからないということにはならなさそうな印象でした。

その都度必要な分だけの保障を付加できるというのは、なかなかわかりやすくていいんじゃないかなと思います。
せっかく保険を利用していても、内容がよくわからない複雑なものだと、そのこと自体が心配事になったり、保険料の値上がりもまた心配ですよね。
私のような単純な人間には、超シンプルな保険が合っているのかなと思っています。

オリックス生命の評判
 

Posted at 2013年06月04日 17時03分56秒

dotline

買値と売値でレートが違うのって

今って、これからFXを始めようとしている人が多いみたいだよね。
でも、どうしてちょっと前までの歴史的円高局面でFXを始めないで、円安になったら急にFXを始める人が増えてきたんだろ?

やっぱり、景気のムードが一番大きいのかなぁ。
確かに、円安になって株価も急上昇して、一気に景気が良くなるような雰囲気を出しているよね。
それに、今までが円高過ぎたんだから、今が円安になったと言っても、まだまだ円安に進みそうだし。
だったら、今からFXを始めたとしても全然遅くない、ってみんな考えるんだろうな。
って、みんな単純だなぁ。

だって、FXを始めるにしてもよ、まずFX業者を見つけて口座を開設しなくちゃダメなんでしょ。
そのFX業者って、どれだけあるのよ。
ちょっとチェックしただけでも、有名どころから無名な業者まで、凄い数だって。
結局は、同じFXをやるんでしょ?
どこのFX業者を選んでも同じような気が。

でも、いろんな口コミとか読んでいると、やっぱ業者によって違うみたいよ。
初心者に優しい業者とか、経験者が好んで使っている業者とかあるみたい。
1日に何度も取引を行うようなデイトレーダーにとっては、スプレッド幅もかなりのポイントになるとか。
初心者の場合、スプレッドとはいったい何ぞや?ってとこからだから、あんまり気にしないらしいけどね。

ちなみに、スプレッドとは買値と売値の値幅の事だって。
買値101円、売値100円だったら、この1円がスプレッドになって、FX業者に支払う手数料みたいなカンジになるらしい。
確かに、そう考えたら何度も取引を行う場合、少しでもこのスプレッドが小さい方がおトクだよね。
買値と売値のレートがどうして違うんだろ?って思っていたら、これがスプレッドって事だったんだぁ。

スプレッドとは
 

Posted at 2013年05月31日 17時30分11秒

dotline

保険を将来まできちんと考えておかないと

知り合いの人に、「保険って何か入ってる?」って聞くと「住友生命の保険に入ってるよ」って人、周りに結構多くない?
やっぱりみんな、保険商品って自分の健康や一生の問題に関わるものだから、安心感のある評判のいい国内大手の保険会社の保険を選んでいるのね、なんて単純に思っていたのね。
でも、ちょっと話を聞いてみるとどうも違うっぽいの。
近所の知り合いの人に勧められた、とか、親戚が住友生命の営業をしていたから、とか、中には会社で取引している保険会社だったから、なんてケースも。

そっかぁ〜。
確かに、そんなパターンは多いかもね。
日本人って、義理で契約しちゃう事ってあるもの。
保険って、結局どの商品も似たり寄ったりだから、どこの生命保険会社で契約しても同じでしょ、なんて考えちゃうのかな。

でも結局、20代で契約した保険って、結婚してライフスタイルが変化した30代頃には、初めの保険を解約してまた違う保険に加入し直すって人、多いらしい。
そうなると、それまで支払ってきた保険料ってどうなるの?って話だよね。
掛け捨てタイプの保険や返戻金が無かったら、ムダなお金だったって事。
それくらい、保険って慎重に考えないとダメだ、って事ね。
なかなか、20代の頃に結婚とか家庭とか、ましてや老後なんて事真剣に考える事って出来ないと思うけど、それくらい保険って大切なものだからね。

いくら、勧められた住友生命で評判のいい保険商品だからって、きちんと考えてから契約しないと、結局30代になって後悔する事になるかも、だから。
 

Posted at 2013年05月28日 19時55分52秒

dotline

10年後の保険業界は変わっているでしょうか

訪問型式の保険販売が減少の一途を辿っている現在、インターネット生保の顧客数がどんどん増加していると言われています。
昔ながらの生命保険会社としても、もちろん販路の拡大を狙っているのだろうなとは思いますが、あまり接触したことがないので、実際にはどんな感じで営業がされているのかは知りません。
ただどうしてなのか、あまり口コミなどが良くないところをみると、そんなに昔と変化はないように感じられます。

ランキングではいつも高い位置を占めている日本生命の評判は、もっと良い物であるのかなと思っていましたが、それほどでもない部分が目につきました。
単にインターネットに書き込みなどしない層の人が顧客に多いのか、実際にそんな感じなのかまでは深く考察できませんが、似たような評価を受けてしまっている生保はいくつもあるので、この先の変化が楽しみだという事が出来るかもしれません。
10年後に今の状態が維持されているとしたら、今のネット情報ではわからない良い部分があるということになりますよね。

そのあたりは、自分の保険として検討することがなくても、観察していきたいと思っています。
もちろん、何らかの縁があれば付き合いが発生する可能性もありますが、あまり人から何かを勧められて選ぶ事が無い性格なので、可能性は低いかも。
候補選びの段階で消えて行ってしまう会社には、多くの老舗生保が含まれているわけですが、これは私だけの状態ではないと感じているので、そういう保険会社の今後の先行きが気になるとろではあるのです。

日本生命の評判
 

Posted at 2013年05月23日 15時39分56秒

dotline

女性特有の病気に備える保険を選ぶ際には

医療保険を考える時に、女性特有の病気に掛かった際の保障をどうするか、って事は重要だよね。
普通の医療保険で充分、って考え方と、治療もそうだけど女性の場合は病気になると精神的なストレスが強いって言うから、せめて経済的な負担は軽くしておこう、って考え方もあるし。

実際、医療保険に女性特有の病気に対する特約を付けておくと、所定の疾病に該当していれば支払われる入院給付金の日額はその分が上乗せされる事になるから、経済的な負担はほとんどなくなるみたいなんだよね。
ただ、その所定の疾病っていうのが、各保険会社の保険によっても異なってくるから、そこの部分のチェックは重要になってくるけど。

そもそも、女性特有の病気に備える為の保険ってどんなの?っていう人は、楽天生命のホームページ上にまんがで説明されてるよ。
私も、女性疾病保険を探していて偶然見つけたんだけど、保険料が割安だって口コミの楽天生命の女性疾病保険の場合、該当する疾病で入院したら入院日数に関わらず一時金が給付されるタイプの保険。
日帰り入院でもOKって口コミだから、かなりのケースで当てはまりそうだよね。
しかも、乳ガンの手術で乳房を切除して乳房再建術を受けた場合には、乳房再建給付金が受け取れる保障も。
乳房を切除した人の殆どが、この乳房再建術を受けるみたいだから、万一に備えてこの保障が付いていると安心って気がする。
せっかく、女性特有の病気に対する保険に加入するんだったら、広く保障が適用されている保険にしておきたいものね。
 

Posted at 2013年05月22日 08時58分48秒

dotline

保険会社の好みは性格によっても分かれるかも

現在は外資系の進出も多くなり、選択肢が以前よりもぐっと多くなったのが保険の世界ですが、CMやそのカラーの出し方で見た人のイメージはかなり変わります。
もちろん、狙いを定めた上で保険会社もコマーシャルをしているわけですから、そこから受けるイメージは、会社側が売り込みたい自社のポイントからかけ離れたものではないと言えるでしょう。
気軽に契約できる保険会社、信頼できる保険会社、長い付き合いを前面に押し出している保険会社、堅実性を強くアピールしている保険会社など、それぞれが特徴を持って押し出しているということになりますね。

最近感じたのは、保険会社の選び方には、個人の考え方や性格がかなり繁栄されているんじゃないかということです。
例えば、ノリの軽い人ほど外資系のCMを大量に流しているような会社を選んでいる感じがしますし、まじめで手堅いイメージのある知人が気に入っているのが古い国内系です。
健実経営がモットーであるらしい富国生命の評判は安定的であり、奇をてらったりすることを嫌う知人の感じとも合致しています。
ネット生保を利用しているからすなわち軽い、という意味ではありませんが、ちょっと面白い発見なのではないでしょうか。

もちろん、保険会社や保険商品との出会いは自分で選ぶものだけではないので、勧められてなんとなく選択したり、家族知人の縛りがある場合も多いでしょう。
しかし、自分から探して選んだという時には、ある程度性格が反映されてしまうような、そんな感じがして、面白いので今後も続けて観察したいと思っています。

富国生命の評判
 

Posted at 2013年05月17日 15時49分30秒

dotline

中高年の人にとっては、おトクになるかも?

自動車保険って、若い人と年配の人を比べてみた場合、若い人の保険料の方が割高になっている事って多くない?
これって何故?って思ったら、自動車保険って等級によっても免許証の色によっても、保険料が異なってくるからなのね。
運転歴が長くて事故履歴も無かったら、それだけ事故にあうリスクが低くなる訳だから、その保険料も安くなるのか。
だから、セゾン自動車火災みたいに、40代、50代の保険料が安くなるような自動車保険が出てくるんだね。

実際、事故率を見てみても20代、30代と徐々に下がってきて、40代から50代にかけての事故率が最も低くなるって評判。
そうなると、40代、50代の中高年の人たちにとっては、もっとセゾン自動車火災が評判になってもいいと思うんだけどね。
やっぱ、何に関しても知名度って大切なのかな。
いろんな損保会社が自社の自動車保険をCMやネットでアピールしているけど、セゾン自動車火災の広告ってあんまり目にしないものね。

一応、ダイレクト型の保険にもなっているんだから、それだけでも評判になっていいと思うのに。
まぁ、セゾン会員をターゲットとして考えているんだったら、あんまりアピールする必要もないのかもしれないけどね。
それに調べてみたら、セゾン自動車火災もソニー損保みたいに年間の走行距離で保険料が割引になるシステムになっているらしいよ。
週末に、近所の買い物ぐらいにしか車は使わないって中高年の人も案外多そうだから、もっとメジャーな自動車保険になってくれたら保険料の節約にもなるのに。
 

Posted at 2013年05月14日 13時12分30秒

dotline