ほーむ鍼灸整骨院
ほーむ鍼灸整骨院
ほーむ鍼灸整骨院
2013-04

1周年

おかげさまで1周年!

4月をもちまして開院1周年を迎えることができました。

これもひとえに数ある整骨院・治療院の中から当院を選んで来院してくださった皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!!

これからも皆様の健康を全力でサポートしていきます!


今後とも当院をよろしくお願い致します。



2013年04月22日 11時46分58秒  /  トラックバック( 0 )

患者様の声をいただき...

患者様の声をいただきました。



これからも皆様の健康な体づくりを全力でサポートしていきます!



2013年04月22日 11時37分36秒  /  トラックバック( 0 )

春の病

もうすぐ春分です。

東洋医学では春は風邪(ふうじゃ)が強くなります。

この風邪により、花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状が引き起こされやすい季節です。


また、春は発揚の季節でもあり特に「肝臓」の働きが強くなります。

強くなる、というと良いイメージがありますが、何事も行き過ぎは良くありません。

強くなりすぎた肝臓の働き(東洋医学では肝陽という)は 

頭痛 目の充血 のぼせ イライラ 不眠

を引き起こします。


また、春は卒業、入学、入社があったり、職場や住所が変わったり新しい生活を始める方も多いと思います。

しかし、中には新しい環境になかなか慣れず、日々の生活の中でストレスを抱えてしまう方もいらっしゃると思います。

その日々のストレスが肝臓を傷める原因となります。

肝臓がうまく働かないときれいな血液が身体を巡らなくなります。

これが不眠やうつ病、五月病の原因となってしまいます。


肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、自覚症状がでた時にはかなり症状が悪化していることもあります。

なにごとも日々のケアが大切です。

春はすっぱいものを食べると良いとされています。虚弱体質の方は少なめに、カッカしやすい方は少し多めに摂ってください。

またストレス軽減、自律神経を整えるのに鍼灸治療も効果的です。


早めに肝臓を労わって楽しい春を過ごしましょう。



2013年04月22日 11時37分20秒  /  トラックバック( 0 )

前へ |