飯田橋駅前鍼灸整骨院
飯田橋駅前鍼灸整骨院
飯田橋駅前鍼灸整骨院

夏に足がつるのはなぜ?

最近よく足がつる〜と言ってる患者さんが多くいます

なぜ足がつるのでしょうか?

普段、私たちは筋肉を収縮・弛緩させる(伸び縮みさせる)ことで
スムーズに体を動かしています。

「足がつる」とは、筋肉収縮のバランスが乱れ、
筋肉に痙攣(けいれん)が起こっている状態のことです。

ふくらはぎに起こることが多いため、
一般的には「こむらがえり」とも呼ばれていますが、
太ももや足の裏、首など、他の場所でも起こることがあります。

原因には様々なことが考えられ、
主に次のような状態のときに起こりやすくなります。

●筋肉を使いすぎている
●筋力が低下している
●ミネラルやビタミンが不足している
●水分が不足している
●体が冷えている
●血行が悪くなっている

筋肉の収縮・弛緩が正常に行われるためには、
マグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルが欠かせませんが、
夏は、発汗によって体内のミネラルや水分が失われやすくなります。

また、冷たいもののとり過ぎや冷房・薄着の影響で、
体の中は自分が思っている以上に冷え、血行も悪くなっています。

さらに、食事は簡単なもので済ませる、お風呂はシャワーだけ、
冷房の効いた部屋で足を出したまま寝る、という生活をしていませんか?

このような夏の生活が原因となって
つっていることが多いです

かくいう私も足がよくつるので
きをつけなくては〜〜〜><



事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179



 

Posted at 2014年08月04日 16時53分42秒

熱中症にご注意!


台風も過ぎ去り、厳しい暑さがつづきますね!

 総務省消防庁は15日、13日までの1週間に熱中症で救急搬送されたのは2357人だったと発表されました。前週の2・3倍で、65歳以上が46・6%を占め、死者は3人だったそうです。;;
誰にでも発症する危険性があり、重症化すると生命に危険がおよぶこともある熱中症。

甘く見ていてはいけませんよ!!

今週末は連休も控えているので
こまめに水分補給して、体調管理しましょうね^^


事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179





 

Posted at 2014年07月15日 15時52分18秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )

冷やしすぎに注意!

最近「なんとなくだるい」「食欲がない」「やる気がない」といった症状はありませんか?
心当たりのある方はクーラー病かもしれません++
一見すると、夏バテとそっくりですが、クーラー病と夏バテでは原因が違います。
夏バテは体温調節をするためにかいた汗がうまく蒸発せず表面に残ってしまい、のぼせたような状態になることです。一方、クーラー病は上手に汗をかけなくなってしまい、体温の調節がうまくいかない状態になることです。
 つまり、現代人は、1年を通して冷暖房によって快適になった分、体温を調節する機能が鈍くなってしまい、うまく汗がかけない方が多いようです。

そのような症状に限らず、冷房では血行が悪くなりがちで肩こりや腰痛を悪化させるなどの影響ももあります!!

夏でも身体を冷やさないように気をつけましょう^^


事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179


 

Posted at 2014年07月09日 16時17分33秒

最近足むくんでませんか?


「むくみ」を放置していると、そこに脂肪や老廃物、コラーゲンなどが固まって、「セルライト」になってしまうのです。セルライトと化した脂肪は、ダイエットをしてもなかなか落ちません。また、一度できてしまったセルライトは完全にはなくならないのですから、たかが「むくみ」といっていられませんよ。。。

そこで大事になってくるのがこまめにむくみを解消していくこと!

当院でも最近足のむくみを気にされる患者様が増えてきたので
フットマッサージはじめました^^

気軽にご相談ください^^



事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179


 

Posted at 2014年07月04日 14時49分13秒

梅雨の肌荒れ

本格的に梅雨ですね^^

梅雨の時期をもしかして、紫外線や乾燥知らずの良い季節だなぁなんて思っていませんか?

実は梅雨の間の紫外線量は、真夏のそれとほぼ同等と言われています。

春先からこの季節まで丹念に塗り込んでいたUVカット乳液や保湿系のスキンケア、ここで手を止めてはいけませんよ!

それに加えて、屋外では湿度が高いために細菌が繁殖しやすい環境となり、吹き出物などの肌トラブルが一気に加速するのです!
湿度が高いからお肌が潤っていい感じ〜♪なんて思っていたら大間違いです!
また、屋内では除湿による肌の乾燥も心配です。

この時期こそ保湿や紫外線ケアを怠らないことが大事ですね!



事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179



 

Posted at 2014年06月28日 12時21分41秒

雨の日の体調不良について

雨の日は頭痛がヒドイ。季節の変わり目は体がダルイ。台風が来ると発作が起きる。…こういった症状はありませんか?
もしかするとそれは「季節病」や「気象病」といわれるものかもしれません。
次のような原因が考えられます。

★ムクミ
人の体は大半が水分でできています。気圧が下がると体内の水分は膨張し、血管や神経を圧迫してしまいます。気道がムクんで空気の通り道が狭くなってしまうと咳が出たり、血管の圧迫による血行不良が頭痛を招く可能性があります。体が痛む人は、ムクミにより神経が圧迫されている可能性もあります。

★炎症反応
気圧が低下すると、人の体内では“ヒスタミン”が分泌されます。ヒスタミンは交感神経を刺激して血管を収縮させ、神経を過敏にさせる働きがあるため、ヒスタミンの分泌量がおおいほど、痛みを感じやすくなってしまいます。

★温度差
雨が降る場合、気温がグッと下がることにより温度差が発生します。温度差が大きければ大きいほど、体の温度調節機能に負担がかかり、自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。また、日頃の疲れやストレスなどがあると、よりその影響を受けやすくなってしまいます。

★ストレス
気象の変化は体の機能にストレスを与えます。また、雨の景色や音、臭いなどによって心理的な要因が触発され、ストレスを感じてしまうこともあります。こういったストレスを脳が感じると、分泌されるホルモンバランスが崩れる原因にもなり、それを引き金に心身のバランスも崩してしまうことがあります。

雨だから憂鬱だけど仕方ない・・・と放置しているあなた!
原因としっかり向き合い、酷くなる前に早めの対処をしていきましょう!



事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179



 

Posted at 2014年06月27日 15時39分54秒

頭痛の70%を占める「緊張型頭痛」とは

緊張型頭痛は、首や肩周辺の筋肉が緊張して血流が低下することにより、頭全体の圧迫感や後頭部の痛みが起こります。毎日のように頭痛に悩まされてはいませんか?
以下のような方は要チェックです

・心配事や緊張を強いられる出来事など、精神的なストレス
・デスクワークなど、同じ姿勢が毎日続く仕事環境
・運動不足傾向で、肩甲骨を動かすような体操も特に行っていない場合
・目を酷使するようなパソコン作業
・クセになっている睡眠中の歯軋りやくいしばり
・手先の細かい作業など、手・指に集中した仕事

緊張型頭痛の予防法は、「緊張状態をコマメに断ち切る」こと!!!

緊張型頭痛では、体を活発に機能させる交感神経系の働きが優位になりがちなので、この働きを鎮めるような動作をコマメに取り入れると、首・肩周辺の筋緊張の緩和が期待できます。
また、鍼灸なども非常に効果的です★
最近頑張り過ぎているあなた!心身ともに力を抜いてみましょう!


事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179


 

Posted at 2014年06月25日 10時47分55秒

最近咳が止まらない?!

梅雨の時期に咳が止まらないことはありませんか?

 まず乾いた感じの咳が出はじめ、微熱、食欲不振、倦怠感と夏風邪や夏バテ
と勘違いしてしまいそうな症状が続き、なんとなく息苦しく、階
段の上り下りなどちょっと動くだけで息切れしてしまう。

 これが夏の間は続くが、秋になるとパタリと治まってしまう。そして
翌年の梅雨に復活、、、

こんな方は夏型過敏性肺炎の可能性があります!!!

 この病気の特徴は、自宅にいると症状が出続けるが、旅行や出張で家を離れ
ると改善し、仕事が休みで家にいる週末や休暇中に症状が
出ることも!!!その理由は、病気の原因が「トリコスポロン」という家屋内
に発生するカビの胞子(夏の間のみ飛散)を吸うことによるそうです。
この胞子を吸い続けると、
肺がアレルギー反応を起こしてしまいます。

 カビは浴室や台所、北向きの部屋に発生しやすいので、部屋の換気をよくし、
水周りは乾いた布巾でよく拭き取っておくなど湿気を出さない工夫が必要だ。
発生してしまったカビは専用剤や重曹で取って、エタノールなどで消毒してお
きましょう。

 また、洗濯槽の掃除も忘れずに。洗濯機は使用していないときに蓋を開けて
おくといいです(乳幼児がいる場合は必ず閉めること)。エアコンの使い始
めにはパネルカバーを外して掃除をすることも大切!!性能のよい除湿機があ
ると部屋の湿度はかなり下げられます(購入する場合には運転音に注意)。

 夏型過敏性肺炎を夏かぜと決め込んで何年も放置しておくと、慢性化して肺
が硬く縮んで呼吸ができなくなり、命にかかわることもあります!思い当たる人は
早めに受診しましょう!!


事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179


 

Posted at 2014年06月23日 11時20分44秒

来週の体操教室

こんにちは!

来週の体操教室のお知らせです!

日時 6月28日(土)

    15:00〜16:00

場所 飯田橋駅前鍼灸整骨院

内容 脳の活性化! シナプソロジー

シナプソロジーは子供から高齢の方までだれでも楽しく参加できるプログラムです!

できるようになることが目的ではありません。

「うまくできない〜!!」 というときに脳が活性化しているのです。

ですから運動が苦手という方でも大丈夫!


参加ご希望の方は当院までお電話ください。

当日飛び込み参加もOKです!

ご参加おまちしています!!





事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179


 

Posted at 2014年06月21日 10時18分28秒

うがい

こんにちは!

最近、暑くなってきたのでクーラーをつけたり、窓を開けっ放しにしたまま寝てしまい、のどが痛くなったという話をよく聞きます。

季節の変わり目ということもあり風邪をひきやすい時期ですので、しっかりうがいで予防しましょう。

ということで、今日はうがいについて。

しっかりうがいをしようとなると、うがい薬を使う方も多いと思いますが

実はヨード系のうがい薬は消毒の効果が高すぎるため、身体にとって必要なものまで消毒してしまっているそうです。

10年ほど前に、水うがい、ヨード液うがい、うがいをしないという3つのグループに分けてうがいがどのくらい風邪に影響を与えるかいう実験を行ったところ、

水うがいが40%ほど低下したのに対して、ヨード液は12%ほどだったという結果もでています。

そう考えるとヨード系は必要ないと思われるかもしれませんが、

すでに風邪をひいて、医師の診察をうけて処方されたヨード系のうがい薬に関してはそのまま使用したほうがよいです。

また、うがい薬にもいろいろ種類があり、アズノール系のうがい薬は炎症を抑えて、治癒を促進する効果があります。

まとめると

”畸覆蓮風邪の予防として水でうがいを行う

喉に違和感がある場合は、アズノール系統のうがい薬を使用

診察を受けた場合は医師の処方に従ってうがい薬を使用


元気に梅雨を乗り切りましょう!!

事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179




 

Posted at 2014年06月20日 22時46分50秒