飯田橋駅前鍼灸整骨院
飯田橋駅前鍼灸整骨院
飯田橋駅前鍼灸整骨院

最近咳が止まらない?!

梅雨の時期に咳が止まらないことはありませんか?

 まず乾いた感じの咳が出はじめ、微熱、食欲不振、倦怠感と夏風邪や夏バテ
と勘違いしてしまいそうな症状が続き、なんとなく息苦しく、階
段の上り下りなどちょっと動くだけで息切れしてしまう。

 これが夏の間は続くが、秋になるとパタリと治まってしまう。そして
翌年の梅雨に復活、、、

こんな方は夏型過敏性肺炎の可能性があります!!!

 この病気の特徴は、自宅にいると症状が出続けるが、旅行や出張で家を離れ
ると改善し、仕事が休みで家にいる週末や休暇中に症状が
出ることも!!!その理由は、病気の原因が「トリコスポロン」という家屋内
に発生するカビの胞子(夏の間のみ飛散)を吸うことによるそうです。
この胞子を吸い続けると、
肺がアレルギー反応を起こしてしまいます。

 カビは浴室や台所、北向きの部屋に発生しやすいので、部屋の換気をよくし、
水周りは乾いた布巾でよく拭き取っておくなど湿気を出さない工夫が必要だ。
発生してしまったカビは専用剤や重曹で取って、エタノールなどで消毒してお
きましょう。

 また、洗濯槽の掃除も忘れずに。洗濯機は使用していないときに蓋を開けて
おくといいです(乳幼児がいる場合は必ず閉めること)。エアコンの使い始
めにはパネルカバーを外して掃除をすることも大切!!性能のよい除湿機があ
ると部屋の湿度はかなり下げられます(購入する場合には運転音に注意)。

 夏型過敏性肺炎を夏かぜと決め込んで何年も放置しておくと、慢性化して肺
が硬く縮んで呼吸ができなくなり、命にかかわることもあります!思い当たる人は
早めに受診しましょう!!


事故でのムチウチ、捻挫や打撲、肉離れなどのケガの応急処置、治療は

飯田橋駅前鍼灸整骨院にお任せください! 03-6265-3179


Posted at 2014年06月23日 11時20分44秒 []